本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『本はどう読むか』 清水幾太郎

2006年06月19日 | 新書教養
   
読書ブログなのに、最近は、あまり本を読んでおりませんでした。生徒のみなさん!こういうのを“本末転倒”という。みんなもサッカーの見過ぎに注意!

で、初心にかえって、大御所の読書論がしるされた一冊を紹介します。

著者、清水幾太郎氏は、EHカーの『歴史とは何か』やマックスヴェーバーの『社会学の基本概念』の翻訳、そして『論文の書き方』や『倫理学ノート』の著作で知られ、著作集まで出ている、大社会学者です。

実は、本書は今から30年ほど前に書かれ、私が20年以上前、高校生の頃買ったまま、いまだ読んでいなかったのを、つい最近、たまたま見つけて読んでみました。どうして本書を購入したのかはもちろん、購入したこと自体を忘れていました。

『古いほんだなぁ~』と思ってページを繰っていったのですが、おもしろくて一気に読んでしまいました。誠に誠に誠に、大学者に僭越ながら、本に対する考え方が同じだと感じたからです。きっと高校生当時は最初の方であきてしまって放っておいたのでしょう。

私が本を無理してでも、借りるのではなく、買ってしまうのは、借りてしまうと、その本が興味を引かない時に、早く返さなければ、とか、気の利いた感想を言わないと、いう気になってしまう。もちろん書き込めない、汚せないからというのが一つ。

また、そもそも万人にとって、良い本、というのはありませんし、同じ人でも読む時期によって感じ方はまったく異なりますから、本書のように、最初はつまらなくても、20年後に読んで感動することもあります。だから手元に置いておきたくなるのですね。特に名著などと呼ばれるものは。

で、生徒のみなさん! 他の人から薦められてもおもしろくなければ、それがどんな有名で、絶賛されていても、しばらくは放っておいていいのです。大事にしまっておくこと。

で、ご父母のみなさま! 『せっかく良い本を買ってやったのに全然読まない。もったいない』 などとは思わないでいただきたい。名作ならいつか手に取るときが必ず来ます。

本書の中にも“おもしろくなければ読むのをやめる”と主張されていますので、私の本書に対する扱いも、お許しいただけるでしょう。

本の選び方や読み方、整理の仕方などのガイドブックでありながら、著者のエッセー風の文章で楽しいです。外国語の本の読み方や、読書を忘れないための工夫や、本の貸し借りについてなどなど、人生に触れながら読みやすくなっています。

おもしろくて、印象に残ったのは、以下の内容です。本は買わなければならない、ケチはいけないというところで、

『本はどんな無理をしても買う。私がいつまでも貧乏なのは、おそらく、この主観主義的読書法の結果であるに違いない。とにかく、書物と細君だけは借りることのできないものと諦めている。』

と、読書法について答え、この一節が、何冊もの高校の国語の教科書に収録されているのだそうですが、教科書では必ず、『細君』という言葉が削られているのだそうです(笑)。

(もうひとつ、ついでに、生徒のみなさん!『細君』 を“ほそくん” とか “ほそぎみ” とか読んでないだろうねぇ。授業できくぞ。)

http://tokkun.net/jump.htm



本はどう読むか (1972年)

講談社

このアイテムの詳細を見る


『本はどう読むか』清水幾太郎
講談社:182P:714円


にほんブログ村 本ブログへ おかげさまで1位です。本当にありがたいことです。
最大瞬間風速に近付いております。まさにあと“一押し”(笑)。
 集計時間がバラバラなのでよくわかりません。
ブログランキング こちらのシステムをご存知の方がいたら教えていただきたいのですが…。

読書  小説  書籍・雑誌  ニュース  育児   book   学校  大学  サッカー  おすすめサイト
『本』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 父の日 | トップ | 『医者井戸を掘る』 中村哲 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
してやったり!!! (kazu4502)
2006-06-19 17:27:24
毎日ご苦労様です、そしてお疲れ様です。

てっきりサッカーを書くと思ったしょう、

引き分けのショックで書くのをやめたんです

(爆笑)

実は今日は絶対日本中のブログはサッカーログになるだろうと思い、わざわざゴルフにしました。してやったり!

ひとそれぞれ、いろいろな教育があると思いますが一つの目標に向かって家族が共に学び、突き進んで行くことって大事だと思うんですね、私も実は二人の女の子の父ですが二人の娘には「小さくてもいい、自分で目標を持ち、それを達成できるよう努力しよう、その努力の過程が大事だよ」って言ってます、

家庭は女房と娘二人、男は私だけでいつも3人に負けてしまいます、「頑固親父」だってさ、畜生め!

今日はコメントいただき、ありがとうございます。
借りてくださ~い。^_^; (HIRO)
2006-06-19 21:01:21
ご無沙汰してます。HIROです。

図書館員としては、本は借りて欲しいのですが・・・。無理に読まなくていいのです。図書館を往復するのが面倒なのは、日本はまだまだ図書館の数が先進国の中で圧倒的に少ないからです。近くにあればスーパーに行く感覚で図書館を利用できます。で、おもしろくなかったら読まずに返却して次のを借りればいいんです。僕はそうしてます。本当に自分が欲しい本は購入します。マンガとか。^_^;

こんにちは (VIVA)
2006-06-19 22:00:58
kazuさん:やっと少し、正体が…。そうですか、男一人ですか。そう聞くと勝手に同情しちゃうんですけど、仲良しで、楽しそうで逆にうらやましいかも。我が家は2対2でございます。



HIROさん:お久しぶりです!そうでしたね。図書館員ですものね。大変失礼しました。我が家の近くの図書館は、私が欲しい本はたいていありません(笑)。HIROさんのブログでちょっとだけ、事情が推測できるようにはなったんですが…。この前は、買う前に図書館などで確認すると言うアドバイスも、ブロガーの方からいただきました。



本の整理、Help me!です。
本はできるだけ買うようにしています (Mizo)
2006-06-20 11:35:56
本はできるだけ買うようにしています。

本の文化が育って欲しいからです。

誰も本にカネを出さなければ、誰も本なんか書こうと思わないでしょうし、そうすると当然いい本なんか出てくるはずがないです。

もちろん一回の会社員の財力には限度がありますから、すべてを買うわけには参りませぬが・・・・

もちろん失敗もありますが、それは割り切って諦めます。
そうですね (VIVA)
2006-06-20 16:43:47
そういう側面もありますね。私の場合は、新書や文庫なら、失敗をかえりみず、どんどん買ってしまい、1000円を超えますと、やや慎重に選び、2000円を超えると、じっくり選ぶというような姿勢が、知らないうちに身に付いてしまいました(笑)。

近くに大きな書店や図書館がないので、アマゾンは非常によく使いますが、手にとってパラパラめくることができないのはつらいところです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。