本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ラクして成果が上がる理系的仕事術』鎌田浩毅

2006年07月03日 | ビジネス書・マスコミ関連
  
ネット上で薦められていたので、読んでみました。仕事術とありますが、私にとっては、あまり目新しいものはありませんでした。というのは本書の中で薦めていたり、引用していたりする書籍を、ほとんど読んでいたからです。こういうことも時々あるんですね。

ですから、ビジネスマンというより、むしろ、大学受験生や大学生が読んで、仕事やレポートの作成に活かしたらどうだろうかと思います。すべてが具体的で参考になる output の仕方が書かれています。情報処理をどのようにし、無駄なく知的生産へつなげるかというテーマです。

筆者の鎌田先生は東大卒で、京大教授で、ご著書もたくさんある偉いお方ですから、わからない私のほうが、きっと頭が悪いんですが、そもそも“理系” の定義がなされていないので、本書でたびたび登場する“~が理系的” とか “文系だと~” というフレーズがしっくり来ませんでした。

理系なら、そもそもの定義 あるいは鎌田先生なりの “理系とは~” から初めて欲しかったというのが、私レベルの本音です。現在世界が注目している最新の分野は、単独の学問領域を超えた、理系・文系総動員のものが多いと思います。(心の問題が、医療と哲学、倫理、歴史など)

大学の研究者たちが最も注目している研究所ランキング』を当教室のメルマガに載せましたので、参考までに、ご覧下さい。

理系大学: 文系大学 


本書で紹介させている、書籍で私が読んでいたものは、

渡部昇一『知的生活の方法』
カール・ヒルティ『幸福論』
野口悠紀雄の著書、数冊
和田秀樹『能力を高める受験勉強の技術』
斎藤孝の著書、数冊
清水幾太郎『論文の書き方』

他にもありますが、かなり重なってしまった印象で、逆に親近感がわきました(笑)。結局、『筆者ご自身が “ラク” して書いた本じゃないのかなぁ~』 と思いながら読み進めると、最後にその主旨が述べられており、苦笑してしまいました。


http://tokkun.net/jump.htm
ラクして成果が上がる理系的仕事術

PHP研究所

このアイテムの詳細を見る


『ラクして成果が上がる理系的仕事術』鎌田浩毅
PHP研究所:261P:777円


■ ブログランキングに参加しております ■
にほんブログ村 本ブログへ おかげさまで、何とか1位をたもっておりますが…、昨日はお一人だけ(寂しい)。なにとぞよろしくお願いします。
 あっというまに、7位から圏外へ(悲しい)。
ブログランキング 読書  小説  書籍・雑誌ニュースbook サッカーおすすめサイトワールドカップジーコオシム小泉靖国神社


Google PageRank™

『本』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『老兵は死なず』 野中広務 | トップ | 『子ぎつねヘレンがのこした... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感です (グズてつ)
2006-07-29 12:38:45
この本に対する評価に同感です。

火山の本の評判で著者の名を知っていて,思わず買ってしまい後悔しました。あまりにラフな展開に驚くのみです。

著者の専門である火山の本を読んで評価しないといけませんが,何だかショックでした。
グズてつさん (VIVA)
2006-07-30 01:28:33
筆者が才気煥発であることは、確かでしょうが、あまりにも本書の内容は雑な印象を受けました。最後まで読まれたのですね(笑)。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ラクして成果が上がる理系的仕事術」鎌田浩毅(PHP新書) (グズてつの独り言)
ここに書かれていることは,多くの人がすでに思いついていることではないか。ただ,それらが実行できないから悩むのである。この著者は,そのわかりきったことを,得意気にまとめ上げる。しかも,何の根拠もなく「理系的」を乱発する。 理系人間だっていろいろ ...