本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『「ニート」って言うな!』

2006年07月06日 | 新書教養
   
ニートという言葉は2004年から日本で使われ始め、あっという間に社会問題としての認識が広がり、いまや、小学生でも知っています。仕事をせず、学校にも行かず、求職活動もしていないという完全なマイナスイメージです。うちの塾の生徒の中には、『フリーター・ニートにだけはなりたくない!したくない』という生徒・ご父母も多いです。

本書は、実際にこの現象の分析と、危機感をあおろうとする言説の背景にあるものを、実に綿密に調査しています。

まず、現在、『 未成年の凶悪犯罪は増えていない 』 ということはご存知でしょうか。これは 犯罪統計 を見ればすぐに分かりますし、本書に限らず、何人もの識者が、そのことをずっと指摘し続けています。(私の記憶では、宮台真司氏や村上龍氏とか)

ところが、なぜか不安をあおる報道ばかりが続くために、ありもしない “少年犯罪の増加・凶悪化” を信じこんでしまいます。なぜでしょうか。

その現象に乗じて、“売ろう”とするマスコミや知識人、政治利用したい勢力がいます。(視聴率を上げる、売り上げを伸ばす、予算を取る、法案を通すなど)

ニートの場合、報道のされ方は似ていますが、もう少し複雑です。というのは、実際に日本で定義する“ニート” は増えていますから。しかし、筆者らはさまざまな記録や統計を用いて、そもそも労働経済学の問題であるのに、それを家庭教育や学校の問題にすりかえたり、“怠けるな、甘えるな!”あげくには、“切れる○○才”などとキャンペーンをはったりして、犯罪に結び付けようとする動きを批判します。

その結果、まじめな親が、子育てに不安を感じるだけでなく、世代間の不信感を生じます。

そういえば“ゲーム脳” というのもありましたね。いまや“トンデモ本” の代名詞のようになってしまいました。ゲームをしすぎると痴呆になるとか、ここでもまた凶悪犯罪につながる、などという主張で、ソニーや任天堂には大迷惑でしたが、“そうだ!”と大賛成した親ござんも多いのではないでしょうか(笑)。正直申し上げて、私もそんな気がしましたから…。

とにかくマスコミでいっせいに “新情報” として流されますと、忙しく、どことなく若者に不安を感じている現代人は、すぐに情報として取り入れたがるのではないでしょうか。

若者に対するネガティブキャンペーンは、“凶悪系”(酒鬼薔薇聖斗バスジャック事件 佐世保の事件などを持ち出す)と“情けなさ系”(ニート、パラサイトシングル、ひきこもり)に分けて行うという指摘です。

マスコミ主導で大きな風潮が作られるときには、やはり一歩引いて慎重に考える姿勢が必要です。どんな風潮にも、それぞれに複雑な要因がありそうで、一冊本を読んだくらいではなんともなりませんが、ニートに関しては、本書でかなり整理できました。三人でお書きになっているので、まとまりには欠けますが、関心のある方にはぜひお薦めします。


http://tokkun.net/jump.htm

「ニート」って言うな!

光文社

詳   細




■まぁそうだと思われましたら、クリックをお願い申し上げます■
にほんブログ村 本ブログへ 何とか1位です。ありがとうございます。
 ベストテンぎりぎりをさまよっております。みんな強いです。
ブログランキング 瞬間的に…。

読書小説書籍・雑誌ニュースbookおすすめサイト家族旅行趣味ニート就職少年犯罪フリーターアルバイト失業
『本』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  『兵士に聞け』杉山隆男 | トップ | 『宣戦布告(上・下)』 麻生幾 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
連日興味深い内容で (bucky)
2006-07-07 10:31:16
コメントがとても追いつきません。VIVAさん、すごい!

以前読んだ「希望格差社会」でしたか、そこにも今まで約束されてきた高卒なら高卒の、大卒なら大卒の約束された将来はもう無い。とありましたが、好きでニートやフリーターになっているわけでは、本当にないはずです。

格差、下流社会、勝ち組負け組、そいうった言葉を面白可笑しくネタにするマスコミ報道の多くには、このところ特に知性が感じられません。

「格差があるとか無いとか」「あんたは勝ち組だとか負け組だとか」そんな議論より、忍耐強く試行錯誤しながら、成熟した社会とは何かという価値観の移行をも考えながら政策を打って欲しいものです。



主観でなく、客観的事実に… (蛾遊庵徒然草)
2006-07-07 11:11:07
 今日は。

 この本のご紹介文読んで私も今いささか反省しております。

 少年を問わず殺人事件、増加傾向にあるように思っていたら、実際に統計で確認したら一概にそうとはいえず、横ばいの傾向をしめしていました。

 むしろ顕著な急増を示していたのは自殺者の方です。

 こちらは、どれもあまり特異性や話題性がないため無視されてしまうのでしょうか?

