本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『アメリカの戦争の仕方』 Jr.ハリー・G.・サマーズ

2006年10月16日 | 外国関連


Amerika 戦争の仕方.gif


少し前であれば、大ニュースになるできごとでしょうが、テレビで自民党の幹部が『日本も核武装する可能性を検討する』 というような旨の発言を平然としていました。正直、防衛庁などが極秘に検討をするくらいだと思っていた私には、結構ショッキングでした。

もちろんそんなことが、マスコミで言え、それが大ニュースにならない環境にしたのは、北朝鮮の核実験ですね。隔世の感を禁じ得ません。国民の生命と財産を守るという、政府にとっては、風雲急を告げる状況なんでしょう。確かにありとあらゆる可能性に検討を加えてもらわなければなりません。


一方で、沖縄の嘉手納基地に配備する最新鋭の地対空誘導弾パトリオットミサイルの配備に反対する市民団体メンバーが座り込みをし、米兵や港湾作業員が車で入るのを阻止したと報道されました。これにも驚きました。意図がいまだにつかめません。


以前、『日本の戦争力(小川和久)』 などでも触れたように、とにかくアメリカ抜きでは、日本の防衛ができないのが現状ですが、そのアメリカの軍事的思想などを紹介した一冊です。

本書はアメリカ軍の教授が書いたアメリカの戦略をまとめたやや専門的な内容です。アフガニスタン空爆や、イラク戦争(2002年)当時に出版されたもので、筆者自身が1999年に亡くなっています。 つまり、9.11テロが起こる前に書かれているのは承知しておいた方が良さそうです。

さらに、その後のイランや北朝鮮問題、さらに米軍再編などがいわれましたので、現在は修正されているかもしれませんね。ただしパウエル元国務長官は、発売当初「現代アメリカ人必読の書」といったそうです。彼も軍人でしたね。


当時のアメリカ軍が目指す装備というのは一度に二ヶ所で地域紛争を十分戦えるというものだそうです(本書では不可能であると指摘していますが)。冷戦後に次々現れた国際社会の紛争、混乱は、ソ連崩壊によって、核戦争の可能性がほぼなくなったことに起因していると主張します。

独立戦争から現代まで、アメリカの戦争に対する考え方、世界戦略などを解説しています。 目次を紹介しておきましょう。


第1章 軍と国民の特殊な関係
第2章 アメリカの戦争の仕方
第3章 新しい世界の混乱
第4章 戦闘のさまざまな側面
第5章 戦闘のドクトリン
第6章 戦闘部隊の組み換え
第7章 戦闘の技術と作戦
第8章 アメリカ軍事政策の“十戒”

最後の十戒ですが、これがアメリカの戦闘の哲学といえるようなもので、こちらもご紹介しますと

1.“三位一体”の戦争を忘れるな
2.核による戦争抑止力を強めよ
3.海外の核防壁を維持せよ
4.通常兵器こそがカギである
5.敵をおびえさせよ
6.自国の力を錯覚するな
7.技術の罠に陥るな
8.軍隊は平和維持活動地域の周辺を固めよ
9.軍事政策の方向性を設定せよ
10.何よりも、戦闘拡大能力の優位性を維持せよ

以上です。


北朝鮮のおかげで、日本人は、緊迫感を持って、軍事や平和のことを考えるようになった気がします。それ自体は良いことだと思うのですが、ソフトランディングできるかどうか、政治家はここ最近では、非常に重い使命を背負っているわけですね。



http://tokkun.net/jump.htm
 

アメリカの戦争の仕方

講談社

詳   細





■■ ランキング  ■■ 

最後までお読みいただいてありがとうございます。少しでも参考になりましたら、応援のクリックをいただけるとうれしいです。

人気blogランキングへ    3位です。

にほんブログ村 本ブログ  現在1位です。

都築区   個別指導 中川 代々木 大学受験 中学受験 数学 予備校

『本』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『おやすみなさい フランシ... | トップ | 『ナイフ』 重松清 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Mizo)
2006-10-16 21:04:38
「米国の戦略」は最近関心を持っている分野です。ご紹介ありがとうございます。

戦略とは軍事だけにあらず。経済、石油、食糧、言語、教育・・・・、いろいろありますね。
Unknown (sanada)
2006-10-16 21:31:19
中川昭一政調会長は核武装の議論を始めるのは有意義という旨の発言をされたのであり、その結果、持つ持たないを国民が決定するのは民主主義国家として極めて健全な議論のあり方ではないでしょうか。



それを、片言隻句を捉えてなにか過激な発言をしたかのような印象を世間に与え、議論の土台さえ作らせず、はなから言論を封殺させようとしているマスコミに怒りを感じますし、それにのせられている有権者諸氏にはあきれます。



なにをそんなに議論するのを恐れているのでしょうか。



Mizoさん (VIVA)
2006-10-16 22:11:32
こんばんは。コメントありがとうございます。ハンチントンの『分断されるアメリカ』という本を見ますと、移民が多くなりすぎて、これまで有効だった政策でも、工夫しないと機能しないようですね。



こちらこそ、参考にさせていただいております。よろしくお願いします。
sanadaさん (VIVA)
2006-10-16 22:14:17
コメントありがとうございます。

これだけ危機がせまっていると、もうすでに、議論自体をタブー視することは少なくなってきましたね。



理念より、現実の方が進んで来た印象を持ちます。
所感 (ましま)
2006-10-17 10:09:34
こんにちは

私は中川さんよりすこし前に「核武装検討論」を書きました(TB)。二つ条件があります。①言ったり検討するだけなら。②憲法9条を厳格に守り、米軍基地を撤廃したら。です。

①だけで抑止力になるのなら費用ゼロ。②は攻撃に使えないけど役にはたちます。唯一の被爆国として、核軍縮、核廃絶の先頭に立つのです。

 パウエルさん、日本では後藤田さんなどが戦争を知る人でした。現役にはいそうもありませんね。
ましま先生 (VIVA)
2006-10-17 14:34:38
こんにちは、コメントありがとうございます。北朝鮮に脅されながらも、基地撤廃、そして核武装ですか、命がけですね。国民にそこまでの意識がそなわっているでしょうか。

いずれにしろ本当に大きく事態が動いていますね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
<塩崎官房長官>非核三原則変わらない 核保有発言受け by毎日新聞 (ニュース一般)
<塩崎官房長官>非核三原則変わらない 核保有発言受け 塩崎恭久官房長官は16日午前の記者会見で、自民党の中川昭一政調会長が核保有論議を提起したことについて「政府としては非核三原則、一切の核兵器を保有しないという原則は堅
『いつかモイカ河の橋の上で』 中野吉宏 著 (第三書館) (エルミタージュ図書館)
 副題は「会社を休んで59日間 地球一周」とある。  大学を出てフリーターをしながらお金を貯め小さな会社をつくった30代後半の男。一生懸命働くものの不景気も手伝い気持ちは空回り。ちょっとした出来事がきっかけとなり、突然、仕事を放り出し、大学時代以 ...
極論でしょうか ( 反戦老年委員会)
仮想臨時委員会 出席:硬、乙、平、停 ・平 北朝鮮の核爆発実験が騒ぎになっている
むしろ絶好のチャンスとして (サイクルロード ~自転車という道)
先日、ペダルをこぎながらも頭の隅に引っ掛かっていたのは、少し前にテレビで見た視聴者アンケートの結果です。