本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『信さん』 辻内智貴

2006年10月20日 | 小説


Shinsann.jpg

つい先ほどのNHKのラジオニュースでは、法務大臣が、いじめによる生徒の自殺を受けて、人権保護の観点から、来週一週間程度を特別に電話相談などの時間を延長した、いじめ対策強化週間のように指定するそうです。(すみません、まだネットで検索しても出てこないので、不正確な表現です)

詳しい内容はわかりませんが、つまりはキャンペーンのようなものだと思います。たとえ一時的であっても、また直接電話をかけなくても、この関心の高い時に、さらにこの問題に焦点を当てる効果はあるでしょう。


このところの飲酒運転撲滅運動はマスコミを巻き込み、かなり大掛かりで、相当な成果を上げたと聞きます。いじめ問題にしても、いじめをしている子どもの中には、悪いことだという自覚にかけたまま、加わっている人もかなりいると思いますので、それが犯罪行為だと知らせる良い機会ではないでしょうか。

親や学校の先生が、自分の子どもや、生徒たちに話をする機会になればなぁ~と思います。これがきっかけで、たとえそれが、わざわざ電話相談をするほどでもない、小さないじめであっても、子どもがそれに気付き、いじめがなくなれば、生徒は救われます。


という訳で、そのニュースを聞きましたので、予定を変更し、小学生でも読める、いじめを扱った良書をご紹介しましょう。麻布中学入試の国語でも出題された一冊です。

本書には、表題の『信さん』と『遥い町』という2作品が収められていますが、どちらも印象深い物語です。


『信さん』の方のストーリーを紹介しちゃいましょう。

場面は福岡の炭鉱の町。すでに結婚し子供もいる“私”が、仕事ついでに、ふと一人で、帰郷し、母親と世間話をしながら、小学生時代を振り返ります。

“信さん”は、“私”の二歳上、子どものいない親戚の家に養子にもらわれてきたのですが、その後、妹が生まれます。何となくその家族から、疎まれる存在になった信さんは、荒れ、街で知らないものがいないほどのワルになってしまいます。

ある日、私が、他の学校の生徒たちにいじめられているところに偶然、信さんがいて、助けてくれます。その折、近くを通った巡査が勘違いし、信さんを叱りますが、私とその母親は、警官に事実を訴えます。

それがきっかけとなり、信さんは、私と母親には、素直に心を開くようになっていきます。 やがて時が経ち、養父が亡くなってしまったため、信さんも最愛の妹を進学させるために稼ぐのだといって、まじめに仕事に打ち込みます。

そして、より条件の良い仕事を求めて故郷を離れる決意をした信さんの運命は…、という話です。


もう一作、『遥い町』では、“私”とは仲が良いものの、いつもいじめられてしまう朝鮮人の友だち、ヨンくんとの物語です。こちらは、ストーリーは書きませんが、やはり最後が印象深く、きっとお子さんの心に残ると思います。


どちらの話も、とても切ないのですが、出てくる人物が、みな精一杯生きており、感覚的には、『東京タワー(リリー・フランキー)』で描かれていた故郷とだぶります。

大人たちが生きていくことになりふり構っていられない厳しい経済状況のなか、多感な子どもたちが、成長したのち、自分や他人の人生を振り返るという点では同じですね。

短くて、すらすら読めるような文なのですが、子どもたちに何か考えさせるのではないか、そんな作品ですから、多くの方にお薦めしたい一冊です。


http://tokkun.net/jump.htm
 


『信さん』 辻内智貴
小学館:112P:1155円



■■ ランキング ■■

最後までお読みいただいてありがとうございます。少しでも参考になりましたら、応援のクリックをいただけるとうれしいです。

人気blogランキングへ    2位です。1位の“半分”に近付いてきました。

にほんブログ村 本ブログ  現在1位です。  いつもありがとうございます。


信さん

小学館

このアイテムの詳細を見る
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

扶桑社

このアイテムの詳細を見る
『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『日経新聞の黒い霧』 大塚将司 | トップ | 公立高校入試に出題される本... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どういたしまして (メタボリック)
2006-10-20 20:20:17
 勝手にトラックバックして、ブログ紹介して、怒られたらどうしようと少し心配していました。



 「できましたら、これからも時々お付き合いいただければうれしいです」とのコメントをいただき感謝しています。



 pcの向こう側にあるウェブが、自分の新しいコミュニケーションの場になっていくことが新鮮な感じがします。



 今後のお付き合いのほど、よろしくお願いします。
メタボリックさん (VIVA)
2006-10-20 20:46:05
はじめてのお付き合いではないので、まったく問題ありません。それどころか、記事に触れていただき、感謝しております。



本当に。他にひどいTBは山ほど来ます(笑)。



こちらこそよろしくお願いします。
辻内さん、大好きです! (風)
2006-10-27 19:39:43
『信さん』を読んだとき、ただただ感動!でした。辻内さんの作品は、なんと言っても悪い人物が登場しない点が好きです。現代のユートピアという感じがします。

『ラストシネマ』『青空のルーレット』『野の風』など氏の作品は全部読みました。心が温かくなります。残念なのは作品数がやや少ない点でしょうか。どんどん精力的に書いて欲しいです。(と、勝手ながら望んでいます)
風さん (VIVA)
2006-10-27 21:07:42
そうですか、辻内さんを好きな方に悪い人間はいないでしょう(笑)。記事にも書きましたが、本書は心に残る作品です。そうですね、ちょうど他の作品をさがそうかと思っておりましたので、すぐにとはお約束はできませんが(笑)、ぜひ取り上げてみたいですね。

(それまで見ていて下さいよ(笑))

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。