本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『灘高キムタツの東大英語リーディング』 木村達哉

2006年07月15日 | 大学受験【英語】参考書など

待望の、灘高キムタツこと、木村達哉先生の東大英語リーディングが発売されました。『東大英語リスニング』が高い完成度を誇っていましたので、注目していました。 ( リスニング3部作について )

本書、東大英語リーディングでは、リスニング以上に、“東大” に特化しています。すべて東大の出題形式に合わせ、しかもそれぞれの問題形式の難易度を、本試験と同程度、それより易しいもの、本試験以上と3タイプに分けるほどの徹底振りです。

従って、当然使える生徒も絞られます。東大を冠するに恥じないレベルを維持しており、同じカリスマ英語教師といわれる、竹岡広信先生の『 超難関突破!解ける!英語長文 』 と好対照です。竹岡先生のテキストでは、英文はとても易しく、短くし、解説に紙幅を割いていましたが、やはりセンター試験レベルという印象を持ちました。本書はまるっきり逆です。

英文も長く、ハイレベルです。文法解説も限られていますから、基礎力がないと使いこなせません (使いこなせない人は私が教えますから当教室へどうぞ!(笑))。要するに、本書では、文法、構文解説を省いてでも、多くの英文を読ませようという意図があることは間違いないでしょう。

さて、本文に使われていて、目に付いた難しい単語を無作為に10個あげてみましょう。

whizz:pester:cryonics:venison:braids:flimsy:batch:slouch:averse:adamant

いかがでしょう。これらの単語の意味がすらすら言える受験生はほぼ皆無でしょう。このテキストではこういうものが容赦なく出てきます。

で、ポイントはここなのですが、本書の主張は、『こんな単語は知らなくても良い。未知の単語は誰にもあるし、本番の東大入試でも遭遇するだろう。ただ、難しい単語を知らなくても得点できる方法は、このようにいくらでもある』 そんな感じでしょうか。

戦略的な読み方を披露し、本試験以上のレベルのものまで、解き方を伝授しているわけです。パラグラフリーディングやディスコースマーカーなどですね。時間配分にいたるまで、細かく指示します。このあたりは丁寧で、私立上位校受験者にも通読させたい内容です。

(一点だけ:P45の解説に(8) 【 any とあるので複数形にする】、とありますが、【 are があるので】 としていただきたい)

CDは付いていませんから、ぜひ東大リスニングと併用して欲しいですね。(もう一点:アルクに言って、一つだけでもいいので、キムタツリスニング日記 からでもログインして、購入した人は住所氏名などを記入の上、音声ファイルがダウンロードできるなんていのはどうでしょうかね。みんなiPod持ってるでしょ?)

それはさておき…、やれば、飛躍的に力は付くでしょう。しかし、問題は一人でやり切れるかどうかでしょうね。この問題集で、キムタツ(失礼)は本書文中の優しい言葉とは裏腹に、まるで『どうだい、このレベルの英文と互角に戦えるかな 』 と東大志望者を挑発しているかのようです。

じっくりやるなら、夏休みからでないと間に合わないでしょう。明日からの連休中にでも、書店で手に取り、最高峰への道の険しさにひるんで、他を探すか、あるいは、この強敵との戦いにあえて挑むのか、じっくり見てください。トップレベルを目指すなら、チャレンジしたら良いでしょう。


ついでにもう一つ。まぁ、考えてみてください。東大を受験する生徒は毎年、1万人程度(前期)しかいません。センター試験なら50万人以上います。どっちを対象に参考書を書いたら得か、小学生でもわかるでしょう。あえて究極の参考書を作ろうとしたキムタツ先生のチャレンジスピリットが立派、そして見事に作り上げた実力にも敬意を表します。


http://tokkun.net/jump.htm


『灘高キムタツの東大英語リーディング』木村達哉
アルク:228P:2310円


P.S.  例によって本書には、東大生インタビューもあります。受験生は読みたがるんですよね。赤本の特派員通信とか…(笑)。我々、塾講師は読まないし、時には不適切なアドバイスがあります(合格した高揚感からついつい…)から、『正直いらない、その分、解説にまわして』 と書こうかどうしようか、ずいぶん迷いました。ところがですよ、本書には私と同じ高校を卒業した東大生、つまり後輩が出ているではありませんか!キムタツ先生がインタビューしているではありませんか!しかもその彼女、良いこと言っているじゃないですか!私もついつい読みましたね~(笑)。

灘高キムタツの東大英語リーディング

アルク

詳細


せっかくですから、今日はキムタツ風でやってみましょう。

■■ VIVA読書ガンバレ!と思ってくださる方は、愛のクリックをよろしくお願いします。■■
m(__)mありがとう!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログへ   ブログランキング


読書書籍・雑誌ニュースbookおすすめサイト趣味自然夏休み英語東大リスニングリーディングセンター試験ドラゴン桜
『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『お金持ちなのになぜか借金... | トップ | 『 グーグル-Google 』 佐々... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
蒸し暑い (kazu4502)
2006-07-15 07:54:01
おはようございます。

いつもお世話になり、ありがとうございます。

英会話が出来るって本当にいいことですよね

私の友人にトムハンクスの映画をみて字幕を見なくても笑う奴がいます、これほど悔しいことはありません、また独り言のように横目で俺をみて「あんな言い方があるんだぁ」なんて俺に聞いてもわかんないよ、でもそれを除けばほんとにいい男です。

kazuさん (VIVA)
2006-07-15 16:02:45
かなりいいお友達ですね(笑)。受験英語は役に立たない代表みたいに言われますが、しっかり勉強すればものすごい威力があると信じています。映画の英語はわかるようにはなりませんけどね。
灘の木村です (キムタツ)
2006-07-16 08:01:39
VIVAさん

灘の木村です。このたびは拙著を取り上げてくださいまして、ありがとうございます!

ちょっと東大の入試より難しいかなと思われる問題も掲載して、

東大受験者のチャレンジングスピリットを刺激したものになっているんじゃないかなと、

勝手に自分では思っております。



また、秋にはライティングも出せたらいいなと思っておりますが、

夏休みにどこまで書けるかが勝負の分かれ目ですね(笑)



今後ともよろしくお願いします。暑くなりましたがご自愛ください。





キムタツ先生!いや本当に… (VIVA)
2006-07-16 18:52:57
ありがとうございます。署名入りのご著書が本日、代々木教室に届いたそうです。

正直申し上げて、『今度、見てください』とおっしゃったのは、社交辞令だと思っておりました。お気遣い恐縮です。



それにしても本当に、フェアプレイ精神旺盛な方なんですね。生意気なようですが、テキストの完成度は新しいものが出るたびに上がっていますね。デザインまでも(笑)。

次はライティングですか。私も指導する中で一番難しいのが、英作文だと思っています。かなりハードルは高くなりますね。

プレッシャーをかけるわけではないのですが、アウトプットに注目が集まっているところですから、気合の入った一冊を期待します。夏休み、あるといいですね(笑)。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。