本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『大学受験のための小説講義』 石原千秋 【現代国語・小説参考書】

2006年08月02日 | 大学受験【国語・社会】情報・参考書

本来は大学受験生の国語のテキストですが、多くの人に読んでいただきたい、大変有益な一冊です。以前ご紹介した『 わかったつもり 』 も良書ですが、さらに踏み込んだ、綿密な分析と豊富な題材がすばらしいです。

このブログはそもそも生徒たちに本を紹介するためのものですから、恥をしのんで、こうして駄文をさらしているわけですが、読んだり、書いたりするのはまだしも、国語の問題を解くとなるといけません。

高校時代を振り返ってみると、説明文、論説文はまだましだったのですが、現代国語の随筆や小説がどうしようもなく嫌いでした。小説の登場人物の気持ちなどを問われると、“なんで分かるんだよ!”といつも憤慨しておりました。

時々、有名作家などが、自分の作品が入試問題で使われ、その問題の正解などを見て、“ほう~!そんな気持ちだったのか”とか、“まったく読み違えている” などと、別の著作で書いたりしますよね。

高校時代の私も、解答、解説をいくら読んでも選択肢を一つにする最後の段階でまったく理解、納得できず、小説だけは勉強する気もまったく失せてしまい、“センス” および “ひねくれた性格” がわからない原因だとあきらめていました。

ですが、本書を読んでおおいに救われました。国語問題というのはどういう意図で作られているのか、最後の段階の決め手はこう考えるんだということが非常にわかりやすい言葉で、丁寧に説明されているからです。

枠からはみ出した読み方は『入試の国語』では不正解となる事情が書かれています。その枠とは何かを含め、センター試験や国公立二次試験の悪問、良問両方をじっくり解説しながら、出題した大学の良識に疑問を投げかけたり、駿台予備校のある国語教師を手厳しく非難したり、解説書の間違いを指摘したり、昔の私のあだを討ってくれた気分になって痛快でした。

大学受験生で小説が苦手な人にとっては絶好の参考書です。また、我々社会人にとってもさまざまな小説が楽しく読める本としてもお勧めできます。当教室 の国語の先生方にも非常に評判が高いようです。



http://tokkun.net/jump.htm


大学受験のための小説講義

筑摩書房

詳細を見る


『大学受験のための小説講義』 石原千秋
筑摩書房:316P:903円


■■ おもしろそうかなと思われましたら、クリックをお願いします。m(__)m ■■
  ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 本ブログへ  ブログランキング

読書小説書籍・雑誌ニュース
『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『脳の中の人生』 茂木健一郎 | トップ | 『カラスはどれほど賢いか』... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kazu4502)
2006-08-02 23:44:04
いつもありがとうございます。

ブログランキングはレベルが高いですね、なかなか上がらない、でも頑張ってください、応援しています。

kazuさん (VIVA)
2006-08-03 15:24:20
こちらこそ、本当にいつもありがとうございます。そうなんですよ。本ブログと同じシステムで点数が出ると思いますが、不思議と半分くらいしかないのです。応援していただけて、光栄です。
Unknown (Mizo)
2006-08-05 07:39:30
この本ではありませんが、石原千秋氏の著書は3冊ほど持っています。

ちょっと変わった切り口で「国語」を分析しており、興味深く読めます。
Mizoさん (VIVA)
2006-08-05 11:49:11
そうでしたか、Mizoさんは、理系の難しいやつから、国語まで本当に幅広いですね。3冊ということは、石原氏はMizoさんのお気に入りでしょうか?『これは!』というような一冊がありましたら、教えてくださいね。コメントありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。