本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『 ユウキ 』 伊藤遊 

2006年08月29日 | 児童文学・ライトノベル・子供向け
 
夏休み中にぜひ紹介したいなぁ、と思っていた一冊ですので、今日はもう一つ取り上げます。私立中学の入試にも何度か出題された作品で、子どもの成長、友情を描いた非常にすばらしい物語です。

(そういえば、早稲田実業のエースも“ゆうき” くんでしたね。“ハンカチ王子”なんて、ちょっとマスコミが騒ぎ過ぎで、高校生には気の毒だと思うのですが…)

本書の書名 “ユウキ” は主人公の名前ではありません。主人公はケイタ。彼の小学校に来る転校生が “ユウキ” です。しかも3人。

一人目の『祐基』 とは、カードゲーム、次の 『悠樹』 とはミニ四駆、そして、変わり者で、なじめなかった三人目の『勇毅』 でしたが、彼とも、結局サッカーを通じてそれぞれケイタのかけがえのない親友となります。

ところが、ここの小学校は、転勤族の多いところで、いずれのユウキも転校をしてしまいます。彼らはさまざまな思い出や、言葉を残して、その町を、学校を去ってしまいます。せっかく友だちになっても…。幼いケイタには納得しがたい、理不尽さが残ります。

そして、いよいよ迎えた、6年生の四月、ケイタのクラスに、また2人の転校生が…。

構成が見事です。だれるところも冗長なエピソードもありません。小学生高学年用となっていますが、おそらく大人も子どもも感動できる作品で、さわやかな読後感がいいですね。子どもたちにとって、読書感想文がとっても書きやすい一冊でもあると思います。ぜひ読んでね。



http://tokkun.net/jump.htm 

ユウキ

福音館書店

このアイテムの詳細を見る


『 ユウキ 』 伊藤遊
福音館書店:204P:1365円



■■ ブログランキングです。よろしければ、応援の クリック、お願い致します ■■

にほんブログ村 本ブログへ    みんな強いや。



『本』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『愛のひだりがわ』 筒井康隆 | トップ | 『日本人らしさの構造』 芳賀綏 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今年はどうにか・・・ (bucky)
2006-08-30 10:23:59
「読書感想文がとっても書きやすい一冊でもあると思います。ぜひ読んでね。」って、早く紹介してくれれば・・・(笑)。

昨年は、息子は、なかなか読みたい本が見つからず、三浦敬三さんの「101歳の少年」で感想文を書きました。書き上がったのは9月1日の2時。40日も夏休みがあるのにナンデ・・・と思いましたが。

自分の気持ちに照らし合わせる事の出来る本がやはり書きやすいですよね。

「”敬三さんの年齢までスキーをするとしたら、あと90年もある”っていう書き出しはどう?」と言ったら、その気になったみたい。

すいません、長くなって。最近ADSLの接続の調子が悪くて、今、光を申請中なんですが、更新が遅れがちです。ではでは。
buckyさん (VIVA)
2006-08-30 13:45:34
もっと早く、そりゃそうですね(笑)。まぁたいてい間際にならないとやらないのが、読書感想文ですけど、それにしても今から買って読むんじゃあね。ごめんなさい。



ところで、我が家にもさかんに光の広告チラシが入るのですが、ADSLとそんなに違うものなんですかね。しろうとなのでわかりません。今度そちらで、光について記事にして教えてくださいね。

いつもありがとうございます。
読みました。 (milesta)
2007-05-23 09:15:39
うちは引っ越しが多く子供達も転校があるし、北海道にも住んだことがあるので、この記事を読んでからずっと子供に読ませたいと思っていました。
まず子供が読み、私が読み、主人も読みました。等身大の小学生が書かれていて良い作品ですね。子供が日本の学校の雰囲気を知るのにも役立ちました。
良い本を紹介してくださりありがとうございました。
milestaさん (VIVA)
2007-05-23 10:49:24
なるほど、そうですね、転勤される方はもっと良くわかるかもしれません。中学入試には、こういう別れなどを通じて子どもが成長する物語が良く出されます。

なかなか良いものが多いんです。こちらこそ参考にしていただきうれしいです。ありがとうございます。
「つくも神」 (milesta)
2007-06-05 12:01:08
「ユウキ」が良かったので、同じ作家の「つくも神」を読んでみました。こちらは、神様というか妖怪のような物が出て来て非現実的なシチュエーションなのですが、子供の気持ちとか成長期の子供をもつ家庭の危うさなどがよく書けていて、とても面白い作品でした。TBさせてもらいますね。
milestaさん (VIVA)
2007-06-05 12:24:51
そうでしたか。そんな風に読書が広がっていくなんて理想的ですね。私も何かさがしてみましょう。もちろんTBはいつでも歓迎なのですが、先ほど見たら、10個しか表示できないところに4つが、「本からの贈り物」になってしまいましたので、とりあえず他の3つを保留にさせていただきました。すみません。
Unknown (石川遼ファン)
2008-07-20 20:37:33
イチオシ本!からベストセラー本へ!
図書館のすぐれちゃん(真珠書院)
あがさクリスマス
を応援します!
ぜひ読んでください!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『つくも神』 伊藤 遊・作/岡本 順・絵 (本からの贈り物)
つくも神伊藤 遊、岡本 順 他 (2004/11)ポプラ社この商品の詳細を見る 「つくも神」とは使い古された道具につく神様のことだそうだ。手元にある『昔の暮らしの道具事典』によると、 昔の日本人は、動物や草木はもちろん