本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『韓国の軍隊 徴兵制は社会に何をもたらしているか』 尹載善

2006年09月04日 | 外国関連

『 そして日本が勝つ 』 の記事で、韓国における、日本人気の高さをご紹介しましたが、アジア以外から見ていると、きっと日本と韓国は同じように見えるでしょうね。国旗は似ていますし、近くですし、何と言っても、ワールドカップサッカーを仲良く共催したんですからね。

しかし、『 日本人らしさの構造 』 でも触れたように、日韓の文化には大きな隔たりがあります。韓国には徴兵制があることも、今の日本との大きな違いです。

韓国の首都ソウルと北朝鮮の軍事最前基地の間は、最短48km、車だとほぼ40分の距離だそうです。かつて“ 戦闘開始から数分でソウルを火の海にする ” というような北朝鮮からの発言もありました。

当然のことながら、万一不穏な動きが認められた場合の危機感や市民の恐怖感は、海を隔てた日本とは比べ物にならないはずです。現在は表面上、平時を装ってはいますが、国家の備えとしてまだまだ、徴兵制は韓国では不可欠のようです。

日本人にとっては、徴兵制ほどおぞましいものはないという感覚ですが、ドイツでも徴兵制があり、“国防” という意識がみなにあるので、徴兵制はもっとも公平で民主的だと考えていると聞いたことがあります。単純に言えば、納税と一緒で、いやなことはみんなで負担しようということです。  

本書は韓国軍の簡単な歴史的経緯や、構造、その使命を解説した上で、“徴兵制は社会に何をもたらしているか”というのを考察した一冊です。しばらく前に、韓国プロ野球選手50人ほどが徴兵逃れのために、違法な薬を使ったことが報道されました。

やはり誰も好き好んで人格を無視されるような厳しい軍隊訓練を望みませんし、一流アスリートにとって、20歳前後の伸び盛りの二年間を軍隊で過ごすのは何とも残酷です。が、国防は何にも変えられないという意識でしょう。

北朝鮮の拉致問題が明らかになって以降、日本の中にも、“平和はただじゃない” という意識が高まってきましたね。中国の日本側水域付近の油田やガス田の開発問題、ロシア軍による日本船員銃撃と、韓国との竹島問題。最近はそういうニュースも多くなりました。

国防を強烈に意識する安倍さんが政権に付くと、これからさらに論争が始まり、イヤでも意識せざるをえなくなりそうです。

筆者は、軍隊のない平和なアジアを理想とします。だからといって韓国の徴兵制廃止を主張したり、軍や武力そのものを否定したりしません。徴兵を終えてこそ大人として認められるという韓国思想というか、軍隊文化というか、そういうものを紹介し、多くの兵士達の生の声を伝えています。

軍隊がいかに厳しいものかということもわかりますし、正直、彼らに同情の念さえわいてきてしまいます。日本の自衛隊を取材した『 兵士に聞け 』 と読み比べますと、日韓の軍人の意識の差も興味深いです。


http://tokkun.net/jump.htm 

韓国の軍隊―徴兵制は社会に何をもたらしているか

中央公論新社

詳細を見る


『韓国の軍隊』 尹載善
中央公論新社:249P:798円



■■ 日本は恵まれています ■■

多くの国にとって、平和も水もただじゃないんですね。徴兵制もなく、とりあえず勉強をしっかりしていればOKの日本の18歳の受験生は、それだけで幸せ者なんですね。だから、文句を言わず、しっかり勉強しようね(笑)。ハイ、わかった人は、どうか  クリックして下さい。<m(__)m>

→ にほんブログ村 本ブログ   人気blogランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『一神教VS多神教』 岸田秀 | トップ | 学問のすすめ・最中(もなか)  »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kazu4502)
2006-09-04 15:58:10
いつもお世話になります。

徴兵制は感情的にいやですね、今から徴兵制と言っても経済的なマイナスは計り知れないですよね、それから日米安保の関係からいいますと、専守防衛的な観点から今の日本には必要がないと思います、それから今の若者気質は意外に日本の国防についてアジア諸国の若者より意識が高いんですよ、これはアンケート調査でも実証されています、事実韓国より国防意識は高い、驚くべきことです。

軍事教練により国防意識を注入するより、祖国を守ると言う防衛意識が教育によって行われたほうがより強くなると思われますがいかがでしょうか、これを言いますとすぐ左巻きの連中が軍国主義だと言いますがいまどきの近代日本で軍国主義って時代錯誤も甚だしい限り、立花隆や筑紫哲也など彼らの社会主義思想が何千万人と言う人たちを虐殺、蹂躙したことをまったく総括しないで今の日本の批判をします、立花隆などは安倍政権になったら第二次近衛内閣と同じだなんて言っているんですよ、党内がすべて勝ち馬乗ったからですって、そして自民党が大政翼賛会に成ってしまったと、全体主義だと、このような人間がまだ存在するんですからたまげますね。(爆笑)

この人たちはまだ大東亜戦争の自縛から逃れられない、彼らが戦後60年の堕落した日本を作ってきたんです、自分の国を愛するな、日の丸は侵略戦争の名残だ、国家を歌うな、いつまでこんなことを続けるのでしょうか、同じ日本人なのに、ほんとうに彼らの責任は大きいと思います。

kazuさん (VIVA)
2006-09-04 18:21:50
kazuさん、コメントいつもありがとうございます。韓国以上に日本の若者の国防意識が高いという調査結果があるんですか。驚きですね。



ただ、北朝鮮の拉致、ミサイル問題、中国の反日デモや、サッカー会場での乱暴などで、急速に生徒たちに、中国・韓国嫌いが増えているのは確かですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。