本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『遺書―5人の若者が残した最期の言葉』Verb (幻冬社)

2006年11月13日 | 教育関連書籍

遺書 verb.jpg



このままでは、自殺は無くならないし、無責任体制も温存されてしまう” 

と、コラム に書いたばかりなのですが、また、“生徒の自殺”と “校長の自殺” が同じ日に報じられるという、やはり異常事態ですね、残念ながら。

自殺報道は連鎖を引き起こすということの証明にもなってしまいました。こんな風潮の中で、絶対に死んではいけません。子どもはもちろん、校長先生だって。

もちろん、私には自殺を止める権利も義務もないけれど、本当にそう思います。教育問題で自殺者が出るのは、特に悲しいと感じます。


“校長先生” という立場は、生徒にとっては当然、“一番偉い先生” ですが、現在の教育委員会や文部科学省のしくみ全体で眺めて見ますと、実態は“中間管理職” のようなものに見えます。


これまで、『高校を変えたい や 熱血!ジャージ校長奮闘記 をご紹介しましたが、校長の悩みは、端的に言えば、教育論や子どもや親そのものというよりも、日本の教育制度とそれにまつわる人間関係です。上(教育委員会)と下(教員)に反感を持たれたら何もできず、その中で必死に工夫をされています。


生徒が自殺をする。いじめがささやかれ、遺書や家族の証言が紹介され、テレビで顔を隠した同級生の、“いじめ” をほのめかすインタビュー。そして、校長の会見、“自殺の原因をいじめとは断定できない”という趣旨の、はんで押したようなコメント。

なぜ同じコメントなのだ、きっとそう言わざるをえないのではないか、という印象を持つのは私だけではないと思います。

もし制度が今のままなら、自殺報道の際は、校長と一緒にその学校を管轄する教育長がきちんと顔を出すべきだと強く感じます。品川区の教育改革をご存知でしょうか。賛否両論あるようですが、若月教育長が子どもや地域のために先頭に立っているからこそ、学校のまとまりという大きな組織が “動く” のだと思います。

具体的な施策がすばらしいというより、とにかく仕組みがそうなっている、学校を変える早いやり方は、校長を責めるのではなく、教育長の意識改革することではないでしょうか。

逆に…、ゆとり教育の論争時に盛んにゆとり教育を持ち上げていた、文部科学省の寺脇研氏。盛んにテレビに出演されていましたし、著作もいくつか残っていますから、ご存知の方も多いでしょう。

彼が、テレビなどに出演する以前、広島県の教育長時代にやったことを見れば、システムがよく理解できると思います。なぜ当時、広島の教育があれほど荒れたのか、やはり校長の自殺もありました。興味のある方はぜひお調べ下さい。


本書は、悲しくも自殺を選んだ若者の遺書の実物の公開、そして自殺後の遺族などを取材したドキュメンタリーで、すべて実名、完全ノンフィクションです。

第1章:前島優作(13歳)
第2章:伊藤大介(25歳)
第3章:伊藤準(13歳)
第4章:鈴木善幸(14歳)
第5章:秋元秀太(19歳)

いずれも読むに耐えないような内容です。実際の遺書は、警察に指紋採取され、汚れてしまっています。 主にいじめを苦に自ら命を絶った若者の遺書を編集したものです。

遺族のコメントを交えてつづられる文面にはものすごい重みを感じます。 もちろんこのようなことをして失われた命が戻ってくるわけではないのですが、無念を世に伝えるため力を振り絞る遺族の方の気持ちを察すると言葉を失います。


自殺は、本人は覚悟の上ですが、そののち、まわりにどれほどつらい思いをさせてしまうのか、知ってもらいたい。それ以上に…、

いじめている連中に読ませたいのです。


遺書―5人の若者が残した最期の言葉

幻冬舎

詳  細

http://tokkun.net/jump.htm (当教室HPへ)




教育関係者、子どもの自殺ストップ   
の応援クリックお願いします。

     ↓            ↓
人気blogランキングへ    にほんブログ村 本ブログ 
 
 (2位です。1位の半分に届きました)        (現在1位です。ありがとうございます)



