本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『金美齢と素敵な男たち』 金美齢

2007年04月06日 | 外国関連

 

金美齢と素敵な男たち.jpg


相互リンクの milesta さんの記事に触発されて、しばらく前に読んだ本ですが、私も金美齢さんの本を紹介します。


この書名がいかにも軽く、エッセイ風の読み物のように勘違いしそうですが、中身はなかなか強烈なものです。著者の金美齢氏は時々テレビに出演していますので、ご存知でしょう。台湾独立の象徴だという人までいるそうです。


10人の男性と対談し、その後に金氏がそれぞれにコメントしています。何ということはない企画ですが、対談相手の顔ぶれがすごいですね。紹介しますと…


 リーダーとしての男―小泉純一郎

 闘う男―小林よしのり

 国際人としての男―岡本行夫

 夫としての男―向井万起男

 生活者としての男―池沢夏樹

 癒しを知る男―上田紀行

 バランス感覚のある男―深田祐介

 群れない男―岡崎久彦

 パートナーとしての男―周英明

10
 国を変えた男―李登輝



いずれも興味深い人物ばかり。“闘う男10人の覚悟を満載” と宣伝してありました。日本に必要な男像! だそうです。それぞれ活躍する分野が違うので、闘う相手も異なるのですが、相手の背後で何となく共通して問題になってくるのは、やはり日本の官僚組織でしょうか。

本当に大物がそろっていて、近くにいるだけで相手はものすごい威圧感を持つと思わせる人ばかりですが、金氏はリラックスをして逆に、相手をたきつけるくらいの勢いです。むしろ男性の方がたじろいでいるのではないかと思うほど(笑)。

金美.jpg



金氏に関しては、私は不明にもどういう方か知らず、テレビで短いコメントをいうだけのちょっときれいな知識人ぐらいに考えていました。とんでもない誤解でした。本書を読みますと、勇気ある戦士と言ってもよいくらいの人物だったのです。 


もし仮に金氏のような人物が台湾のリーダーになって、日本と台湾がしっかり協力関係を結んでいたら、かなり違った外交政策が取れたのにと思わずにはいられませんでした。台湾と深い友好関係が築けていれば、アジア外交での選択肢も広がったのかなと。

ただ、以前ご紹介した『還ってきた台湾人日本兵(河崎真澄)』 もぜひお読みいただきたい、考えさせられた一冊ですが、本書を読んでも、日台関係の難しさを痛感します。仲良くしようと言っても、やはり過去の戦争や国内のさまざまな勢力、国際的な政治環境がそれを阻みます。


金氏はこれまで、さまざまな勢力から批判や圧力をかけられ、かなり厳しい状況に追い込まれたこともあったようですが、その信念と情熱はものすごいですね。絶対に諦めないし、グチや弱音のようなものすらありませんでした。見習いたい闘志です。


こういう形式の本の良い点は、一つずつが独立していますから、それぞれが短時間で集中して読めることですね。しかも対談ですから読みやすい。逆に難点は、もっと知りたいと思っても短時間で、あっという間に終わってしまうこと(笑)。

やはりこういう本から、興味を持って、金氏やここに登場した男たちの別の著作、または歴史の勉強をするというのが理想的でしょうか。強い女性は何人も存じ上げておりますが(笑)、それにしても金美齢は強い!そう感じた一冊でした。

 

 ブログランキングです 

男!がんばります。
記事が参考になりましたら、クリックをしていただけるとありがたいです。
 

(2位)

にほんブログ村 本ブログへ (1位)

ブログランキング (2位)

 (6位)
 

   (お試し)
  
  
http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】


金美齢と素敵な男たち

ワック

このアイテムの詳細を見る

『金美齢と素敵な男たち』
ワック:228P:1575円




『本』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『予備校が教育を救う』丹羽健夫 | トップ | 『金正日への宣戦布告-黄長... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (伊藤)
2007-04-06 13:40:31
テレビでよく著者を見かけますが、そんなすごい人だったんですね。対談相手の面々も興味深い方ばかりです。個人的には李登輝さんの対談を読んでみたいです。そう言えば、李登輝氏の『武士道解題』は面白かったです。それから、確か、蔡焜燦氏の『台湾人と日本精神』の中で、金美齢氏について、(小林よしのり氏の『台湾論』騒動だったと思いますが・・・)金美齢氏の活躍振りが書かれていたように思います。
Unknown (milesta)
2007-04-06 16:41:45
私の記事までご紹介いただきありがとうございます。

