本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『英文快読術』 行方昭夫

2006年05月10日 | 英語関連書籍
 
筆者自身が『快読』などという名前を付けるのは、気恥ずかしいそうです(笑)が、『眼光紙背に徹するまで英文を解読すれば、この上なく大きな喜びを得られると信じ』ていらっしゃるとのことです。どのようにしたら英語を楽しく読めるようになるのか、最後は原書を味わうレベルにまで導こうという一冊です。

英語学習が中途半端になってしまったと感じている、大学生や社会人には最適な一冊ではないでしょうか。私は、小谷野敦氏の著作の中で(書名は失念)本書を薦めていたので、読みました。

まずは、『日本人と英語』という章ではじまり、英語の現状分析をします。例えば大学受験の英語などを改善するように提言しています。一言で申し上げれば、難しすぎるし、どうでも良いことにこだわるため、敬遠する人が多いというものです。

次に快読に向けての『対応策を考える』です。ではどんな読み物や、参考書などを用いれば良いのかを説明します。基礎力アップあるいは、勉強の方向性に関して、具体的に提案をします。易しいものの多読を薦めています。

次は、レベルアップを図ります。『正しい読解のために12のヒント』として、辞書の使い方、イディオムや自動詞他動詞、時制、仮定法など、もっとも注意を払うべきなのに、盲点になりそうなものをあげます。受験勉強と重なる部分がこの章でしょうか。

『英文解釈から翻訳へ』が次に来ます。ここではさらにレベルを上げて、どの程度までの意訳が最適なのかなどを検討します。一つの作品に対し例えば3人の翻訳家の日本語訳を比較します。さらに悪訳、誤訳などを紹介し、なぜそうなるのか、学習が足りないのか、手を抜いたのか、読みが浅いのかなどということも述べられます。

そして最後が『長文を味わう』として、英文が4編出てきます。

非常にためになる本ですが、決して易しくはありませんし、そもそも大学受験から離れても、英語を楽しんでもらいたいというお考えですから、受験生には薦められません。参考書などもたくさん挙げておられますので、英語の先生方の方が良いでしょう。

言語などに関する本を読んでいて、最近感じるのは、新進気鋭の学者の本も悪くないのですが、戦前派の書かれた著作の方に魅力を感じます。何となく歴史を踏まえている重みを感じてしまうのでしょうか。筆者の行方氏は1931年生まれだそうです。

そして、高校時代にしっかり解釈や作文、文法をやっておけば、発信型の英語、会話などになった時、大きく貢献すると主張され、その例として、クラスメートの国連の“明石康”氏と外務省の“小和田恒”氏を挙げています。二人とも地方の高校出身のため、大学入学時はそれほど英会話ができなかったが、またたく間に達人になったと。

日本を代表する国際人お二人の“できなかった”時代をご存知だなんて、歴史、感じますよね(笑)。

http://tokkun.net/jump.htm

英文快読術

岩波書店

このアイテムの詳細を見る
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『世界を動かす石油戦略』石... | トップ | 『最終弁論』マイケル・S・リ... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
read more, write less (Irish)
2006-05-13 08:56:50
VIVAさん、お久しぶりです。前回のpollありがとうございました。非常に参考になります。英文解読術ですか。面白そうな本ですね。私自身readingではアメリカの大学で泣かされました。英語のレベルが初期の段階ではreadingなんてlistening, speaking,writingに役にたたないと思うのですが、(特にspeaking)英語の学習が進み、習熟すると、readingが他の三つの技能に好影響を及ぼし英語全体のレベルが上がるのです。かくいう私も未だに悪戦苦闘(笑)しております。しかし、readingにより、英語力を維持していることは間違いありません。私もいくつかのreadingのための本を読みましたが、結局英文を沢山読むことにより、読むことがすこしづつですが楽になり、時折快感を感じます。かの有名な英語の名人、松本亨博士は英語の上達について短く簡潔にコメントされています。Listen more, speak less. Read more, write less.語学の学習はこれに尽きると思います。学問に王道なし。長々とすいません。失礼します。
お願い (VIVA)
2006-05-13 13:40:27
Irishさん:いつも示唆に富むコメントありがとうございます。一口に英語と申しましても、それぞれの目的や考え方があろうかと思います。例えば、本書は非常に有益で優れていると思いますが、↑で申し上げたように、受験生には薦められません。ビジネス英語や検定を目前にひかえた人にもちょっとダメでしょう。

そこで、いつでも結構ですので、Irishさんにとっての英語(学習)に役立った参考書やあるいはエッセーでも何でも、ご紹介いただけませんか?1冊でも10冊でも…、できれば日本語の書籍がありがたいです。難易度や目的は問いません。誠に勝手なお願いで恐縮です。
喜んで。 (Irish)
2006-05-14 08:54:31
VIVAさん、お願いありがとうございます。私、英語と格闘が始まりまして、もうすぐ十一年目に突入します。何冊語学関連の本を読んだか解りませんが、とりあえず思い出せるものだけここに記載させていただきます。



英語と私



松本亨



ネイティブ感覚の英文法



ジャン・マケーレブ 



朝日出版社





日本人の英語



ピーターマークセン



岩波新書



英語は絶対勉強するな!



鄭 讃容



サンマーク出版



英語アレルギーの治し方



松本道弘



ベストセラーズ



Give Get辞典 A dictionary of "give" and "get" expressions



松本道弘



朝日出版社



超英語 英語を超えるICEE



松本道弘



総合法令



プレイン・イングリッシュのすすめ



ケリー伊藤



講談社現代新書



バイリンガルの科学―どうすればなれるのか?



小野 博



ブルーバックス



以上思い出せる分だけ書き出しました。これだけ読むと語学の学習がいかに大変かがわかります,VIVAさんがご存知のとおり。勝手な私見ですが、子供たちに英語を教える際に(英語は絶対勉強するな!学校行かない、お金かけない、だけどぺらぺら 鄭 讃)は英語を勉強させるのに興味をそそらせる息抜きの一冊となるかもしれません。(それよりも単語や英熟語を覚えたほうが良いか、冗談です、笑)まだ沢山ありますので思い出し次第報告します。失礼します。



追伸 (Irish)
2006-05-14 09:08:13
すいません、たびたび。次回からよければemail addressの方に送信させてください。
さっそく (VIVA)
2006-05-14 11:35:42
ありがとうございます。2.3冊読んだものがあり、今度ブログで取り上げてみますね。未読のものは徐々に読み進めます。まだまだ沢山おありでしょうから楽しみにお待ちします。



もちろん、mailでも結構です。

mtok@tokkun.net

へお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。