本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『親日派のための弁明2』 金完燮(キムワンソプ)

2006年10月07日 | 外国関連

 
安倍総理が中国、韓国を訪問し、首脳会談が実現するようです。不思議なのは、あれほど“小泉首相が、日中、日韓関係を悪くして、首脳会談もできなくなった” と強く批判していた人々が、安倍総理のこの決定を、よくやった!と褒めないことです(笑)。

いずれにせよ、どんな話になるのか、北朝鮮問題が中心だとは思いますが、靖国や教科書、歴史認識などを取り上げるのか、今後とも首脳会談を継続するように持っていけるのかがポイントでしょうか。

韓国では盧武鉉大統領とも会談します。いつの間にやら、対日強硬姿勢に転じてしまった感のある韓国政府ですが、しばらく前の新聞に“韓国で初めて、ソウル大学に日本研究所が設立”と出ていました。多くの反対を乗り越えて、やっとできたようです。

そうした動きを見ていますと、本当に日韓関係は大きな曲がり角を迎えているのだなと思います。

以前、『そして日本が勝つ(日下公人)』 の中でも、韓国民のアンケートをご紹介しましたが、友好に向かうのか、反日を強めるのか微妙な時期なのでしょう。その意味で今回の日韓首脳会談は日中に劣らず注目しています。


本書は、『親日派のための弁明』 の続編に当たるものです。前書は、韓国では有害図書に指定され、日本では大きな反響を呼びました。正確をきすためか、細かく書かれていましたが、2の方はそれに比べて非常に読みやすく、刺激的でした。

日本、韓国、北朝鮮の関係がとてもわかりやすく解説されていますし、日本の人々に韓国の歴史の民主化を応援して欲しいと思っているようです。韓国政府が日本に突きつける歴史認識では、韓国は世界から相手にされなくなるという危機感があります。

いろいろな本を読みますと、まだまだ現実問題としては、あの韓国でさえ、言論の自由があるとは言い難いようです。実際に、“親日派” というだけでかなり危険なようですし、こんな本を書いてしまった筆者自身も身の危険を感じているようで、家族を出国させていると記憶しています。


そして、教育関係者には、巻末に注目して欲しいのです。教科書問題を取り上げています。

当教室 などでも、講師間でたびたび話題になる歴史教科書ですが、実際、韓国がどのように注文を付け、日本政府がどう回答しているのかということまでは知りませんでした。

本書には、日本の教科書の記述(主に扶桑社)・韓国政府の修正要求・日本政府の回答・そのやり取りの解説が付けられています。非常に参考になります。ぜひ多くの方にお読みいただきたい一冊です。


http://tokkun.net/jump.htm 

親日派のための弁明2

扶桑社

詳  細


『親日派のための弁明2』金完燮(キムワンソプ)
(文庫も出ています)



■■  ランキング  ■■ 

お読みいただいてありがとうございます。少しでも参考になりましたら、応援のクリックをいただけるとうれしいです。

 
人気blogランキングへ   2位です。

  にほんブログ村 本ブログ  現在1位です。 いつもありがとうございます。

『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『輝ける闇』 開高健 | トップ | 『わたしたちが孤児だったこ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
北で警報~~ (ysbee)
2006-10-07 16:25:05
VIVAさん、こんばんは。

ただ今こちらは花金の夜でありますが、ブログ修復の最終作業もあと少し。明日になる前にアップできればいいな~、とセコセコ仕上げております。

というのも、米国では金曜の夜は「TGIF」(Thanks God, It's Friday! )という常套句もあるように、全国民の多分78%ぐらいがレストランやバーへ出かける外食の日であります。従って、テレビ番組は皆目パッとせず。いつもならゴールデンタイムのドラマを見ている時間なのですが、こうしてブログ工事に精出しているわけです。(今はちょっとアイスクリームで休憩時間)



週末気分で、前置きが異様に長くなっちゃいましたが、阿部さんやる気満々ですね。就任早々の中・韓二国を一気に表敬訪問というのは、なかなか見上げたもんです。お体裁だけなら米国に飛んでいるはずなのに、多分花より実を取って、今後のアジア外交の方が重要だと判断なさったのでしょうか。北の核実験阻止か、万一やられちゃった場合の実験後の動きを話し合いに行ったのでしょうか。



米国政治は裏のウラまで読めるようになりましたが、アジアに関してはKazuさんのところで、付け焼き刃で勉強させてもらってます。またあちらでもお逢いしましょう。ではでは。
ysbeeさん (VIVA)
2006-10-08 16:34:53
こんにちは、TGIFってどこかで読みました。なるほどそういう意味なんですね。それにしても8割近くが外食ですか。アメリカの株価が史上最高値を更新し続けていますが、やっぱり景気が良いんですね、きっと。



ysbeeさんのブログ本当に楽しみですから、早い時期に完成していただけるようお願いしますよ(笑)。いつもありがとうございます。
日韓相互理解のために読むべし、かな (非絶対者)
2006-10-13 18:24:44
お邪魔します。

韓国はともかく(笑)、中国に関しては両国首脳の相互訪問が実現しそうで、双方の思惑はともあれとりあえず“関係正常化”のようですね。

「安倍晋三が総理大臣になったら首脳会談もできず、日中関係は悪いままだ」と断言していた一部マスコミや政治家の皆さん、反安倍総理のブロガーの皆さんはどう釈明するんでしょうか。

さてご紹介の本、『2』が出ているとは知りませんでした。

初めに出た『親日派のための弁明』は私も持っていますが、親日はいいのですが、理系の方だからか、論は「ちょっと“合理的な考え”過ぎるんじゃない?」とも思えるくらいでした。

『2』はそれより読み易くなっているとのこと。読みたくなりますね。

教科書問題には元々興味がありますし、子供も就学年齢になりますので、書店で探してみましょう。

購入は、女房殿からの小遣いの関係で困難かも知れませんが(苦笑)
非絶対者さん (VIVA)
2006-10-13 21:05:45
はじめまして。釈明してくれませんよね、きっと次のあら探しに走りそうですね。今回は中国の権力闘争がうまく作用した面もありそうですが、そもそも中国の現執行部は、親日になる雰囲気が十分最初からあったように思います。



韓国はまだ厳しそうですが、さすがに日中が仲良くなって、北が核兵器となると、世界的にも孤立しかねませんから、政権さえ代われば、大きな方針転換がありそうですけどね。



本書は前著より、読みやすいですよ。教科書のところもおもしろかったです。お薦めです。よろしければこれからも時々お越し下さい。コメントありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。