本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『グーグル・アマゾン化する社会』 森健

2006年12月28日 | ビジネス書・マスコミ関連

 

グーグル・アマゾン化するミ会.jpg


2007年まであと少し。2006年の世相を表す漢字が 『命』 だというのはまったく異存がありませんが、私にとっては、この一年を象徴する言葉は、まさに、この “ブログ” です。

去年までは、当教室 のHPの読書掲示板を担当していましたが、毎日更新なんてとてもとても…。週に1・2回本の紹介をしていただけだったのが、今年はブログにいったい何時間費やしたのでしょう(笑)。


それにしてもホームページを作るのに比べて、ブログとは何とも簡単で、ほとんど無料で、ネット業界のビジネスモデルは完全に新しい形になり、まだまだ進化していきそうな勢いですね。

そんな企業の先頭に立っているのが、グーグルとアマゾンですね。


これまでも、『ウェブ進化論(梅田望夫)』 と 『グーグル-Google(佐々木俊尚)』や『ブログの正体(伊藤譲一)』 など、ネット社会に関する興味深い書籍を紹介しました。

本書も、それらと重なる部分は有るものの、参考になる視点がいくつもありました。まず世界中の検索エンジンで、グーグルがシェア第1位ではないのは日本くらいで、まだグーグルの独走態勢に日本人は気付いていない。アマゾンもアメリカでは、日本とかなり様子が違います。やがて日本に訪れるであろう、グーグルやアマゾンがアメリカなどで実施しているサービスとその意図を解説します。


さらに、世界のネット界の現実を見ると、誰でも情報を発信する、情報の民主化というか多元化が進んでいる一方で、それとは逆の情報の一元化が進んでいることを検証してします。実際、グーグルの検索エンジンに認識されなければ、その情報はネット上に存在しないも同然だというわけです。

実は、私が大変感銘を受けた一冊で、だいぶ前にブログでご紹介した、『新ネットワーク思考 (アルバート=ラズロ・バラバシ)』 の考え方で、物理学の 『つながりの科学(小田垣孝)』 で紹介されている研究にも通じます。

ネットワークを構築する際には、大きなハブが必要で、多極化のはずが、ある面ではそれが一極に集中するという現象を説明、危惧を表明します。


つまり、世界がフラット化しつつあるのは確かでも、そこではネット上の情報が、ネットの世界に限らず、文化や政治にまで波及し、さまざまな一元化を招きかねないということです。

実態経済のグローバル化が拍車をかけますので、世界中がみな豊かになって車を買えるようになって、ふと気付いてみると、どこへ行ってもトヨタ、ホンダ車だらけということもあるでしょう。

実際、日本のどんな新幹線の駅へ行っても、駅前はマクドナルドやスターバックスにドコモ、似たようなビルに同じようなコンビニ、ホテルや銀行ばかり、風景が似ていてつまらないと感じます。(そういえば、マックは北京やモスクワにまであるとか。すし屋もそのうち世界中にできそう)


また、前回の総選挙の時、『靖国神社』 と検索するとどうなったか、『売国新聞』 と検索するとどうなったか。つまりSEOと呼ばれる検索エンジン対策にたけた人が常にさまざまな場面で勝利する可能性があるとも示唆します。

ある言葉を検索し、その結果を3ページ分見る人の割合はほんの数パーセントしかないようで、検索エンジンの前の方にヒットしなければ見てもらえないということですね。

つまり 多くの声がネット上に確かに存在していても、結局、影響力を持つのは発言機会が多く、声の大きいサイトになるということが起きているということです。


ネット社会の進化はまだまだ未知の世界ですから、一概に良い悪いとはいえないところです。何事にも正と負の部分があり、特に黎明期に適切に予想をすることは難しいものです。

かつての日本、現在の中国のように、工業発展の段階で公害問題が出てくるというようなものであれば、経験もありますし、何とか対処の仕方もあるでしょうが、それが、ネットが進化する段階で貧富の差が拡大したり、情報の一元化、独占化が進んだりすれば、かなり皮肉な結果だといわねばならないでしょうね。


さて、来年はどのようにネットと関わるでしょうか?私はほとんど予測不能です(笑)。少なくなることはないかな~と思いますので、来年もよろしくお願い申し上げます。




■■ ランキング、できれば1位で締めくくりたい! ■■

ブログランキングも今年のキーワードのひとつですかね。こいつが無ければきっとここまで毎日は更新しなかったような気がします。でも、その結果、一冊でも良書が生徒やご父母が手にしているとすれば、こんなうれしいことはありません。

グーグル・アマゾン化する社会

光文社

詳     細





受験も、ブログランキングもラストスパートです! 

応援していただけると大変うれしいです。よろしくお願いします。

        ↓             ↓

人気blogランキングへ  にほんブログ村 本ブログ  

 
http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】

『グーグル・アマゾン化する社会』森健
光文社:253P:735円

 

『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事一覧・アップデート | トップ | 『自壊する帝国』佐藤優 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様です (キャンキャン)
2006-12-28 23:07:08
なんだかんだで、今年も暮れてゆきますね。VIVAさんにはいろいろ教えていただき、本を選ぶときの指針とさせていただきました。
受験生諸君には正月なんてないんだろうなぁ。あんまり昔のことで覚えていません(-_-;)
私にとっても、今年7月からブログを始め、新しい発見にときめいた1年でした。
今年は入院せずにすみましたし、良い一年でした。。
キャンキャンさん (VIVA)
2006-12-29 04:54:27

そうですか、入院なしで…。何よりです。HIRO。さんのおかげでキャンキャンさんとも知り合えて、こうして、暖かいコメントまでいただけるようになりました。

単にネット上とはいえ、人のつながりができるのは本当にうれしいものだと感じます。しっかりもののお母さんと、優しいご主人によろしくお伝え下さい。

来年も今年以上に良い年になりますように!
フラット化 (Mizo)
2007-01-03 21:22:21
「フラット化」という言葉、今まで聞き流していました。
改めて考えると怖いですね。画一化されるとそこにはかならず大儲けしている連中がいます。我々はフラット化により便利になっているような気がして、実は搾取されているんでしょうね。
Mizoさん (VIVA)
2007-01-04 01:53:20
Mizo さん、明けましておめでとうございます。

おっしゃるとおりです。平たく言えば、理想的なものを目指しているように見えて、実はさらなる一極集中を生み出している、それにみなが参加しているというアイロニーですね。

見落としてはならない点だと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。