本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『大衆食堂の人々』 呉智英

2007年02月25日 | エッセイ

 

大衆食堂 呉智英.jpg


ブログを通して大先輩から、ベストフレンドまでたくさんの知り合いができましたが、兄貴分という感じがぴったりなのが雨さん。AMラジオと読書を愛する武道家であり、ワンボックスカー1台の運送業。


その雨さんが去年の11月ごろ、メールで、“これを読めよ” と教えてくれたのが、柄谷行人と呉智英の著作です。柄谷の方は『終焉をめぐって』、そして呉智英は本書を読みましたが、『終焉をめぐって』は私の頭では、一度読んだだけでは整理できませんから本書から(笑)。


勉強不足で恥ずかしいのですが、時々、呉智英という“字面”はいろんなところで見ていたものの、これほどの大物だとは知りませんでした。浅羽通明宮崎哲弥小谷野敦までも呉智英氏に心酔しているようですね。


さらに最近は、いじめに関して、


被害者が自ら死を選ぶなんてバカなことがあるか。死ぬべきは加害者の方だ。いじめられている諸君、自殺するぐらいなら復讐せよ。死刑にはならないぞ。少年法が君たちを守ってくれるから


と発言し問題になりました。正直、私もこれを読んだ時、驚きました。たとえそれが“真理”であったとしても、いじめっ子を殺してやろうと考える子どもは、そもそも自殺しないでしょうから。ですから、これはいじめられっ子に対するメッセージというより、実は諸制度に対する皮肉じゃないかと…。


本書は、こういう調子で歯に衣着せることなく、“大衆食堂” という場所に集う人々を観察したり、逆に進歩的知識人とかアイドルなどの有名人を遠慮なく揶揄しています。非常に痛快でした。

また、動物について、子どもについて、女性について、本屋について、あらゆる身の回りのものを題材に、ずば抜けた観察力と独特の切り口で俎上に乗せてしまいます。まるで言葉の料理人ですね。


哲学や文学・歴史を背景にした深い教養がところどころうかがわれますし、全編を貫いてユーモアもたっぷりで、声を出して笑う場面がいくつもあります。上品な内容ではありませんが、単なるブラックユーモアでもなく、実におもしろいエッセーです。


最後の章、『学問のすすめ』だけはまじめに(笑)書いているのですが、ここは考えさせられます。俗受けする美談を語ることによって、知識の詰め込みを批判する勢力を徹底して嫌悪しています。

確か、小谷野氏も何かの著作で、知的怠惰は罪であるというようなことまで、言い切っていたように記憶しています。

一見物分りの良さそうなリベラリズムは、無知のサタンだとまで言っています。受験勉強が地獄だとして、だから何なのだ。受験生は東大をめざせなどなど、それぞれに興味深い指摘が続きます。


そして、吉本隆明について、“進歩的知識人批判を一貫しておこなったこと”において、後世に名を残す思想家と、高く評価しています。おもしろいのは上で取り上げた柄谷氏は逆で、吉本氏に関して、“大衆からの孤立感” を理由に立場を変えたことを批判しています。“知”と呼ばれるようなものはそもそも“大衆”から遊離しているからこそ、知なのだというわけですね。


知とか大衆とか教養とか知識人とか、そういったことを考えるためのヒントがいっぱいありますし、単にゲラゲラ笑いながら読み進めることもできる貴重な一冊でした。


雨アニキの雨ニッキ(笑)。ぜひ訪れてみて下さい。


     ⇒ 『雨日

 

  ■■■ ランキング■■■

記事が参考になったと思われましたら、

応援
のクリック、よろしくお願いします。
 

↓            ↓

人気blogランキングへ  にほんブログ村 本ブログ  

↓              ↓

ブログランキング         


http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】

 

  

大衆食堂の人々

双葉社

詳細を見る

 

『本』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『オリンポスの果実』 田中英光 | トップ | 『歴史パロディ 英雄よみが... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カバーから入るひと…わつし (ysbee)
2007-02-26 08:01:56
VIVAさん、この本もとっても面白そうですね。伝わってきますよ。
それと、内容もさることながら、表紙の絵が気になります。
(いつもカバーで善し悪しを判断する悪いクセがありまして……)

室内はオランダのフェルメールの絵に出てくるような部屋ですが、
設定はしっかり最後の晩餐。
テーブルを囲んで中央のキリストと12人の使徒が……
後ろに立っている二人は召し使い?それとも食堂の親父夫婦?
何だかいわくありげな絵ですね。
目次も12章に分かれていたりして……(深読み・過ぎです)
やけに気になる絵です。
ysbeeさん (VIVA)
2007-02-26 13:14:17
ボクもこの表紙、とてもセンスが良いと感じます。大衆食堂とどう連想させるのか、教養がないのでわかりませんが…。

確認してみますとこうありました。

カバーデザイン…日下潤一
カバー絵…ディーリック・バウツ
「最後の晩餐の祭壇画」
1467年(ベルギー、ルーヴァン シントペーテル聖堂)

ルネサンス時代の作品らしいですね。
1。 (雨)
2007-03-01 13:47:10
 どうも、雨です。

 ヒャー、兄貴分ですか!そりゃ確かにVIVAさんよりは歳上ですが、そんなに5歳も10歳も離れている訳ではありません。

 雨日記にも書きましたが、これは俺(雨)を年寄り扱いにして、自分(VIVA)の若さをアピールしようという、手のこんだ陰謀ではないか?(笑)

 冗談はともかく、呉智英『大衆食堂の人々』を読まれましたか。また随分渋い、昔の本を(笑)選択しましたね。

 ただ昔と言っても内容は古くなっていないと思います。何故なら呉智英という人は知というものを根源から考え、読む価値のあるものしか書かないから
2、終わり。 (雨)
2007-03-01 13:50:54
何故なら呉智英という人は知というものを根源から考え、読む価値のあるものしか書かないからです。 この本は僕が30歳になる前の本なので、もう15年以上前に読んだ事になります。手元に本がないし、うろ覚えで書きますが、確か、『一般大衆というのは、どうしようもない。全く物を知らないし、知らない事も恥じない。おまけにブランコにも乗れる!』

こういう本だったと思います(笑)。
雨アニキ (VIVA)
2007-03-01 17:15:51
おっ、アニキ!いらっしゃい。最近禁酒ばかりですから、まぁ一杯、

そういう本ですよ(笑)。無知に対して厳しい方ですね。そしてそれを助長するような甘言を弄する人を許しませんね。

これからも呉智英、続けて読みます。良い本を教えていただいてありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。