本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ことばはちからダ!現代文キーワード』 河合塾講師(牧野剛・吉田秀紀・前島良雄・三浦武・後藤禎典)

2007年02月19日 | 大学受験【国語・社会】情報・参考書

 

言葉は力だ.jpg



本来は大学受験国語、現代文の参考書ですが、受験生だけに読ませておくのはもったいない。受験に関係のない人にも広くお薦めしたい一冊でした。

石原千秋によれば大学入試の現代文の様変わりで、その特徴は、“近代批判”と“論理性” だそうです。そうした現代文におけるキーワードをいくつか取り上げ、その意味や使いかた、ちょっとしたテストを付けた内容になっています。


英語の成績においても、国語力は最後でモノを言いますが、国語力とはまず何よりも、言葉を正確にたくさん知っていること。もちろん読書が良いことは確かですが、たくさん読んでいても、ボキャブラリーが貧困な人もいます (お前のことだ!と言われそうですが、とりあえずそれは置いといて…)。

逆に本を読まない人でも、ニュースや新聞をチェックしている人、問題意識の高い人の方が自然と語彙が豊富になっています。


もう一つ、最近特に重要だなと感じるのが、論理性です。国語力なのか、数学的なものなのかは別にして、論理的な展開が読めたり、書けたりすることですね。特に英語は論理展開が重要なのですが、一定レベル以上になりますと、日本語に正しく訳しても理解できない生徒が出てきます。英語力ではなく国語力に問題ありです。

もちろんコミュニケーションの手段としての言葉も重要ですが、それ以上に我々は言葉で考えますから、思考における言葉の重要性もはかりしれません。知らない概念は考えようがありませんから。


例えば英語では、idea 一語でいけそうな、“概念” “観念” “理念” という日本語はやはり違ったニュアンス、または意味がありますし、“文明” と “文化” の違いもきちんと認識しておかなければ正確な読み取りは不可能になります。

本書はまず基本的な20語(中学生レベル)から始まり、それらの語の意味や文の中での使われ方、読解のポイントなどを指摘します。徐々にレベルアップし、最後は、カタカナ語(モチーフ・カタルシス・ロゴス・パトス・アンビヴァレントなど) も解説してあります。

単に語の解説だけでなく、ポストモダンという時代背景に即したさまざまな分野のキーワードが取り上げられており、非常に勉強になる一冊だと思います。国語の勉強としてというよりも、社会を知るという意味で、私の担当している高校生には英語の宿題としてでも読ませたいと感じます。

ことばはちからダ!現代文キーワード―入試現代文最重要キーワード20

河合出版

詳細

■■■ ランキング ■■■

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援の1クリック(できましたら4クリック)していただけるとありがたいです。


↓                 ↓

人気blogランキングへ   にほんブログ村 本ブログ 

ブログランキング      


http://tokkun.net/jump.htm 

(当教室HPへ)

 

 『ことばはちからダ!現代文キーワード』 河合塾講師(牧野剛・吉田秀紀・前島良雄・三浦武・後藤禎典)
河合出版:208P:861円

『本』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『日本史の一級史料』 山本博文 | トップ | 『「勉強したくない!」を活用... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
英語と国語 (あーりー)
2007-02-19 16:54:31
優秀な通訳・翻訳家は、英語力だけではなく日本語の力も優れていないといけない、という話をむかし聞いたことがありますが、まさにそうなんですね。

p.s.拙著をAmazonでご購入頂いてどうもありがとうございます。
m( _ _ )m
あーりーさん (VIVA)
2007-02-19 18:46:33
当然でしょうね。ですから昨今の会話中心の英語の教科書や、まるで幼児の絵本のような薄っぺらな内容には正直がっかりしております。

気に入れば、続けてどんどん買いますよ!(あっ偉そうにすいません)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。