本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『光と色の100不思議』 桑島幹

2006年07月28日 | 科学

虹や オーロラ という自然現象から、リモコンや液晶というハイテクまで、光や色に関する100の話題、疑問を非常に分かりやすく科学的に説明しています。おもしろいですよ。

難しい公式などは一切出てきません。それでいてアインシュタインの 光量子説 などの現代物理や現代の光工学の技術までも取り上げていますので、とても奥が深い本といえます。中学生以上なら、高校生、大人でも十分楽しめる内容に編集されています。さすが、教科書会社ですね。

また、こんな話題も出てきます。『 医師はなぜ手術室では白衣を着ないのか 』 
ご存知でしたか? 実は、赤色(血)を長時間凝視すると、白を見ても青緑色に見えてしまうからで、もし白衣を着ていると自分の手元が青緑色に見えてしまい、手術に集中できないので、先に青色の手術着を着ているそうです。

このような“なるほど” “へ~” と思うことが100も取り上げられていますから、夏休みの研究課題のヒントになるものが見つかると思います。本書の実験が、テレビで紹介されたこともあるそうです。

興味のある人は、本書のHP がありますので、目次 をご覧下さい。いくつかの実験、解説例も出ています。

夏休みですから、こういった本をなるべく、休み前半に、ご紹介したいと考えております。


http://tokkun.net/jump.htm





■■ おもしろそう、と思われましたら、クリックをお願いします。m(__)m ■■
    ↓         ↓         ↓
 にほんブログ村 本ブログへ  ブログランキング

光と色の100不思議

東京書籍

詳細を見る
『本』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『日本の戦争力』 小川和久 | トップ | 『そして日本が勝つ』 日下公人 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「いわゆるA級戦犯」 (HIRO。)
2006-07-28 23:11:33
ごめんなさい。記事のコメントとは関係ないのですが、小林よしのりの「いわゆるA級戦犯」を一日で読みました。非常に興味をそそられる一冊ではないかと思います。A級戦犯はいないという主旨の本です。ブログに感想を書いてみました。よろしければ、読んでください。ああ、少林寺の学科が・・・。
゜すかいらいたあ」さんの検証してきました。 (街中の案山子)
2006-07-29 07:50:37
今月21日に水族館へ行きました。水深2メートル、10メートル、30メートルと、深度別の海中の明度が再現できる装置があって、実際に泳いでいる赤い魚、水深が深いと、赤が保護色なんだと知識ひとつ増やしてきたところです。

本の話題とズレてごめんなさい。
Unknown (すかいらいたあ)
2006-07-29 10:42:26
色といえば、アンドリュー・パーカーの『眼の誕生』にも色々と興味深い話題が載っておりました。

深海にすむ魚が赤い理由や青魚が銀の鱗を持つ理由など。



疑問に感じたことすらなかったような事柄にもきちんとした理由があるというのは面白いものでした。



HIRO。さん (VIVA)
2006-07-29 12:06:45
拝見しましたよ。HIRO。さんがそこまではっきりおっしゃる本は珍しいですね。私もすぐに買って読んでみますね。
街中の案山子さん (VIVA)
2006-07-29 12:13:48
いいえ、まったくずれておりませんし、このブログには掲示板がないので、ずれていても構いません(笑)。HIRO。さんのように(ごめんなさい)。



水族館でも、動物園でも、ぼ~としていると、“すご~い”で終わりますが、いろんな知識をもってながめると、いろんなことがわかりますよね。子どもを自然教育だとか、社会見学に連れていくときには、そういう基礎知識をいれてやってからにして欲しいですね。



私もずれたかな?
すかいらいたあさん (VIVA)
2006-07-29 12:23:46
『眼の誕生』、おもしろそうですね。クリエションとエボリューションの話と関係しているのでしょうか。早速チェックしてみます。
『眼の誕生』は (すかいらいたあ)
2006-07-29 22:59:25
化石の証拠を見ると、5億4300万年前のカンブリア期に生物の多様化が爆発的に増加したことが知られています。一般に(勿論狭い世界の一般ですが^^;)、カンブリア爆発と呼ばれます。



なぜこの時期に生物進化が起こったのか、という謎を解き明かすのに、眼の仕組みから色の理論まで多くの実例を元に話を進めていて面白い本でした。



>街中の案山子さん

私も今度水族館に行くときには検証したいと思います。検証の報告ありがとうございました。



>VIVAさん

ええ、おっしゃる通りなのですけど、博物館に行く前に本を買えども積読で終わってしまうんですよね。

買っただけで満足してしまうのか不明ですが。



我が子のためにもっと勉強しようと思います。
すかいらいたあさん (VIVA)
2006-07-30 01:32:58
なるほど!



我が子のために…ですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。