本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『人生と投資のパズル』 角田康夫

2006年08月05日 | ビジネス書・マスコミ関連

小学生で分かる人もいれば、東大生でも分からない人もいる。まずはそんな問題です。

■■ 問題 ■■

ここにA・B・C の3つの箱があり、どれかひとつに百万円が入っています。どれに入っているか当てれば百万円もらえます。そこで、あなたは仮にAを選んだとします。

それを見た、答えを知っている人が、
『 C の箱には百万円は入っていません。AかBのどちらかです。箱をBに変えますか?』 と言われたら、あなたはBに変えますか? それともそのままAにしますか? 


よ~く考えてくださいね。


■■ 正解 ■■

迷うところでしょうが、正しい判断は

『Bに変える』 です。

AかBの二つに一つだから、『AもBも確率は2分の1だ』 と考えてはいけません。

なぜならこの場合、Aに百万円が入っている確率は “2分の1ではなく、3分の1” が正しく、そして、一方、Bの方の確率は “3分の2” になっていて、明らかにBが有利です。

どうして?Aは2分の1じゃないの? という人は、数をずっと多くして考えてみて下さい。例えば宝くじで…。

■■■
ジャンボ宝くじで1等の当たる確率は1千万分の1くらいだそうです。これは、さいころを振って連続9回、1が出る確率と同じくらいです。やってみて下さい。ほぼありえません。

縁起でもないのですが、あなたが、“交通事故で1年以内に死んでしまう確率” の方が、ジャンボ宝くじに当たる確率より、はるかに高いのです。

さて、あなたは、当たれば1億円のジャンボ宝くじを1枚だけ買いました。確率は1千万分の1ですから、まず当たりません。

そこへ、当選番号を知っている人が、↑のクイズと同様、次々にはずれを省いていき、最後の1枚とあなたの1枚となった時、

『あなたの持っている1枚か、最後に残ったこの1枚が、1億円の当たりくじです。変えますか?』 といわれたら…

あなたの持っている宝くじは、じっと待っているだけで、当たる確率が1千万分の1から2分の1に上がったでしょうか? 

もしそうなら、あなたに1億円当たりそうですが…。

いいえ、あなたの確率は1千万分の1のままで、もう一枚が1千万分の999万9999です。そんなチャンスは絶対にさっさと変えなければなりません。

ところが、こんな時でさえ、人間というのはやはり最初に自分で選んだ宝くじを手放すのは、惜しい気がしてなりません(笑)。

箱の例でも、あなたの取ったAの当たる確率は、たとえC がなくなったとしても、3分の1のままで、Bが3分の2になることがわかりますよね。

ところが実際に、これを生徒に試してみますと、誰一人、Aを変えようとしません。これは、“自分が最初に下した決断は正しいと信じたい”、という心理が働くためなのです。

そうです、我々人間は常に合理的な判断をしているではなく、極めて感覚的で不合理な動機で動かされるものです。

行列ができるラーメン屋さんはおいしいだろうとか、高いものだから安心だろう、が代表例ですね。あっ、ついでに、大手の予備校だから成績が上がるとか(笑)。

マーケティングや心理学、あるいは金融工学などでこのような問題を扱いますが、この分野の経済学でノーベル賞が出たことでがぜん注目が集まりました。

売る方は巧みに我々の心理をついてきます。賢い消費者でいるためには、なかなか気が抜けません。本書にはこうした、パズルというか、クイズ形式というか例題が多く引用されています。 

読むには、確率の考え方を理解することはある程度必要ですが、実際の生活に即したアドバイスも多く、投資をするかどうかは関係なく、消費者として生活している人々に多くの示唆を与えてくれるものです。

以前ご紹介した、チャルディーニの書いた『 影響力の武器 』 も大いにお薦めできますが、その社会心理学に共通する部分が多く含まれていました。興味のある方には、お薦めです。


http://tokkun.net/jump.htm

人生と投資のパズル

文藝春秋

このアイテムの詳細を見る





■■ 賢い消費者になるぞ!決意のクリックをお願いします。 m(__)m ■■
  ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 本ブログへ  ブログランキング

読書小説書籍・雑誌ニュース
『本』 ジャンルのランキング
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Enjoyed Ourselves! | トップ | 『木の教え』 塩野米松 »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Mizo)
2006-08-06 06:30:04
おぉ、これは「モンティ・ホール・ジレンマ」と呼ばれている、とても有名な問題ですね。