対談相手がバラエティに富んでいて面白そうですね。私は向井万起男さんと、深田祐介さんとの対談を読んでみたいです。

金美麗さんの強さは、何にも縛られず、思考も行動も完全に自立しているところだと思います。
国民党政権に抗議する意味で亡命したにもかかわらず、李登輝さんが総統選挙に出たら応援する側にまわったというところも、イデオロギーなどに縛られず「本当に台湾を良い国にするには何が必要なのか。」を考えていらっしゃることがわかります。
私の紹介した本の中では「もしも日本と台湾が闘うことになったら、当然台湾につく。」と仰っていました。

世界では、中国の言いなりに台湾を蔑ろにする国が多いですけれど、日本にとって台湾は兄弟みたいな国ですから、もっと大事にしたほうが良いと思うのですよね。
台湾論 (Dan)
2007-04-06 17:17:11
「入国拒否―『台湾論』はなぜ焼かれたか 」という小林よしのり氏と金美麗さんの共著を読んだことがあるのですが、そのとき以来の金さんのファンです。
小林氏は、同じ福岡出身ということもあって、彼の著作は、漫画のみならず、いろんなものを読んでいます。(あ、でも「おぼっちゃまくん」は、さすがに私がかなり大人になってからの作品なので、どうも、受け入れることができませんでした。とくにおぼっちゃまくんのセリフが・・・。)
こんな強い女性、心から尊敬の念を抱きます。
この本を通して、台湾に興味を持ち、いつかは行きたいと思うのですが、まだ実現していません。
そこで、息子の受験が終わったら行こうと思い、「合格したら、じゃ~ん、海外旅行のプレゼントー!よお、太っ腹!台湾旅行だぁ!」と行ったところ、息子からは、「え?ヨーロッパにしてくれる?」という返答。
台湾の良さがわからないとは、嘆かわしい。
ヨーロッパは自分で働き出してから行きなさい。
この本の存在は知りませんでした。
ご紹介してくださって、ありがとうございます。
伊藤先生 (VIVA)
2007-04-06 17:38:20
コメントありがとうございます。そういえば『武士道解題』も話題になりましたよね。私は未読ですが、伊藤先生がそうおっしゃるのであれば、読んでみたくなりました。

(もうひとつ)、そういえば、李登輝さんに来日を認めただけで、中国はぴりぴりしていましたね。以前、ご紹介した、中国暴発という中では、中国は北京オリンピックか台湾かを迫られれば、迷わず台湾を取るというようなことが書かれていました。
milestaさん (VIVA)
2007-04-06 17:46:18
勝手にすみません。いつもコメントいただいているので、何となく身内の感覚で(笑)、やってしまいました。

そうですか、日本VS台湾なら、台湾なんですね。どういう脈略で出てきたのか興味があります。意表を付かれたような気がしましたが、考えてみればそりゃそうでしょうね。

テレビなどで台湾の国会で議員が、特に女性議員が暴れている映像がよく流れる印象がありますが、金美齢さんに限らず、台湾の女性は熱いんでしょうかね。あるいは、そうなってしまうほど台湾では政治問題が、微妙で、白熱しているということなんでしょうかね。

本書を思い出させていただきありがとうございました。
Danさん (VIVA)
2007-04-06 17:51:40
太っ腹!ボクもDan's son になりたい(笑)!また、ヨーロッパにしてくれるという答えも笑えますが、私は台湾で良いです。

私は台湾論は読んでいないのですが、↑の伊藤先生のコメントといい、Danさんのコメントを読んでいると気になります。『台湾論』の騒動をちゃんと勉強してみます。

ところで、juniorは勉強頑張っていますか。いよいよ新学期ですね。良い年度になりますように!
Unknown (雨)
2007-04-06 19:51:12
いつもコメント、ありがとうございます。

池田晶子さんの本の感想も書きたいのですが、最近は元気がない(笑)。

すみません、関係ない話で。

最近、どうも疲れているのです。

あの、例の本、VIVAさんの本を読もうに登場するのを心待ちにしております。ではまた。
雨アニキ (VIVA)
2007-04-06 21:29:05
じゃあ元気出してもらえるように、あの本をしっかり読んでおきますね。お体お大事になさって下さいよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。