本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『小泉純一郎最後の賭け』 大下英治

2006年06月30日 | 政治・経済・外交

小泉首相は、いろいろなところへ卒業旅行に出かけたわけですが、国民は、のちの歴史家はこの5年に及ぶ政権をどう評価するのか非常に興味があります。

良くも、悪くも大きな話題がいくつもありました。思いつくままに挙げてみても、

■ 北朝鮮に拉致を認めさせた
■ 自衛隊を海外に派兵
■ 郵政・道路公団の民営化
■ 靖国参拝を続けた
■ 旧橋本派など派閥を徹底的に破壊
■ 不良債権の処理
■ 郵政解散で総選挙の大勝

さらにキーワードだけだと、小さな政府、日米蜜月、抵抗勢力、格差社会、変人、パフォーマンス、骨太、構造改革、小泉チルドレン、などでしょうかね。(大きいものが抜けていたらご指摘を)
野党も、社民党や共産党がますます弱体化し、自由党、民主党が一緒になったり、かなり動きました。

本書は三年ほど前に出たものです。小泉首相と山崎元自民党幹事長、そして加藤紘一氏のYKK、中でも小泉、加藤の両氏を中心に描いた政界ドキュメンタリーです。それぞれの生い立ちから、小泉政権誕生の舞台裏など側近や家族、親戚などを丹念に取材して書かれています。

YKKにとって節目となる出来事、協和献金問題や山崎派旗揚げ、森首相に対する加藤(山崎)の乱、それぞれの大臣就任、そして加藤氏の秘書逮捕から議員辞職、その時々の会話などが詳細に生々しく描かれています。

全体を通して3人の描かれ方の印象は、
■加藤氏:政界有数の実力、人望もありながら、脇が甘い。天下取りをあせって墓穴を掘った。
■小泉氏:信念を曲げないことが良くも悪くも特徴である。政治的センスは天才的で、決断力も抜群にあるが、首相として必要な世界観や経済知識はあやしい。
■山崎氏:能力はともかく人を裏切らない。

450ページにも及ぶ大作ですが、好悪は別にして小泉政治に関心のある方なら、実に多くののエピソードや周りの証言、回想などが織り込まれていて、どんどん読めてしまうのではないでしょうか。大下氏の著作はどれを読んでも読みやすく、政治家が身近に感じられるものばかりです。


http://tokkun.net/jump.htm

小泉純一郎最後の賭け

河出書房新社

詳  細



■ 別のブログへ(ランキング投票になります)よろしくお願いします ■
にほんブログ村 本ブログへ 

ブログランキングBS blog Ranking

読書  小説  書籍・雑誌ニュースbook サッカーおすすめサイトワールドカップジーコオシム小泉靖国神社
『本』 ジャンルのランキング
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★入試に出題された本・No.2 ★ | トップ | 『ヒューマンステイン』フィ... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして。 (milesta)
2006-06-30 12:32:30
初めまして。

VIVAさんの紹介される本は、文芸書ばかりでなくこうしたノンフィクションも多いので、たいへん気に入っています。(拙ブログのリンクに加えても良いでしょうか?)



小泉首相のキーワードといえば、首相就任当初に『米百俵』という言葉を用いて教育の重要性を語っていましたが、実際のところ教育改革は進んだのでしょうか・・・?私としてはちょっと期待はずれでした。

お邪魔します (ましま)
2006-06-30 18:43:18
tani先輩のところで、うっかりミスを犯した縁で、勝手に寄らせていただきました。

 どうぞよしなに・・・・。
milestaさん (VIVA)
2006-06-30 18:56:31
そうおっしゃっていただけて大変うれしいです。竹中氏や中川秀直氏、安倍氏などはずっと小泉内閣をいろいろ支えておりますが、文部科学大臣はいつも改造のたびに変わってしまいます。森元首相が一応文教族といわれていただけに期待していたのですが、小泉さんは教育に関しては、優先順位が低いようですね。リンクはもちろん何の問題もないというか、こちらこそ非常に光栄です。今後ともよろしくお願い申し上げます。
ましま先輩 (VIVA)
2006-06-30 19:06:07
tani先輩のところにおじゃました折に、いつも、ましま先生のコメントなども拝見しておりました。また以前は拙ブログの『聖断』に貴重なコメントもいただき、感謝しております。



実は…白状しますが



ましま先生のお書きになった

【海と周辺国に向き合う日本人の歴史】を読んでおります。最初から小生のような、歴史オンチにはわからないだろうと思っておりましたので、内緒で購入したしだいです。レビューを書くためというより、勉強のタメに(tani大先輩にも内緒で(笑)、ご覧になっているかなぁ~)。



これを機会に、またご質問などさせていただければ、大変うれしく存じます。今後ともよろしくお願い申し上げます。
ありがとうございました。 (milesta)
2006-06-30 20:04:32
拙ブログへご訪問とコメントをありがとうございました。

今後もおもしろそうな本を紹介してくださいね。

功罪 (kazu4502)
2006-06-30 21:32:14
いつもご苦労様です、小泉氏の功罪はあまりにも多すぎてどのように答えていいかわかりません、格差社会をつくったといってもそれは昔からあった話ですし、難しい問題ですね

ただ一ついえる罪は日本の共同社会を破壊したことです、日本と言う「まとまり」を失ったことによって道徳、倫理つまり人生に対しての精神的態度や行動が見事に破壊されました、犯罪が増え、治安が乱れ、今までなかった凶悪犯罪が増えました、これも全て教育を軽んじてきたツケが来たのだと思います。

次の総理には是非、徹底した教育改革を行なってもらいたいですね。

いつもコメント頂き誠にありがとうございます。
kazuさん (VIVA)
2006-06-30 23:55:38
kazuさん、こんばんは、今日はドイツVSアルゼンチンでスタンバッてますね(笑)。私は、橋本氏(現在、危篤だそうで、心配です)や亀井氏がなるよりは良かったと、今でも思っているのですが、やはり『教育』は期待はずれでした。あそこまで、誰の言うことも聞かない(笑)信念は見事ですが…。
先輩! (tani)
2006-07-01 05:59:40
両先生に「!」こう呼ばれると、

ニキビ面の野球少年に戻った感じです。

(実は小生の母校もただ一回だけ「甲子園」に出場したことがあります。



ましま氏の御著書

〝「浪士」石油を掘る〟はまだ入手しておりませんが、その題名や、

「ー石坂周造をめぐる異色の維新史」とのアマゾンの解説、などを読むと、【海と周辺国に向き合う日本人の歴史】以上に、隠れた名著と思っております。

先輩!おはようございます (VIVA)
2006-07-01 07:47:51
そうですか。情報ありがとうございます。読んでみたいと思います。ところで小生の母校は“二度”、甲子園に出ているそうです(勝った)。ただ、まだ得点していないそうです(笑)。
小泉総理の評価 (チキソ)
2006-11-05 19:54:46
小泉総理のしてきた事には賛同したり反対したりでしたが相対的に考えてよい総理と結論付けています。

今、未来の日本を舞台とした自作の小説を書いています。良ければ見に来てください。
チキソさん (VIVA)
2006-11-05 23:09:05
こんばんは、確かずいぶん前にTBくれましたね。高校生でしたね。

そうです。プラスとマイナス誰でもあります。総合点はプラス、少なくともあと数年はその評価でよいでしょう。

北朝鮮の拉致を金正日に認めさせた。日本の言論空間が一気に変わりましたね。

小説、がんばって!期待してます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。