 マスコミは何が面白がって見て貰えるか?それによって、スポンサーからの広告料を高く取れるというずしきでしょうか?

 皮肉れば、そしてその本音を代弁すれば、彼らにとっては世の中が悪くなれば成程ウハウハなのではないでようか?

 それが証拠に、猟奇的な事件を報道するときほど彼らキャスターとかの浮き浮きと舞い上がった言動ほど、空々しいものはないように感じます。

 客観的事実に基づく分析と、借り物でない、先入感に囚われない状況に即した対応策の提言、それが大切だと痛感いたしました。
buckyさん (VIVA)
2006-07-07 12:09:04
いつもコメントありがとうございます。そうなんですよね。相互リンクのkazuさんもおっしゃっていましたが、ブログも過激に書くとアクセス数がアップするのだそうです。新聞や、特に週刊誌、テレビなんかもそういう面が強いでしょうから。まじめな報道番組は少なくなっていますよね。視聴率競争が行き過ぎると、より低俗にした方が勝ちのような時期もあったような気がします。
蛾遊庵徒然草さん (VIVA)
2006-07-07 12:17:37
こんにちは、ありがとうございます。統計を見てくださったんですね。小学生低学年くらいですと、本当に驚くのですが、『若い人』という意味で、『ニート』 と使っていた子供もいます。

『リストラ』というのは『クビにする(される)』ことではない!といつも授業で言っているのですが、とうとう社会のテキストにまで、その意味が出てきてしまい落胆しました。そのうち広辞苑にも載ってしまうのではないかと…。マスコミの力はすごいですね。
はじめまして。 (街中の案山子)
2006-07-09 17:03:52
『 未成年の凶悪犯罪は増えていない 』

昨今は、なにか事件が起こると、マスコミがこぞって取り上げ、週刊誌の話題になり…、その頻度がおびただしいので、さも大変な世の中になったように、喧伝する人が多いのでうんざりしていました。被害者家族が、加害者を裁く権利があるような様相すら感じられます。

犯罪は少ないに越したことはないのだけれど、マスコミで大きく拡声されたものに怯えるのも、どうかなと思っていたひとりです。
街中の案山子さん (VIVA)
2006-07-09 17:46:47
はっきり言ってしまうと、“おかしい!危ない”と騒いでいる、マスコミがおかしくて、危なくしているのではないか、とすら思えてきます。



視聴率や発行部数が広告料に連動し(当然ですね)、ニュース番組でさえ、大きなスポーツイベントを“ご覧のチャンネルで完全・独占生放送!”などと宣伝します。



週刊誌は完全に見出し勝負ですから、当然、人の目を引くショッキングなものになりますよね。



じゃあ、NHKといっても…。



難しい世の中になってしまいました。ブログというメディアはかなりのパワーがあるそうですが、マスにはなりきれませんし。



やはりちゃんと本を読んだりして、自分で判断するしかないんじゃないか、そんな風に思っております。コメントありがとうございます。

メディアの力 (ridia)
2006-07-10 11:17:10
情報操作は怖いですね。

影響されたり洗脳されたりしても気づかないでいることがおそろしい。

自分自身の意見というのがどこまで自分のモノであり得るのか・・・考え出すと不安になってきます。
ridioさん (VIVA)
2006-07-10 17:33:26
そうなんですよ。自分の意見と思っているのが、実は外から知らず知らずに住みついてしまうということを、読んだことがあります。本当に情報の取捨選択は難しいです。コメントありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ブログ・情報の垂れ流し (冷たい視線)
インターネットというものは出始めの頃から自己責任というとを言われてきたわけですけども。 ブログができてから思うのは多くの人が情報発信の手段を手にしたため、様々な情報が出てきたってことですね。ある言葉で検索してみたらいる情報もいらない情報もひっかか ...
青空の卵 坂木司 (すばらしき日々)
今日紹介するのはこちら→ 青空の卵 坂木司 不思議な事に、著者と本に出てくる主人公の名前が一緒なんだよ。 体験談!?…なわけないか。 この物語のテーマは、ずばり『友情』!(私の勝手な解釈ですが) 「あぁ、友達っていいもんだな[:ラッキ ...