本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『シービスケット』ローラ・ヒレンブランド(著) 奥田祐士(訳)

2006年10月02日 | ノンフィクション
競馬というのは、実に不思議な競技です。

というのも、ギャンブルとして忌み嫌われる一面と、まったく逆の、キングオブスポーツと呼ばれ、天皇賞やエリザベス女王杯といった名が表わすように、国の最高の栄誉が与えられるという一面があるからです。

凱旋門賞、ディープインパクトの場合は、まさに後者で、NHKの生放送というのは、史上初だそうですね。フランスの上流階級らしき、きれいに着飾った紳士淑女がたくさん観戦していました。日本からの応援団は普段着が多かったように見えましたが…。

3着、残念でした。もちろん勝って欲しかったのですが、これこそ良い夢を見させてもらったという気がします。オリンピックやワールドカップで負けるのは悔しくて、その気持ちが尾を引くのですが、競馬だと“夢”だったんだと感じます。みなさんはいかがでしょう。


さて、本書です。

1938年(昭和13年)、
世界恐慌 を経て、戦争の足音が近付くアメリカ…。

この年、新聞を最もにぎわしたのは、第4位、
ムッソリーニ、第3位、ヒットラー、第2位がルーズベルト大統領。そして何と第1位は、政治家でも、大リーガーでも映画俳優でもなく、シービスケットという足の曲がった小さなサラブレッドでした。

まだラジオしか普及していない時代に、これほど人々の心をとらえた一頭のサラブレッド。本書はその馬をめぐるノンフィクションです。 


自転車修理工から車社会の波にうまく乗ったオーナーのハワード、ほとんどしゃべらず馬のことしか知らない無名の調教師スミス、ボクシングの試合に出ることによって日銭を稼ぎ、そのために片目を失明しながらも、この馬にかける騎手のポラード。

この3人が地方の競馬でもほとんど勝てなかった一頭の馬を奇跡の名馬へと変貌させます。荒らくれだっていた時代の残酷な競馬社会で起こった実際の感動物語です。

冒頭で述べました、競馬に対するマイナスイメージの典型のような状況から、ディープインパクトのように、いや、それ以上に、国中が注目するヒーローになってしまうわけです。


競馬の知識に関係なく楽しめる内容で、後半の大勝負の場面などは本当に手に汗握ります。ノンフィクションではありながら、よくできた小説のようでもあり、アメリカではベストセラーの上位にランクされ、映画化もされました。


500ページを超える大作ですが、時間を忘れて読める作品でした。


シービスケット―あるアメリカ競走馬の伝説

ソニーマガジンズ

詳  細
シービスケット プレミアム・エディション

ポニーキャニオン

詳    細

http://tokkun.net/jump.htm 


『シービスケット』ローラ・ヒレンブランド(著) 奥田祐士(訳)
ソニーマガジンズ:521P:1890円(文庫もあります)



■■  名馬の影に  ■■

こうして、人々の記憶に残るような名馬というのは奇跡に近いわけで、その影には無数の普通の馬たちの、時には悲惨な現実があります。以前ご紹介した 『
馬の瞳を見つめて(渡辺はるみ・著』 は、それを取り上げた、本書に劣らぬ、逆の感動物語です。よろしければご覧下さい。ランキングです。ちょっと停滞気味です(笑)。

応援のクリックお願いします。 → 
 3位です。

できればこちらも→ 
にほんブログ村 本ブログ ありがとうございます。1位です。  




個人的にちょっとうれしいニュース:ガンメタルブラック3勝目!クラシカルウィーク3着。
『本』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 都会の秋祭り | トップ | 『いま魂の教育』石原慎太郎 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
映画を思い出します (ysbee)
2006-10-02 15:06:03
ベストセラーになった本は読んでいませんが、映画は見ました。ちょうど30年代の大恐慌真っただ中の社会背景が上手に織り込まれていて、人生での挫折と克服をへて勝利の栄冠にいたる主人公の道のりが、不況にあえぐ人々が希望を見いだすプロセスと重複して、見た後とてもしあわせな前向きの気分にひたれました。

小説ならきっと、もっと感情移入できるでしょうね。
ysbeeさん (VIVA)
2006-10-02 17:48:12
私がこれを読んだのは、映画化される前だったのですが、確かに、映画だったらおもしろいだろうなと思った記憶があります。



また、これまで何かの映画評で、競馬の映画は難しい、特に肝心の迫力あるレース場面を撮るのが、そうらしいのですが、“シービスケット”ではうまくできているなどと書いてあったような気がします。



結局、見ないままになってしまいましたが、凱旋門賞を久しぶりに見て、シービスケットを見てみたくなりました。
これはよかったです! (ふる)
2006-10-04 16:59:30
競馬に興味ないのに、面白い!興奮した!

と周りに薦めていたら、その必要もなく結構売れたみたいですね。



映画も見ましたが、なかなかの出来でしたよ。

あの小説をどう映像化するのかな?と若干心配してましたが(笑)
ふるさん (VIVA)
2006-10-04 18:11:42
えっ、ふるさんも読まれたんですか?しかも映画までご覧になった。でも競馬に興味ないから、ディープインパクトは見ていないとか?



やっぱりレンタルしよう。
競馬に興味ないのに・・・ (ふる)
2006-10-06 00:16:55
ディープ・インパクト見てしまいました(苦笑)

しかも応援してしまいました。

しかも手に汗ちょっと握って。



本も映画も同じぐらいの高い出来だと思いました。

ふるさん (VIVA)
2006-10-06 09:54:55
ディープ残念でした。でも引退はしないようですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。