『遺書―5人の若者が残した最期の言葉』Verb 
幻冬社:231P:520円

『本』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『異邦人』 カミュ (窪田... | トップ | 『速読英単語(必修編)』 風... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
きちんと次に繋がることを期待したい (bucky)
2006-11-13 13:21:10
教育基本法改正議論のタイミングで出てきたのかどうかは別としても、いじめ・自殺の問題、履修の問題、これらを単なる「話題提供」で終らせないで欲しいと思います。
自民の復党の話ではないですが、「喉元過ぎれば」的話のまま終焉を迎えれば、それこそ、このタイミングで自殺に追い込まれた何人かの校長先生は何のために命まで絶ったか、という事になりかねません。責任転嫁を繰り返しても、子供たちにはメリットはありませんし。品川区のように「変えよう」と動き出すことが一番なのだと思います。特に教育は権威だけでは動かないもの、肩書きをたくさんお持ちの方は特に、現場で力仕事に精を出して欲しいと思っています。
buckyさん (VIVA)
2006-11-13 17:35:09
こんにちは。そうなんですよね。ご本人たちは、とっても、生きていけないという苦しみ、悲しみのどん底にいるんでしょうが、やはりこんな風潮の中では、後になって、流されていたということになりかねませんね。ご家族には大変お気の毒だと申し上げる以外ないんですが…。
自殺 (kazu4502)
2006-11-13 20:19:52
vivaさん、こんばんは、いつもお世話様です、本当に大変なことになりました、世の中はどうなったんでしょうか、昨日も女の子が自殺しました、まるで自殺かが変な意味でのブームになったような気がします、あまりにもマスコミは自分のことを棚に上げ、自殺の原因を一方的に学校側のミスだとして集中批判を繰り返しています、果たしてマスコミの責任はないのでしょうか、非常に疑問です、2日間に渡り、自殺と命の大切さをブログで書いてみました、政治ブログなのにどうかと思いましたがやはり教育基本法の改正の件もあり、書かざるを得ませんでした、何とか早く教育基本法を成立させ、現場主義にたった抜本的な手直しをすべきです、学校教育は家庭教育にも通じます、単に学校の教育だけでいじめの問題が解決できるはずがありません、この問題は国民すべてが真剣に考えるべきです、現代に生きる日本人にかせられた大きな課題だと思います。
こんごともよろしくお願いいたします。
境界を越える (山ちゃん)
2006-11-13 20:50:10
昔からいじめはあったわけで、今に始まったことではないのですが、

ここ数年のいじめは守るべき境界線を越え始めたというおもいがします。



相手をノックアウトしたぐらいならまだいいけれど、不具者にしたり殺してしまった(つまり境界をいったん越えてしまった)人間は、子供でも、一生塀のなかの生活をさせるなど、よほど更生しないかぎりまず戻ってこれないのだよという罰が必要なのかもしれません。(死刑は反対です。自暴\自棄になるだけだから)
kazuさん (VIVA)
2006-11-13 21:45:52
こんばんは。
そうなんです。どういうわけか、自殺は続いてしまうようですね。自殺予告の中に愉快犯なんかが入ってしまうと困りますし、報道することが扇動することにつながってしまう可能性がありますよね。特にこれでもかというくらい、先生を罵倒するシーンが流されますと、“仕返しができる”と勘違いしてしまう人がいる気がします。

本当にどこから手を付ければいいのか、複雑すぎて、なかなか難しいのですが、自殺の連鎖だけはもうやめて欲しいです。
駄文で失礼します (ふる)
2006-11-13 21:51:05
むかし、ある先生と話していたときに、
「なぜ自殺はいけないのか」という私の問いに、
「魂を汚す行為だから」と答えをもらいました。

今でもその言葉を思い出します。

いじめ→自殺の連鎖が
学校で起きることだとすれば、
学校の存在意義すわ問われてる、ゆゆしき事態ではないでしょうか?

これを機会に「いい方向へ」教育を変えて
行ければよいのですが。

とアホブログやってる私がこんなこと言うと
GIGAさんは、じゃなくて
VIVAさんは苦笑するでしょうが(苦笑)
山ちゃんさん (VIVA)
2006-11-13 21:52:29
そうですね。直接、学校現場にいる人間ではないので、わかりませんが、とにかくいじめだと認定したくないというのは伝わってきますね。そうすれば、厳罰も何もあったものではないので、学校のその姿勢はすぐに変えて欲しいですね。ヘンな話ですよね。

警察は事件を発見して解決すれば褒められるのに、学校で起きた恐喝や暴行は出したくない、認めたくないというのは…。
ふるさん (VIVA)
2006-11-13 22:04:07
おっ!ふるさんこんにちは。いいえ、とんでもない敬愛するふるさんを笑うなんて…。

苦笑するのは…どんなに重い話題でも、何か一つ、どこか一箇所ボケないと帰れなくなってしまったということですね(笑)。

それはともかく…、
自殺がいけない理由を数学的論理で説明しようとしても、つらい人には効果が無いかもしれませんね。やはり教育とか、宗教の役割になるんでしょうが、魂を汚す行為だと言って、ピンと来るふるさんのような人は良いですね。

