本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中学受験 東京・神奈川 いっせいにスタート!

2007年01月31日 | 中学受験関連【算数・国語参考書など】

 
 【東京・神奈川、小6受験生のみんなへ】


とうとう来たね! 明日からだね。

自信満々の人もいれば、不安で不安でしょうがない人もいるでしょう。でもね、もうここまできたら、ジタバタしてもしょうがない。何をすれば良いかというと、今の自分の実力がきちんと出せるように気をつける。それだけ。


もし、今、落ち着かなくて、何かしたい人は、参考書や塾のテキストよりも、過去問をもう一度ざっと見直しておこう。中学受験というのは、常に過去問が最高のテキストだから。間違いない!


明日の持ち物(忘れ物)チェックはしたかな?まだだったら、これを見て確認ね。



 → 『受験生 持ち物(忘れ物)チェックリスト


それでもまだ、落ち着かない人は、genio先生が最後の時事問題のまとめをUPしてくれているから、のんびり復習しよう。


 
→ 【入試に出る時事ネタ日記】



さて、関東地方の天気はどうだろう? 今のところ明日は だ。


もちろん、誰だって合格したいし、先生たちやお父さん、お母さんもめちゃくちゃ合格して欲しいと思っているけれど、今、大切なのは結果を心配することより、最後までベストを尽くすこと。


本番の入試は、学校のテストや模擬試験と違って、満点をねらっちゃダメなんだ。自分のできる問題だけをきちんと解く。それで合格できるはずだから。


だいたいどこの学校でも7割取れば合格できるし、学校によってはたった半分正解するだけで合格することだって珍しくない。だから考え方としては、7割ねらいなら、30点分も間違えてOK、6割なら、40点捨てても合格する!


明日、よ~いドン!で入試が始まってさ、一番最初、出だしに難しい問題があった場合は特に注意ね。 “あっ、わかんない” ってあせりまくっちゃうから。


これは中学生や高校生のお兄ちゃん、お姉ちゃんたちもよくやるミス。できれば、よ~いドンのあと、問題全部を見渡せる余裕が欲しいな。ちょっとぺらぺらっとめくるだけでもね。


“よし!去年と同じ” となるか “あっ変わってる” となるか…、どちらでも良いんだよ、実は。変わってると、きっとあわてるけど、気持ちの持ち方しだいで自分に有利にできる、チャンスかもしれない。きちんと名前を書いてスタートだ!


明日いきなり第一志望なら、何年分も過去問を解いているだろうからすぐに分かると思うけど、ひょっとして傾向が変わっていても、自分ひとり分だけ変わっているはずがない。当たり前でしょ、きっとまわりのみんなも、 “あせり度” は同じ。だから絶対にあわてない。あわてた人が負け。おもしろそうと思ったら勝ちだ。


あわてちゃうのと、急ぐのとは違うからね。


さらに、これも大切。一時間目に失敗するとダメージが大きい。もし最初が苦手科目だったり、得意科目のはずが、“あ~だめだ~” となっても、絶対にあきらめるな。泣きたくなっても、帰りたくなっても、最後の科目の最後の一分まで頑張る。いいね。


もし仮にどうにもなんないくらい、予想以上に難しかったら、まわりの人も同じように失敗しているはずだからまったく心配ない!ガッツポーズ、& ニコニコして、できたふりをしなさい(笑)。まわりはビビるぞ。


大丈夫、これまでやってきたことをきちんと出せれば、必ず合格点に達するんだから。


だって学校の教科書で習うことより、ずっとずっと難しいことを何年もやってきて、それだけですごいこと。すでに志望校に合格できるだけの学力はある。その間に受けた模試結果や、相性や実力をもとに決めた志望校なんでしょ。そのことを信じよう。


勉強もスポーツも、教えてくれた先生やコーチ、そして仲間、最後には自分!を信じられる人が勝つんだからさ。



おっ、あと緊張すると絶対トイレが近くなるから、早めに行っとくようにね(笑)。

最後に、ニコニコで家に帰れるように、ハッピーターンと、“勝ちの種”!さらに、軽くパスするで、“カルパス!”  完璧だ!



ハッピーターン.JPG       勝ちの種.JPG        カルパス.JPG
(クリックで拡大)

 

健闘を祈る!



【ご父母の皆様へ】

一応、受験生向けに上のメッセージを書きましたが、小6でこのブログを読んでいる生徒はまずいません(笑)。もし、明日の入試のことがご家庭で話題になったら、こんなことを伝えてあげるとよろしいかと思います。子どもには目に見えないプレッシャーがかかっていますからね。


でも、中学受験では、本人以上に緊張されているのが、お父さん、あ母さんですね。ひょっとして眠れなくとも、何年間に一回のことです。お子さんの身代わり、犠牲だと思ってがまんして下さい(笑)。


前日の晩ごはんは、縁起を担いで “カツ(勝つ)ドン” くらいで、他はなるべく普段通りで行きましょう。妙に優しくするのは、あやしまれますよ。緊張は敏感にお子さんに伝染しますから、度を越すとマイナスです。


