本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『塩狩峠』 三浦綾子

2006年08月09日 | 小説

あまり小説を読まない、自分の無教養をさらすようで恥ずかしいのですが…、

かなり前のこと、新聞にある方(忘れましたが、ある有名人)が、こう書いておられました。

『私はおろかにも、三浦綾子 は、曽野綾子 が三浦朱門 と結婚して、三浦綾子になったとカン違いしていた』

これを読んで、私は『えっ、そうでしょ?違うの? 』 と…、実は私もこの方と全く同じように、三浦綾子は曽野綾子だと思い込んでおりました。アマゾンなんかで見ても、お二方とも“生と死” とか“神” というような題の本がありましたから。

今から思えば、三浦綾子氏には『氷点』 というすばらしい作品がありますし、あのテレビ番組、『笑点』 も氷点から名前を取ったとか、W綾子と呼ばれているとかで、いや本当に自分が情けなくなるできごとでした。

で、さっそくその方が衝撃を受けたという本書 “塩狩峠” を読んでみました。

主人公は自分の結納の当日、自らの命を捨ててまで転覆しそうな列車を止め、乗客の命を救った、実在した鉄道マンであり、牧師である人物。それをモデルにした小説です。かつて映画にもなったそうです。

明治初期、まだ少年だった主人公の母親が“ヤソ=キリスト教信者” であったことから、彼の人生は大きく揺れ動きます。ヤソであると分かれば、親類の縁を切られる時代です。

死とは、信仰とは、愛とは何か、そういう重いテーマを突きつけられる物語ですが、読みやすいことと、スリリングなストーリーのために、最後まで一気に読んでしまいました。

感動した小説というのは、読み終わっても主人公がいつまでも心から離れないのですが、本書もまさにそういう一冊でした。主人公の永野信夫の顔が、私は見えるような気がします。

あとがきを見ますと、本書のテーマは“犠牲”。出版された当時(昭和40年代)、筆者は昔の自己犠牲の精神が日本から失われていることを憂いていたようです。

私自身はその頃生まれた(ちょっとミエが入りました。正しくはそれ以前) 典型的な日本の仏教徒ですが、最後の方はついつい涙が出てしまいそうになる感動の一冊でした。素人の分際で、偉そうですが(笑)、お薦めします。子どもたちにもぜひ。


http://tokkun.net/jump.htm

塩狩峠

新潮社

詳  細

『塩狩峠』三浦綾子
新潮社:459P:660円



■■ いや、岡本綾子 ならファンですし、どうでも良いのですが、私の母の名も綾子(笑)で、仕事仲間にも素敵な綾子さん。勉強不足でした。
よろしければ、励ましのクリック、お願いします。 ■■
にほんブログ村 本ブログへ   ブログランキング 

靖国神社読書小説書籍・雑誌ニュースbookおすすめサイト
『本』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『いわゆるA級戦犯』 小林... | トップ | 『アメリカ最強のエリート教... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (milesta)
2006-08-09 16:46:18
私は読んでいるうちにキリスト教賛歌的な雰囲気を感じて、ちょっと冷めて読んでいました。それでも最後は泣きました。



・・・私の好みは曾野綾子さんの方かな。
milestaさん (VIVA)
2006-08-09 16:59:25
こんにちは、コメントありがとうございます。人によっては、キリスト教のプロパガンダだと、お怒りの向きもあるようですね。私はよい話ですから、どんどん読ませても構わないと思いましたが…。



曽野綾子さんも好きですよ。かつての自民党大会(?)での名演説は強烈でした。
映画の記憶 (HIRO。)
2006-08-09 22:11:16
ずいぶん前に本を読んで、映画(テレビ?)も観た記憶があります。クリスチャンになったのは肺結核で長い間、寝たきりの状態が続き、ご主人(クリスチャン)の看護によるものと記憶してます。感動したのを覚えてます。「氷点」もテレビで観ました。確か島田陽子のデビュー作は「続・氷点」(主人公の名前が陽子だったかな?)のような気がします。蛇足でした。^_^;
始めて笑えた。 (tiakujo)
2006-08-10 00:09:07
この本についてだけは、歳の離れた姉さん気分を十分すぎるほど感じさせてくれました。

VIVAさんの記事が笑えたという意味です。

ときには、私レベルが読んだ本もでてくるんですね。
こんにちは (雑誌『正論』編集部)
2006-08-10 09:41:16
雑誌『正論』編集部の牛田久美です。

昭和天皇と鈴木貫太郎さんのご本読んでみます。ありがとうございます。現在、雑誌『正論』にてマッカーサー米議会証言録を連載しています。よかったら、そちらもご見物下さいませ。



マ元帥が帰米した直後、米議会に招かれ、占領下の日本での政策、朝鮮戦争、極東の米ソ冷戦などを問われた聴聞会です。
HIRO。さん (VIVA)
2006-08-10 12:06:46
そうです。そうです。さすがによくご存知で、というより自分が無知で照れますねぇ~。見放さずにお付き合い下さいね。
tiakujoさん (VIVA)
2006-08-10 12:09:44
だから恥ずかしいと言ってるじゃないですか。姉さん!
牛田久美さん (VIVA)
2006-08-10 12:31:01
『正論』編集部などというメジャーなところから、コメントまでいただくとは…。誠に恐縮です。



『正論』は時々拝見しております。わざわざこうしてお知らせいただきましたので、ぜひ購入してみます。その聴聞会のことも気になっておりました。確か、日本が戦争に突入したことに理解を示していたような内容ではなかったかと。

ありがとうございました。
年の功で、両者混交はありません(笑い) (街中の案山子)
2006-08-10 12:51:03
長女を「陽子」としたら、氷点からとった?と聞かれたことがあります(ちょっとハズレですが)。だけど、子供が大学受験した当時、T大合格者女子の名前で、最多が「陽子」でした。青年期に氷点の「陽子」に出会い、子供の名前とした人が多かったかな、の話です。余談ですが、長男の名前も男子で最多だったのです。長男(T大ではありません)の卒業式の名簿を見て、ほんとに同名があちこちに見受けられ、なんとも期せずして「流行」の名前だったのだと実感したことを思い出しました。

三浦綾子の「母」だったかな(書名不確か)、小林多喜治を書いたものがあります。誠実に生きようとしても、生きづらかった時代を思うことができる本です。

街中の案山子さん (VIVA)
2006-08-10 20:35:37
やっぱりそうですよね。若輩もんゆえ、お許しを。はい、母も同僚の講師から薦めてもらい、読んでみたいリストに入っております。

ところで、黒田清輝展、私も見に行くつもりです。
私も一気に読みました (Dan)
2006-08-11 15:44:15
この小説は、子供が生まれる前なので、

もう10年以上前でしょうか、

一気に読み終えました。

私は、人が感動して泣いたという映画を観ても、泣くことはないのですが、

この小説だけは、いつの間にか泣きながら、

読んでいました。

子供を持った今、読み返してみると、

また違った観点から読めるような気がします。

もう一度読んでみたくなりました。
Danさん (VIVA)
2006-08-12 00:46:43
コメントありがとうございます。

記事にあるように、本当に無教養でお恥ずかしい限りなんですが、その新聞のおかげで、良い本を読むことができました(笑)。

Danさんのお奨めの本も、時々教えてくださいね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。