本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『子どもはぜんぜん、悪くない。』佐藤弘道 (NHK おかあさんといっしょ)

2006年11月23日 | エッセイ
 

子どもはぜんぜん、悪くない。.jpg


NHKの『おかあさんといっしょ』に出演されていた、体操の“ひろみちお兄さん”をご存知でしょうか?

けんたろうにいさんや、あゆみおねえさんの方の印象が強く(何といってもダンゴ3兄弟!)、私にとっては、影が薄かったのですが、お母さんたちのアイドルだったそうです。 我が家には、ちびっ子が一人、10年前のちびっ子もおりますので、かなり長い間、見ていることになります。


本書はそのひろみちおにいさんのエッセーです。番組を引退し、実に失礼ながら、まるで、歳をとったアイドルの写真集のようで、タイトルもちょっと~、とかなり買うのをためらったのですが、何といっても10年以上のお付き合い(笑)。ですから記念に読んでみました。


当然ですが、大学を出て10年以上たてば、お兄さんも、おじさんの域に入ってきます。佐藤氏も現在は、38歳。番組に出続けている間に、結婚をし、子どもを持ちます。自分も変わりましたが、やはり子どもが変わってきたことに気が付きます。

ただし、タイトルからも想像できるように、彼の目には今も昔も子どもは楽しいこと、歌や体操が大好き。12年間の番組での定点観測から、やはりお母さんが変わってきたのだと確信しているようです。

もちろんお母さんたちを変えてしまう世間の情勢があります。 佐藤氏は新宿の焼き鳥屋さんの息子だそうですから、大都会の変化の激しさを目の当たりにしているのでしょう。学校の先生について、子育て環境の変化についても語り、やっぱり大人がもっとがんばらないと!と主張します。


バクテンをして、大きなジェスチャーで、笑顔をふりまいている姿からはちょっと想像できない、熱いハートを持っている方でした。一つの仕事を10年以上しっかりとやり抜く、やはりそういう方には、何か勉強になるものがありますね。


買って良かった、当たりの一冊! 小さいお子さんをお持ちの方、あるいは先生方にも、ぜひお薦めします。



http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】



■■ ランキング  
■■

最後までお読みいただいてありがとうございます。少しでも参考になりましたら、応援のクリックをいただけるとうれしいです。


  人気blogランキングへ     2位です。

にほんブログ村 本ブログ  現在1位です。






子どもはぜんぜん、悪くない。

講談社

詳  細

『子どもはぜんぜん、悪くない。』佐藤弘道 (NHK おかあさんといっしょ)
講談社:125P:1000円

『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★『試験に出る、時事ニュース... | トップ | 『癒しの楽器パイプオルガン... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (milesta)
2006-11-22 17:46:22
私の知人にも弘道お兄さんファンの「おかあさん」がいます。アイドルっぽい・・・と言う印象を私も持っていましたが、雑誌のインタビューで、やはり最近の子育ての問題点などを語っていて、しっかりしている人なんだと認識を新たにしました。
こんな本があるなら、読んでみたいです。数多くの母子と接してきているとどんなことを感じるのでしょう。
milestaさん (VIVA)
2006-11-22 17:59:04
あっ、やっぱりいらっしゃいますか。そうですよね、人気があるから、12年もお兄さんでいられたんですものね。

私は通常テレビはほとんど見ないのですが、さっき、同じ職場の、monta先生がこの記事を見て、バラエティーにも出てますよ、と教えてくれました。

本書は、若いお母さん向けに書いたのかもしれません。大変平易な文で、率直な気持ちが語られています。典型的な良い人だと感じました。
すでに・・・ (haruママ)
2006-11-22 21:53:29
読んでます・・・(立ち読みですが)本屋さんに並んでて、ついついフラ~っといつの間にか、手にとってページを開いてましたつまらなかったら、やめよう・・・と思いつつ、かなり読んでたような・・・
私自身、あんまり本職の最中の姿を見てはいないんですが(娘が生まれてからちょっとの間は見てたかな?)自分が見てても、スーパーマンみたいなカッコ良さ(子どもと同じ感覚かも!?)がありましたね。常に「子ども」のことを一番に考えてくれてる・・・そんな感じでした。文中も、そのまんまのイメージで読めた気がします。(実は、すでに私も隠れファン!?になってしまった!?)
haruママさん (VIVA)
2006-11-23 00:16:26
そうでしたか。私よりずっと年下の“おにいさん”だと思っていましたが、35歳を越えると似たようなもんですかね(笑)。

純粋さに打たれました。

コメントありがとうございます。しっかりお休みになってくださいよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。