本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『痛快!ローマ学』塩野七生

2006年07月12日 | 歴史
 
イタリアの優勝で幕を閉じたワールドカップ。やはり鉄壁の守備は健在で、“歴史のあるチーム”の強さが印象的でした。

先にご紹介した、『 君主論 』のマキャベリに関する著作や、全15巻の『ローマ人の物語』 など、魅力的な著作がたくさんある、塩野七生氏もサッカーファンだとは知りませんでした。本書は通常の氏の本とは、かなり趣が異なるつくりです。

私も知らずにネットで購入したのですが、B5サイズの大型です。美しい風景、迫力のある歴代の英雄などの写真などがふんだんに使われ、すぐにでもローマに行きたくなるような魅力的な本です。人によっては、ローマ人の物語15巻分をぐっと凝縮した本、と形容しています。

古代ギリシアの模倣といわれたローマ帝国が、模倣だけで1000年も続くのかという、10代のころの疑問を、半世紀たった今でも追い続けていると、塩野氏は語っています。

なぜローマ、特にローマの男たちにそれほど惹かれるのか、それを思うままに語った本です。歴史書というより、歴史やローマの魅力をわかりやすく解説した本です。私のような歴史を知らない人間にはうってつけの入門書ではないでしょうか。 

そしてローマ史から見た今の日本を語ります。偉大な作家や歴史家が語る現在というのはいつも洞察に富み、新しい視点を与えてくれます。歴史から学べとよく言われますが、本書では随所にそういうエッセー風の記述があり、本書の魅力の一つです。

最後には、ギリシア・ローマの英雄たちで、サッカーのドリームチームまで作って“遊んで”います。イタリアにいれば嫌でもサッカー通になるのだそうです。

塩野監督の攻撃型チームのツートップは、破壊力抜群のハンニバルとアレクサンダー大王、守備方チームでは司令塔にカエサル、ツートップはアントニウスとダキアだそうです(笑)。

旅行ガイドブックのような構成で、勉強にもなり、大変楽しませてくれる一冊です。



http://tokkun.net/jump.htm
痛快!ローマ学

集英社インターナショナル

詳  細


『痛快!ローマ学』塩野七生
集英社インターナショナル:219P:1785円


■■ 記事にご賛同いただけましたら、ご協力ください ■■ 

にほんブログ村 本ブログへ おかげさまで、こちらは何とか1位です。ありがとうございます。
 5位まで来ましたが、さすがに、ここからは一歩一歩です。
ブログランキング 静的リンクって?

読書小説書籍・雑誌ニュースbookおすすめサイト家族旅行趣味ローマイタリアドイツフランス
『本』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『植物はなぜ5000年も生... | トップ | 『論理トレーニング101題... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
強そう! (milesta)
2006-07-12 20:37:49
そのサッカーチーム、すっごく強そうですね。(笑)

君主論と重なってしまいますが、こちらにもTBさせてもらいますね。
milestaさん (VIVA)
2006-07-12 21:28:42
いつもコメントありがとうございます。楽しく勉強になる本です。サッカーのところは最後のわずか2ページだけです。
読んだ人間としての感想 (湖の騎士)
2006-07-12 23:25:16
この本は発刊と同時に買い求めただちに読了しました。絶対にお奨めの1冊です。読んだ私がいうのだから間違いありません。できるだけ多くの方に手に取っていただきたい本です。視野が広まり人間への洞察が深まることは間違いありません。
先生! (VIVA)
2006-07-13 12:15:24
ご無沙汰してすみません。本書に意コメントを頂戴し、恐縮です。



先生の作品の入ったベスト・エッセイ集ももうじき発売ですね。楽しみにしております。

先生と同じ本を選んで、お薦めできたということは、私も少しは進歩しましたかね(笑)。

“視野が広まり人間への洞察が深まる”そう表現すれば良いのですね。今度、どこかできっと使わせていただくと思います(笑)。
Unknown (織彦)
2006-07-13 16:40:12
大帝国ローマもルーツは女性をさらった男だちだったのが意外でした。

何事にもルーツはあるものですが、これもなかなかの類ですね。

とりあえずトロヤの末裔ということになっているようですが。。。
織彦さん (VIVA)
2006-07-13 18:42:34
コメントありがとうございました。本書を読まれたのですか。確かに印象に残る起源でしたね。またお越しください。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。