本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『なぜ人を殺してはいけないのか』 永井均 VS 小泉義之

2006年07月16日 | 教養

『もう、聞きたくない』 と思うほど、殺人事件が連日、テレビ、新聞で報道されます。

数年前 「朝まで生テレビ」 という番組で、中学生がコメンテーターに対し、「なぜ人を殺してはいけないのですか?」 と疑問を投げかけ、一流の論客たちを驚かせたということがあったそうです。

私も塾の生徒から、『 なぜ勉強するの? 大学に行かなきゃ行けないの? 』 はよく聞かれますが、さすがに、殺人について聞かれたことはありません。

ただ、哲学的な疑問を持っている生徒は、毎年、一定割合はいるように感じています。自分の子どもや、生徒にそう問われたら、いったい何と答えれば良いのでしょうか。
『バカなこと言ってんじゃない!そんなこと当たり前だろ!』 では納得できないから、そもそも、そういう問いが出てくるんでしょうから。

本書は全部で三章の構成です。“人気哲学者” のお二人が各一章を書き、もう一章はお二人の対談形式です。対談というよりバトル、はっきりいえばけんかです。双方、気合充分、好戦的です。一方が「殺すべきだ」 と挑発すれば、他方はより根源的な問いかけをします。

が、この対談の章は、私には議論がかみ合っているようには思えませんでした。対談以外の、各々が別々に書かれた内容のほうがずっと読みやすく、私はどちらかといえば永井氏の考えに惹かれます。

仮に中学生が『なぜ人を殺してはいけないのか』 と聞いてきたら何と答えますか?永井氏は、少なくとも、以下のように学校の先生方は答えて欲しいそうです。

『君の問いはまったく正当な問いであり、そういう問いをどこまでもまっすぐに、常識と妥協させずに、とことん理詰めで探求する、哲学という領域がある。それは学習すべき学問なのではなく、自分自身でするものなのだ。そしてそれこそが本来の学問なのだ。だから本当は、他のあらゆる学問は、そういう問いと、それに基づく君自身の探求とに支えられて、はじめて意味を持つのだ。だから、君がそういう疑問を持ったなら、君ははじめて本当の学問ができる端緒に立ったんだ』


http://tokkun.net/jump.htm


『 なぜ人を殺してはいけないのか? 』永井均 VS 小泉義之
河出書房新社:148P:1470円


■■ 記事にご賛同いただけましたら、ご協力お願いいたします。クリックしますと、このブログの人気ランキングが上がります ■■
にほんブログ村 本ブログへ  ブログランキング 


なぜ人を殺してはいけないのか?

河出書房新社

このアイテムの詳細を見る


読書小説書籍・雑誌ニュースbook メンタルヘルス 事件哲学
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『 グーグル-Google 』 佐々... | トップ | 『社会調査のウソ』 谷岡一郎 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
理屈が多すぎる日本 (湖の騎士)
2006-07-17 12:49:23
こんな疑問が出てくること自体が日本人の精神の劣化を物語っていると思います。「では君は殺されてもいいのか?」と聞けばいいことでしょう。大概の子は「ぜったいにいやだ!」というでしょう。「じゃ、自分がいやなことは他人にもするな!」--これで十分じゃないでしょうか? こういう論(?)が本書に含まれているのでしょうか? 永井氏の論はまわりくどすぎます。
Unknown (ポスト)
2006-07-17 13:21:47
 現代人って、自分が被害者になる可能性に対し不感症になっている気がします。

 残酷な映画、テレビ、ニュースで人が殺されるのを見て、加害者は死なないので、自分は死なないのと錯覚している気がします。

 他人に危害を加えて、自分が報復される可能性を考慮しないのは、実は大人も同じなのです。

 人に危害を加えて、自分が最終的に追い詰められ、逆恨みしたり、人脈を活かして偉い人に泣きついたり、子供より見苦しい大人も大勢います。

 そして一緒になって危害を加える偉い人もいるから

世の中救われません。

 現実感覚を現代人は失いつつあるのです。

 まず「人に対するやさしさ、生き物に対するやさしさ、自然に対するやさしさ」そこからはじめるべきだと思います。
先生 (VIVA)
2006-07-17 15:14:23
本当は、おっしゃるとおりで、できれば聞かれたくない質問です。
ポストさん (VIVA)
2006-07-17 15:24:28
こんにちは、ご丁寧なコメント本当にありがとうございます。『ニートって言うな』のところでご紹介しましたように、少年の凶悪犯罪は増えていないのですが、

http://blog.goo.ne.jp/tokkun-book/e/36e45c4fd7c2c269c9c038db2b4002a4

子どもの質は変わっているように感じます。



ご指摘のように、子どもだけでなく、そうした教育になってしまっている、現代日本の大人も現実感覚を大事にしなければならないと思います。これからもよろしくお願いします。
ご挨拶が遅れました (mlc2525)
2006-07-17 23:07:40
 コメントとTBをありがとうございました。こちらが先にご挨拶申し上げるべきでしたが遅れてしまい、申し訳ないです。



 自分のブログでは、わりと極論じみたことを書き散らかしています。それでも、何かの参考にしていただけたのであれば幸いです。



 自分自身それなりに乱読を自負しているのですがこちらで紹介されている本は未読のものが多く、これからも大いに参考にさせていただきたく思います。では、これで失礼します。
mlc2525さん (VIVA)
2006-07-18 14:22:24
こちらこそ、TBありがとうございました。

mlc2525さんのブログのご意見をこちらでも、ご紹介したいくらいです。どうか、ご遠慮なく書き込んでください。



これからも、よろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
なぜ人を殺してはいけないのか (きっと三日坊主)
 とあるブログで紹介されていた。まだ読んだことは無いので、機会を見つけて読んでみようと思う。 なぜ人を殺してはいけないのか?  (永井 均, 小泉 義之)  よく言われる理由は「自分は殺されたくないだろう、だから他人を殺すな」というもの。し ...
その通りではあるけれど (Kazu'Sの戯言Blog(新館))
『なぜ人を殺してはいけないのか』 永井均 VS 小泉義之 仮に中学生が『なぜ人を殺してはいけないのか』 と聞いてきたら何と答えますか?永井氏は、少なくとも、以下のように学校の先生方は答えて欲しいそうです。 いや、さ