本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『犬と鬼 知られざる日本の肖像』アレックス・カー

2007年02月17日 | 教養

 

犬と鬼.jpg


受験生にとっては、特に都会の生徒たちは雪に弱いので、暖冬はラッキーだと思っておりましたが、どうも度を越しているようで、東京・神奈川では花粉がすでに飛んでしまっているようです。先日取り上げました、ゴアの『不都合な真実』の記述がますます真実味を帯びて感じられます。


それにしても本当に増えましたね、花粉症の生徒。ひどい人になると薬がなければ集中できない状態になってしまいますから、花粉症の生徒には、こちらの方が雪よりもずっとやっかい。いや生徒だけでなく大人も。私はたまたま大丈夫なのですが、私の家族もそうですし、講師にもたくさんおります。


私が最初に、花粉症は日本人の“体質” の問題ではなく、“人災”、つまり官僚の誤った政策の結果であると知ったのは、ベンジャミンフルフォードの『日本がアルゼンチンタンゴを踊る日』 を読んだ時だったと思います。

林野庁だか国土交通省だかの政策で次々に杉を植え続けたが、結局輸入杉を使うために伐採しないまま放置した結果、こんなに多くの国民が花粉症に苦しんでいる。しかしマスコミは指摘しないし、国民は怒らないし、役人は責任を取らないまま、依然として杉を植え続けている、というような指摘だったと思います。

ゆとり教育も同様ですが、何であれ、いったん実施した政策を過ちだったと認めて転換することは官僚は絶対にいやなんですね。さっさと杉を切り倒せば、あるいは他の木に代えれば良いだけだと思うのですが…。


本書もそれと似た観点から日本を批判します。カー氏は父親が海軍の弁護士で、12歳の時に来日し、その後アメリカの大学で日本学を専攻。再び来日して30年以上日本に住んでいるようです。

美しき日本の残像』 という本を日本語で書き、ある文学賞を受賞するほどの日本通ですが、なぜこんな国になってしまったのかと強い怒りと悲しみを持って書いています。

もとは外国人向けに英文で書かれた 『Dogs and Demons』、日本の現状分析の本で、それを翻訳したのが本書です。

外国には「ジャパノロジスト」と呼ばれる日本大好き外国人記者が相当数いるらしいのです。それらの人は自発的に、また中にはいろいろな日系の組織などに雇われて記事を書いているのですが、日本人から見ても、あるいは筆者のような、日本は好きだが非常に問題ありという意見を持つ人から見ても誤解を招くだけとしか思えない記述がたくさんあるようです。


日本の文化を知ったつもりで書いているのですが、何を見てもほめてしまうのだそうです。例えば何の役にも立たないような美術館やダムなどです。

本当の日本の姿を外国人に知ってもらうのが英文出版の意義で、同時に日本人に問題の本質を提示したいというのが日本語版の意義です。日本人にとってはかなり耳の痛い話が続きます。

痛烈な批判が含まれているためか、本書に対する書評は非常に厳しいものも多いですね。“日本に二度と来て欲しくない” とか “外国人の意見だとすぐにありがたがって聞く日本人がおかしい” などなど。


目次を紹介しておきます。

国土―土建国家
治山・治水―災害列島
環境―ステロイド漬けの開発
バブル―よき日々の追憶
情報―現実の異なる見方
官僚制―特別扱い
モニュメント―大根空港
古都―京都と観光業
新しい都市―電線と屋上看板
鬼―モニュメントの哲学
「マンガ」と「巨大」―モニュメントの美学
総決算の日―借金
国の富―お金の法則
教育―規則に従う
教育のつけ―生け花と映画
国際化―亡命者と在日外国人
革命は可能か―ゆでガエル


処方箋を示してはいますが、それがうまくいく可能性はわずかしか残されていないという意見です。自然破壊だけでなく、京都など景観すなわち伝統の破壊、何も言わない国民の幼稚性、官僚の傲慢さ、政治の無力さなどなどを指摘しています。


最後の “ゆでガエル” ゴアの本でご紹介した理論ですね。確かにこんなもの海外で出されたら日本の恥だと憤慨する気持ちもわからなくはないですね。でもそんなカー氏も、35年住んできた日本を離れ、とうとうバンコクへ行ってしまったと聞くと、ちょっとさびしくないですか(笑)。


カー氏の本書に関するインタビューがネットにありますので、よろしければご覧下さい。
 
 → 『アレックス・カー:インタビュー(月刊プレイボーイ)』
 

挑発的ではないのですが、読者を怒らせるほど、刺激的な本ですから、興味のある方はそれを承知の上でどうぞ。

 

 

■■■ ランキング ■■■

がんばれニッポン!がんばれ受験生!

応援の1クリック(できましたら4クリック)していただけるとありがたいです。


↓                 ↓

人気blogランキングへ   にほんブログ村 本ブログ 

ブログランキング      


http://tokkun.net/jump.htm 

(当教室HPへ)

 

 

 

 

 

 

犬と鬼―知られざる日本の肖像

講談社

このアイテムの詳細を見る

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『灘高キムタツの頑張ってる... | トップ | 『日本史の一級史料』 山本博文 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ドキドキ… (あーりー)
2007-02-17 22:59:04
花粉症は、今は大丈夫でもある年に突然なったりするみたいで、僕の友人にもそういう人がいます。

僕もいつか…???
ちょっとしたスリルです。
(´∀`;A

あーりーさん (VIVA)
2007-02-18 16:17:39
そうらしいですね。でも何の根拠もありませんが、40越えれば大丈夫かなと思っておりますが(笑)。

勝手に↑の記事で紹介させていただきました。お許しを。
浦島太郎的月曜日 (bucky)
2007-02-19 12:26:01
ブログ界は、いつもと変わらず先に進んでいました。
この本、私にぴったり(笑)。いや、こう見えて(どう?)結構真剣なのに(何に)。
逆もそうなんですが、ある意見を嫌悪感から頭ごなしに否定するのは止めようと思ってます。
buckyさん (VIVA)
2007-02-19 14:13:48
おっ、どこかに遊びに行ってたんですか?あとからのぞきに参ります。

この本は賛否両論あるようです。私も日本のことが好きなので、外国で言いふらさなくてもという気がしないでもないですが、こうして官僚のことや権力者のことを遠慮なく批判する外国人は日本のためにも良いのではないかと…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。