また、寄らせてもらいますね。
これは私の意見ですが (クラッチヽ(  ̄○)ゞ。o○)
2006-11-13 22:09:23
個人的な意見としては、いじめによって自殺を選択した方々は『自殺以外にこの最悪な状況を回避する手段が無い、或いは見出せない』からこそ自殺を選んだのだと考えます。よって、彼らに対して『命を大切に』
『死ぬのはいけない』『君は一人ではない』『誰かが必ず君の事を愛していてかつ支えてくれているはず』などのような言葉をかけることこそ彼らを逆に追い詰めてしまっているのではないでしょうか。
また、いじめ自殺問題の責任についてですが、私は学校等の教育施設又は教育機関に対して責任追及をするのは筋違いであり、むしろ加害者の保護者にこそ責任があると個人的に感じています。このようないじめと言う名の犯罪を犯している子どもを育てたのは加害者の保護者に他なりません。
現在、マスメディアでは学校に責任があるかのような報道を行っていますが、これをみた加害者は『結局自分には責任はない』と感じてしまう可能性も否定できません。どうして加害者に責任追及が及ばないのか、私は不思議でなりません。
以上、長文失礼致しました。
コメントありがとうございます (VIVA)
2006-11-13 22:29:02
クラッチさんで、よろしいでしょうか。はじめましてコメントありがとうございます。この問題はどこに焦点を当てるかで、いろんな議論ができてしまいます。

本書はお読みになられたでしょうか。

もちろん加害者が一番悪いのですが、根絶することはなかなか難しいですね。加害者に責任追及をしたり、厳罰化するためにはいじめを発見しなければなりませんがそれがもっとも難しいという印象を受けます。

子どもたちは、誰かに言ったら、自分がターゲットになることを何よりおそれるようですから。さらに学校が隠したら、どうしようもありません。

親の問題ももちろんありますね。いろいろな観点で論じていければよいと思っております。
マスコミと保護者。 (HIRO。)
2006-11-13 22:35:48
子どもの自殺の連鎖、とても残念です。それ以外にも校長の自殺や岐阜県庁幹部の自殺。これはマスコミなどのいじめがあると思います。また報道では学校側が誤り、マスコミ、保護者(自殺した親以外)が学校を徹底的に罵倒する。教育委員会も校長達を非難する。親の責任はどこへ行ってしまったのでしょう。学校教育だけでいじめはなくなりません。家庭や社会全体のしつけが出来ていないのです。小さい時から親が子どもに「いじめはいけない」と毅然たる態度で親が接すべきではないでしょうか。また、いじめらたら自殺する前に親が全身全霊で子どもを守る。僕はそう思います。

ところで、VIVAさんは、キャンキャンさんとお知り合いのようですね。偶然ですね。びっくりしまた。キャンキャンさんとは同じ病気でブログで知り合いました。よく、コメントをいただきます。
HIRO。さん (VIVA)
2006-11-13 23:27:57
いえいえ違いますよ(笑)。もちろんキャンキャンさんはHIRO。さんところのリンクからおじゃましただけです。ブログを拝見して、HIRO。さんと一緒で、病気としっかり向き合っておられる姿にご立派だな~と思っていたら、ちょうど、かぶと虫が死んでしまったお話をされていたので、我が家も同じだと、コメントをさせていただいたんです。

そのあとはHIRO。さんところでお名前を拝見するだけだったのですが、この前はじめて、拙ブログにコメントを頂いて、あっご覧になっていただいたのだと感激していたところです。

ところで、いじめ問題ですが、本当にいろんなところから語ることができます。教育論が親の数だけあるのですから、学校の先生も大変です。

親の問題、いじめられていることを知るのが難しいんですね。自殺した生徒の親の無念は、何で教えてくれなかったんだというのもあれば、何で気付かなかったという自責の念もあります。

逆にいじめている方も気付いていない可能性が高いです。

即効性のある解決策はないので、とりあえず校長先生が、標的になってしまいますね。
なくならない (さくら)
2006-11-23 23:05:10
悲しいことだよ。いじめに自殺。でも、なくならない。いじめる方はなんとも思ってない。だってある意味狂ってるもん。いじめと称して殺人行為も平気。ホームレスも殺しちゃう。みんなで同じ方向を向くのは私たち日本人の性。大人はいじめのよいお手本を示してきちゃった。そしてなにをやっても未成年はOKってことも教えちゃった。自殺するのは絶望したからでしょ。様子が変なら学校なんかいかせちゃだめなんだ。先生に相談なんてしちゃだめなんだ。学校になんで期待するの。どっかのえらいさんのいう戦う勇気なんてそんな無駄なもん必要ない。本気でいじめをなくしたいなら、我々大人が変わらなきゃだめなんじゃないの。教育基本法改正?関係ないんじゃない?てか、ちゃんと守んなかったからこんなんなったんじゃないの?君が代強制すればいじめなくなるの?www
さくらさん (VIVA)
2006-11-23 23:17:41
コメントありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
いじめられたら何が出来る?(イギリス) (おにばばたちのいるところ)
 両親があなたの学校でのいじめを解決することがで出来ないならば、両親に『両親はあなたを学校に行かせなくてもよいこと、あなたを家庭で教育することができること』を思い出させなさい!!!