本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『アイデアのつくり方』 ジェームス・W・ヤング

2006年09月23日 | ビジネス書・マスコミ関連


当塾 の生徒が、『 先生、この本どうですか? 良かったらブログにのせて 』 といって持ってきてくれた本です。良かったのでのせますよ。 (*^^)v 

60分で読めるけれど一生あなたを離さない本 」 

というキャッチコピーにつられ、買ってしまったそうです(笑)。いいぞ、いいぞ。


筆者はアメリカの広告代理店業界の大物で、氏がシカゴ大学のビジネススクールで話した内容が本書の元になっており、ビジネス成功の秘訣、アイデアの作り方を公表したものです。

実際に読んでみますと、アイデアをいかに作るか、効果的な広告について心理学的なアプローチ、情報収集の考え方などを解説します。私は、同じようなテーマの本を、これまで和田秀樹氏、野口悠紀雄氏、また竹村建一氏などの著作で読んでおりましたので、どこかで聞いたことがあるなぁ~という気がしましたが、それらを短時間で再確認できたのが、何よりの収穫でした。

途中、「それにしても、参考文献や言い回しが古いなぁ~」 と思っていましたが、それもそのはず、あとがきを読んで驚いたのですが、本書の初版はなんと1940年、今から65年も前の本でした。昭和15年ですか。ヤング氏自身も30年以上前に、亡くなっているではありませんか。

いったいどうして今頃、本書が店頭にならんでいたのか調べてみますと、テレビ局の有名などなたか(プロデューサー?)が愛読書として紹介したのがきっかけで評判になったらしいのです。

アマゾンをチェックしてびっくり、レビューが何と90もあって、評価も高く、すごく売れている。恥ずかしながら、知りませんでした。

上に挙げた方たちの著作に影響を与えた原型が本書だとしたら、こちらがオリジナルなわけで、革命的な本だったんですね。あとがきまで入れて100ページ、しかも竹内均氏の解説も入るため、著者の言葉はわずか60ページ。読むだけなら、確かに60分で、OKでしょう。

竹内氏も指摘しているように、根本的にアイデアの作り方はなんでも同じですから、すべての学問や、仕事に共通の考え方です。時間が足りなくて本が読めないと思っている受験生やビジネスマンにぜひ。



P.S.
 それにしても、高校生がこういう本に挑戦するのは、実にすばらしいことですね。どんどん探して欲しいです。紹介ありがとう。(^_-)-☆ それで、自戒もこめて…、なのですが、この種の本はたとえ、その内容を理解したり、感動したりしても、それを実行に移す、継続するのが難しい。勉強と一緒ですね(笑)。

http://tokkun.net/jump.htm
 

アイデアのつくり方

ティビーエス・ブリタニカ

詳  細





■■
   challenging な読書!  ■■

今の自分には、ちょっと難しいかな、というような本を読んでみるのは、実にすばらしいですね。よろしければ、紹介してくれた彼のために、1クリック、記事にした私に、もう1クリックいただけると大変ありがたいです。<m(__)m> 生徒をダシに…ズルイかな(笑)?

  (彼のために)  お~!初の2位になっておりました。
                                      いかん、緊張してきました(笑)。 
                                     本当にありがとうございます。心よりお礼申し上げます。

→ にほんブログ村 本ブログ    ついでに私にも…

『本』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『熱血!ジャージ校長奮闘記... | トップ | 『100万回のコンチクショ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (荒川執事)
2006-09-23 10:34:14
結局のところ本質は変わらないということなのでしょうね~。
荒川執事さん (VIVA)
2006-09-23 10:53:38
コメントありがとうございます。ジョークもギリシャ時代から本質は変わらないと、どこかで読みました。そうかもしれません。
> いいぞ、いいぞ。 (tiakujo)
2006-09-23 20:54:07
> いいぞ、いいぞ。

この記事を、ここまで読んだだけで、先生の「いいぞ」が気に入って、買って読むことに決定。

そしてコメントもここまで読んだだけで、書かずにいられなかった。

これより、そのあとを読み、ランキングをクリックしなくては、、、

tiakujoさん (VIVA)
2006-09-24 08:15:58
ありがとうございます。本当に、何がさいわいするかわかりませんね(笑)。これからも頑張りますよ!
ありがとうございました (smooth)
2006-09-25 10:46:37
VIVAさん、こんにちは。こちらこそコメント&トラバありがとうございました。

良い本との出会いも一種の「縁(えにし)」ですから、塾生さんに感謝ですよね。

ウチはビジネス書ばかりで、塾生さんにはまだ早い(?)ですが、今後ともよろしくお願いします。
smoothさん (VIVA)
2006-09-25 17:59:57
そうなんですよね。本というのはいろいろ見ておりましても、どうしても偏りがありますから、生徒であっても、侮れません(笑)。

smoothさんのブログを拝見しておりまして、本当は、はずかしくて出せたもんじゃないのですが(笑)、ビジネス書もわずかながら、アップしております。



こちらこそよろしくお願い申し上げます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
日韓近代史考 ( 反戦老年委員会)
征韓論以前 1 日頃交流を頂いてているVIVAさま主宰の「本を読もう!VIVA読
「アイデアのつくり方」 ジェームス・W・ヤング (著) (マインドマップで読書感想文)
トラバ失礼します。私なんて40過ぎてから(笑)やっと読んだのに、近頃の子はスゴイですね!