確率の問題と言えば「あるクラスの生徒が50人いるとする。クラスの中で誕生日が同じ生徒が少なくとも1組以上いる確率を求めよ」をよく見かけます。直感より遙かに高い確率です。
Unknown (湖の騎士)
2006-08-06 10:44:26
着眼は面白そうですが、日本人はこういうことを理詰めで考えるのが苦手なため、はたしてこの本がどのくらい売れているのかに興味があります。今度書店に行ったら聞いてみますが、VIVA先生のお手元に数字(部数についての)があれば教えて下さい。
Mizoさん (VIVA)
2006-08-06 11:16:10
そうなんです。確率を扱うときには、↑の記事も誕生日のやつも、有名なものなんですね。まぁ生徒にどうやって、興味を持ってもらうかですから、ご容赦下さい。今度、何かの本で、誕生日も取り上げてみますね。
先生! (VIVA)
2006-08-06 11:26:09
先生、わざわざコメント頂戴し、ありがとうございます。

ご無沙汰ばかりで申し訳ございません。どれだけ売れたかというデータはありませんが、今、アマゾンで調べましたら、売り上げランキング1903位となっていました。何十万もある中ですから、想像以上に売れているようです。ご紹介しておいて、無責任ですが、驚きました。



ついでに『影響力の武器』を調べましたら、こちらも2736位です。3000円を越す本ですから、これはすごいですね。ずいぶん前に読んだのですが、どこかで火がついたんでしょう。



それはそうと、先生のエッセイが収録されている、2006年版のベストはそろそろ発売ですよね。



また、先生のブログに書きましたように、先生のエッセイ集の出版、大変楽しみですので、ぜひぜひ実現させて下さい!
誕生日といえば (すかいらいたあ)
2006-08-06 21:43:30
アミール・D・アクゼルの『偶然の確率』で取り上げられていました。



確率にも面白い話が沢山ありますよね。
すかいらいたあさん (VIVA)
2006-08-07 01:12:39
コメント恐縮です。実はですね、『偶然の確率』もピンポーン!で、ちょうどご紹介しようと思っておりましたし…、



ちょっと待って、



今、そちらのブログ拝見したら『戦争倫理学』をUPされてるじゃないですか!(しかも私なんぞよりずっとカッコよくまとめてあるし)



ユングですユング(笑)。一度ゆっくりお話ししません?
詭弁? (monjiro)
2006-08-08 20:19:36
一読これは詐欺師の作り話。初期状況と最終状況は全く別物ですでに関係なくなった数値を最新の状況の説明に用いている。

「アキレスと亀」の詭弁は時系列の量的評価が故意に無視されたごまかしでした。それに似ています。

この本で言わんとする自己判断を肯定したいという過去にこだわる傾向というのは解りました。投資家心理の判断材料にはなるでしょうが。
monjiroさん (VIVA)
2006-08-09 01:39:26
こんにちは。誰もだまそうとしておりませんので…。詐欺師はカンベンしてください。でも本当に関係なくなった数値でしょうか?ご存知でしたら教えて下さい。



投資家に限らず、心理学やマーケティングの入門書です。分野は違いますが、「アキレスとカメ」をどう考える?と生徒に問いかけるような一冊です。
Unknown (Unknown)
2006-08-11 00:03:56
誤解だったことをまずお詫びしなければなりません。



「そんなはずはないだろう。」と思っている自己の正当化が、ここにもあったことに改めて気付き、恥入る次第です。

昨夜「モンティ・ホールのジレンマ」を検索して、Wikipediaほかのホームページでで読みましたが中々得心できませんでした。表を使った説明や文章による説明では、まず疑っているので「どこかに穴があるはずだ。」という先入観で読んでいるので納得できなかったのです。

モンティ・ホールの問題の実験ができるフラッシュを使ったホームページがあって、これをやってみても「そんな馬鹿な、何か細工してるんじゃないかと思ったのです。今朝になってやっと「そういうことか!」と少し判った気分になりましたが本当に理解したのかまだ整理できていません。数学の授業でも取り上げられているようですね。

Unknown (monjiro)
2006-08-11 00:09:49
↑名前入れ忘れていました。
monjiroさん (VIVA)
2006-08-11 13:48:08
そうおっしゃっていただけると、安心です。いきなり詐欺師はカンベンです。本当に。私も数学の博士ではありませんから。せっかくのご縁ですから、時々、のぞいてくださいね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。