本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『いま魂の教育』石原慎太郎

2006年10月03日 | 教育関連書籍
 

安倍首相は、公立校の再生をはっきりとした政策の課題にしました。ひとつの大きな問題で、方向としては大賛成ですが、具体的政策を実施して、目に見える効果を上げるのは、難しいでしょうね。

教育問題が難しいのは、学校もあれば、地域もあるし、親の問題もある、すなわち日本社会全体の問題になってしまって、的が絞りきれないまま論じていることがとても多いということです。


本書の著者、石原慎太郎氏は、30年ほど前に書かれた、『スパルタ教育』 の中で、すでに当時の親はしつけができていないと指摘していました。ということは今の60歳や70歳くらいの方々を指していたわけですね。どう思われますか。

本書は、副題に “日本の崩壊を救う唯一の手立て” とあります。書名、副題ともかなりセンセーショナルなものになっており、石原氏も最後に “かなり難しい内容なのだな” と述べています。やはり議論の進め方が難しい、的が絞りにくいという告白だと私は感じました。

この著作の中では、決して教育の荒廃について深い原因探求にページを割いているわけでもなければ、極端な教育観を振りかざしているわけでもなく、国の教育制度や文部省批判を展開しているものでもありません。

最初から最後までごく常識的な教育論を、普通の親を対象にわかりやすく説明しています。

たとえば

“トマトやキュウリの固有の味を味わい知らせよう”
“親は子供に自分の愛読書を一冊与えよう”
“本を足で踏まない”
“約束を破ればかけがいの無い信頼を失うことを教えよう”
“子供のうそを咎めない”
“あいさつは人間関係の入り口であると教えよう”
“時代を越えて変わらぬ価値があることを教えよう”
“子供に意味の無い買い物をするな”
“子供が病気のときに健康のありがたさを説こう” などなど…、


昔ならどの家庭でも教えていたであろうことを、なぜそれらのことが現代において重要なのか、自分の体験だけでなく、さまざまな歴史的具体例にもとづいて主張しています。 

ルーズベネディクト、西田幾多郎、論語、川端康成、武田信玄、織田信長、ヘミングウェイ、ファーブル昆虫記、アインシュタイン、エジソンなど歴史的人物、事件からイチロー、タイガーウッズ、警備会社の社員、近所の知り合い、そして“葉っぱのフレディー”にいたるまで、実にさまざまな人、書物、事柄が取り上げられていますから展開に無限の広がりが感じられ倦怠感なく読みすすめることができます。


ただし、文体も常体があったり敬体があったりして、思いつくままに羅列している印象はぬぐえず、教育論というより、エッセーに近いのですが、全編を通じたテーマは一貫しています。教育は機関よりもまず、親が責任を持つということでしょうか。

さらに、この国の教育をあるべき姿にしなければ『自立性を欠いた日本という国家社会の蛇行はこのままいけば、日本に関わるすべてのアイデンティティを喪失し、民族の消滅に繋がっていくに違いない。』という認識を持ち、子供に知識や物を越えた世界の存在を知らせる、人間の存在はかけがえの無いものであることを説くというものです。


“極右”と呼ばれることがあり、石原慎太郎という名前だけで、ちょっと…という方もおられるでしょうが、本書には、親が利用できる、実践的具体例がいっぱいに詰まっています。 親だけでなく、先生も、社会に興味のある生徒も読んだら良いと思います。非常に読みやすい一冊で、お薦めできます。

いま魂の教育

光文社

詳  細


http://tokkun.net/jump.htm 


『いま魂の教育』石原慎太郎
光文社:283P:1260円



■■ ランキング  ■■

2つのランキングに参加しております。記事が少しでもご参考になりましたら、クリックしていただけるとうれしいです。

    現在3位です。

にほんブログ村 本ブログ ありがとうございます。1位です。 
『本』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  『シービスケット』ローラ・... | トップ | 『新・アメリカ合州国』 本多... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (milesta)
2006-10-03 23:30:44
石原慎太郎さんが都知事になられてすぐに仰っていたことで印象的なことがあります。

「自分の孫はアレルギー(アトピーだったかな?)が酷い。それを見て環境問題を真剣に考えなくちゃいけないと思った。」と。そしてディーゼル車規制などが実際に行われましたね。

人によっては、自分の家族のことを政治に持ち込むな!と言うかもしれませんが、私は政治家にとって必要なのは、このように

「自分の子供、孫が健康に安全に暮らすには・・・。」

という発想を持つことではないかと思います。長期的な絵が描けるし、真剣さの度合いが違い政策が理念に終わらず、実現する割合が高いのではないでしょうか。



この本は、難しくなさそうなので読んでみたいですね。石原さんの文章は難解すぎて、時々何が言いたいのかわからないときがあるので。(笑)
milestaさん (VIVA)
2006-10-04 09:55:35
そうですね。国会議員の時より、発言の影響力なんかも、知事になって、ぐっと増した印象を持っています。ディーゼルの規制は本当に思い切ったものでした。運送業界は大変だったようですが、健康にはかえられないという信念でしょう。



実は、教育問題でもかなり都立高校の改革は進んだんです。学区をなくしたり、いろいろな指定校のようなもので特色を競わせたりしました。



先日、milestaさんのお父様のメモの話がありましたが、本書のアドバイス、似ているかもしれないですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。