本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『真相』若宮清

2006年04月17日 | 外国関連
 
北朝鮮の外交に関しては、元外交官自身が、以前こちらでご紹介した『北朝鮮外交の真実(原田武夫著)』の中で外務省を厳しく告発しています。

本書の著者、若宮清氏は北朝鮮との独自のパイプを通して、平沢勝栄議員、そしてついには山崎拓氏を北朝鮮との極秘会談に引っ張り出し、家族帰国への道筋を付けた人物です。副題は「北朝鮮拉致被害者の子供たちはいかにして日本に帰還したか」となっているように、外務省が全くの手詰まり状態だったものを何と一民間人の若宮氏が、家族帰国へ向けて扉を開けたという真相が語られます。

なぜ若宮氏がここまで影響力を持つようになったかは、本書を読んでもピンとこないのですが、氏の妻がフィリピン政界のナンバー2と親戚だそうです。そして、自民党の大物だけではなく、国際的なネットワーク、情報網を持っているのは確かです。ただし金儲けは下手らしいのですが(笑)。いろいろなエピソードが語られ、読んでいて全く飽きることがありません。北朝鮮側との生々しいやりとりを見ると、労働党幹部とも頻繁に接触できる立場にあり、ビザも取らずに北朝鮮へ何度も足を運んでいます。

その若宮氏の外務省批判は非常に厳しいものです。一節を引用しますと
『こうしたわが外務省の無能は、北朝鮮側に読みきられてしまった。普通は交渉相手が無能だと楽になるので、彼らにとっては結構な事のハズなのだが、あまりに無能だと話にならなくなってしまう。』だそうです。

本当にこんなところまであからさまに書いてしまって良いのだろうかと、読んでいてこちらが心配になるくらいです。曽我ひとみさん、蓮池薫さん、地村さん夫妻などのコメントだけでなく、日朝の政治家や役人の言動、拉致議連その他の動きなども分かりやすく解説しています。

北朝鮮外交というものには、いろんな事情がからまり、『ミスターX』だの『ミスターZ』『官邸ルート』などなど複数のチャンネルが存在し、時にいがみ合うということを思い知らされました。これが現実だとしたら、外務省には期待できないという感想を持たざるを得ません。何としても早く解決して欲しいのですが、若宮氏は今ごろ忙しく活動していらっしゃるのでしょうか?

http://tokkun.net/jump.htm

真相―北朝鮮拉致被害者の子供たちはいかにして日本に帰還したか

飛鳥新社

詳細を見る
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ぼちぼちいこか』マイク・... | トップ | 『つながりの科学』 小田垣孝 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして。 (まさ)
2006-04-19 09:07:52
初めまして。

TB有り難うございます。

拉致被害者が一日でも早く帰国出来るように、政府は力を尽くして欲しいですね。
はじめまして (はるか)
2006-04-19 11:03:59
トラックバックありがとうございます。

拉致被害者が日本や韓国以外にもわかっているのに 他の国の動きの報道がないのが気になりますよね。



どこの国民であろうと家族の辛さ・想いは同じだと思います。早く解決する事を願っています。
ググろう! (真実一郎)
2006-07-25 00:01:29
はじめまして、



>なぜ若宮氏がここまで影響力を持つようになったかは、本書を読んでもピンとこない



いいセンスだと思います。ただ、もしかしたら「若宮清」のキーワードでネット検索をしたら、その「ピンとこない」感覚の理由がつかめるかもしれません。



そういえば、レインボーブリッジの小坂氏には手入れが入りましたね。

真実一郎さん (VIVA)
2006-07-25 06:28:36
はじめまして、コメントおよびアドバイスありがとうございます。私は歴史の知識、感覚とも鈍いので、自信はありませんが、今度、腰をすえてじっくり検索、研究してみます。またぜひアドバイスお願いします。
若い頃はもっと怪しかった (シャムイヌ)
2007-06-09 00:13:29
はじめまして

若宮清氏を検索していて、ここにたどり着きました。

80年代の頃、若宮氏に海外で会ったことがあり、いろいろ話したことがありますけど、今はふつうの顔してますが、若い頃は頭の毛はモジャモジャで今より、もっと怪しい雰囲気でした。

そして話すことも怪しく、いったい何やっている人物なんだろうと思っていましたが・・・・

こちらはタイで数年過ごしていて、若宮氏が北朝鮮にまで接触していたとは・・・
シャムイヌさん (VIVA)
2007-06-09 10:13:51
はじめまして

そうですか。今何をされているのでしょうかね。
Unknown (a)
2007-10-01 18:40:34
北朝鮮による日本人拉致事件をめぐり、日朝非公式折衝で北朝鮮側とのパイプ役となっていたフリージャーナリスト、
若宮清容疑者(61)が警視庁世田谷署に住居侵入容疑で逮捕されていたことが1日、分かった。

調べでは、若宮容疑者は7月20日午前5時ごろ、世田谷区内の女性(30)のマンションに無断で立ち入った疑い。
その際、玄関や郵便受けに汚物をまいたという。

女性からの被害届を受け、同署が9月25日に逮捕した。若宮容疑者は女性に交際を申し込んで断られており、ストーカー
行為の疑いもあるとみて調べている。

若宮容疑者は調べに黙秘しているという。

若宮容疑者は銀行の会長秘書などを経てジャーナリストになった。マニラ空港で暗殺されたフィリピンの元上院議員、
ベニグノ・アキノ氏や韓国の金泳三元大統領らと親交を結ぶなどの人脈を持つ。平成5年に日本新党(当時)から、8年に
民主党から衆院選に立候補し、いずれも落選した。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/071001/crm0710011418014-n1.htm

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
NJ 2006/04/13 (last 400 days)
from FNN News JAPAN 2006/04/13 公式サイトはこちら(ttp://www.fujitv.co.jp/nj/index2.html) title:ライブドア退場 最後の1日 衆院予算委 2月 そして2月。 この人もこう話していた。 小泉総理 「株を買う人は やはり 自己責任で買わなきゃいけないなー ということ
久しぶりに時事 (ニートの雑記帳)
3日休んでる間に色々なことがありましたね。覚えてる範囲で適当に書いてみますか。 まずは拉致関係。北朝鮮による拉致被害者横田めぐみさんの夫が、DNA鑑定の結果、韓国で拉致された金英男(キム・ヨンナム)さんである可能性が高いことが分かりました。今後これを期に日
盧武鉉政権を追い込め! (やじざむらい的日々雑感)
 日本側のDNA鑑定によって明らかになった横田めぐみさんの夫の素性。韓国から拉致された男性ではないか?と、以前から噂されていましたが、北朝鮮側は一貫して否定。しかし、噂ど
【朝鮮】「日本はおかしな国になった」だってさ (制御屋の雑記)
 ほぉーーお、おかしな国でつか。 たしかに自ら丸腰になるような憲法を、後生大事に護っている国はおかしいですな。 特定の他国にクソミソに言われても、土下座外交しか出来ない国はおかしいですな。 自国の国旗掲揚と国歌斉唱を、拒否するようなメディアと教育者が居る
少しずつ・少しずつ・・・ (はるかメモ)
拉致問題解決の意志表明 韓国の次期首相 [ 04月18日 11時28分 ] 共同