2月1日がいきなり第一志望という方と、2日や3日に第一志望という方がおられます。いずれにしろ中学受験の場合は気分転換の余裕なく、連続で早起きして試験会場に向かわなければなりません。

スタートが良いに越したことはありませんが、万一初日はうまく行かなくとも、当然ですが、引きずらないように気を付けて下さい。


『どうだった』と真っ先に聞きたい気持ちは親として、塾講師としても同じですが、手ごたえが悪かった時は、言いたくないでしょう。子どもによっても違いますね。そして、良かったら、“うるさい!” と言わず聞いてあげましょう(笑)。


やり方はご家庭それぞれだと思いますが、落ち込んでいる場合の対処は考えておいていただきたいと思います。


“12の春を泣かせるな” そんな言葉もありますが、勝負事ですから(笑)、勝ちも負けもあります。そういう試練の場に参加され、これまで心を砕き、見守ってこられたすべての親御さんに敬意を表します。


最後まできっちりサポートしてあげて下さい。


湯島 お守り お札.JPG



心より、合格を祈念いたします。


VIVA


■■■ ブログランキング ■■■

ガンバレ受験生   

応援のクリック、よろしくお願いします。



↓              ↓

人気blogランキングへ  にほんブログ村 本ブログ  

現在1位です。ありがとうございます。


できましたら…、ついでにこちらもよろしくお願いします。



かつては両方とも1位でしたが…。


  9位   

 ブログランキング 2位  

ちょっとずつ上がってきました。


http://tokkun.net/jump.htm 

(当教室HPへ)




ジャンル:
受験
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ネクストソサエティ 歴史... | トップ | 『頭は必ず良くなる』 日垣... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
みんながんばってねー!! (bucky)
2007-01-31 16:51:04
新聞やら、何やら大きなニュースに取り上げられそうな気配ですが・・・全てはVIVA先生からのメッセージの通りだと思います。
VIVAJrもでしょ?フレーフレー!
Unknown (Dan)
2007-01-31 17:34:45
VIVAさんのご子息もいよいよ明日本番ですね。
合格を心よりお祈り申し上げます。
今日の内容は来年受験の我が家の息子のために
早速プリントアウトして、ファイルに綴りました。
buckyさん (VIVA)
2007-01-31 20:33:01
いやぁ~そうなんですがね…。確かに緊張の一日にはなりそうだったんですが、

↓の記事のコメント欄にある、うちの黄色ワインのチビの方

http://blog.goo.ne.jp/tokkun-book/e/9fb5a1e80a9c8a9aabaa8c683b9def29

これが、今日の早朝に、何と自分の口じゃなく、鼻の穴に、ラムネをねじ込んで、とれなくなって大騒動!家中にサイレンが鳴り響いているようで、ったくもう。

そのあと、結局おさまったところを見ると、解けちゃったんだと思うんですが、ラムネが脳に回ったらしく、妙にハイテンション!

カンベンしてくれ~ってね。まぁ、ビー玉じゃなくて良かった、試験当日じゃなくて良かった。そう思って寝ます。メッセージありがとう!
Danさん (VIVA)
2007-01-31 20:41:57
Danさん、いつも励ましのお言葉ありがとうございます。記事にした通りでして、どうなるのか分かりませんが、うちの子に関しては、やれるだけやりましたから、受験が無事に終わりさえすればそれでOKかなと、思っております。

まぁ愚息はともかく、やっぱり小6の受験生はみなけなげに見えます。いつも高3や浪人を教えているせいもありますが、小さいだけに頑張った生徒には成功体験を味わせたいと…。

うちの塾の小6もみんなよくがんばっていましたから、きっと何とかなる!そう信じております。

Unknown (milesta)
2007-02-01 09:36:20
さすがベテランの先生のアドバイスはすごい。納得です。確かに受験にあせりは禁物ですよね。

コメントのラムネの話を読んで、エンドウ豆を鼻に詰め込んでしまった女の子リサベットの話を思い出しました。ロッタちゃんと同じ作者の作品です。お嬢様も素質有り(何の?)ですね。

レゴ→鼻の穴 (bucky)
2007-02-01 10:05:59
友人の子の場合、です。

でも、チビさんは、「抜き」を心得てわざと?
さすが大物、先が楽しみですね。

息子は、今朝夫と「ある現場」を偵察に行ってから登校しました。
milestaさん (VIVA)
2007-02-01 12:17:15
おほめのお言葉、お世辞でもうれしいです。はい。ありがとうございます。

ええ、うちの娘もそちらの方の才能は豊かなようなので(笑)、あとはmilestaさんに鍛えてもらえば完璧かと存じます。(あっ、怒られる)
buckyさん (VIVA)
2007-02-01 12:21:00
レゴはいかんでしょう。レゴは痛いでしょう。その子今、生きてますか(笑)?

そうですか、一年後に向けてちゃくちゃくと進めてますね。すばらしい。私は今日、5時起きでした。パパさん、ママさんががんばんないとね…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。