本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ロスチャイルド家―ユダヤ国際財閥の興亡』横山三四郎

2006年09月30日 | 外国関連

 
ロスチャイルド家は世界でもっとも知られている財閥ですが、しばしば金で国家をも動かす力すらあるといわれます。そしてロスチャイルドといえばユダヤ人。世界の金融を支配し、全世界の富を独占しようとしているという、陰謀説もあとを絶ちません。

日本の歴史にも深い関係があります。日露戦争というのは、外から見れば到底勝てる戦争ではありませんでしたが、ロスチャイルド家がユダヤ人社会に、日本への巨額の融資の根回しをしました。ロシアはユダヤ人を迫害していたために、日本を応援したかたちです。


本書はロスチャイルド家の歴史を、ユダヤ人や世界の歴史と重ね合わせて解説したものです。

ロスチャイルド家の物語は、今から200年以上も前、ユダヤ人がゲットーと呼ばれるスラム街に強制的に押しこまれている時期、初代マイヤーが起こした古銭業から始まります。それに成功し、やがて高利貸しになるわけです。

そして、マイヤーが、その死に臨んで5人の息子たちに、束ねた5本の矢のように結束し家業を発展させるように遺言します。その5人はヨーロッパの主要都市、フランクフルト、ナポリ、ロンドン、パリ、ウィーンへとそれぞれ渡り、遺言と ユダヤ教 をしっかり守りながら、ロスチャイルド家をヨーロッパ一の金融王国に育て上げていきます。

それを可能にしたのは、兄弟の結束の固さもさることながら、彼らが引いた情報網です。現代こそ、情報の価値は認識されていますが、当時からそこに目をつけていたんですね。日露戦争時に伝わった情報はどんなものだったか知りたくないですか?それで巨万の富を得たと言われているのですから。

おもに政府の起債を担当したり、鉄道などの大規模事業に投資したりすることによって、拡大していきますが、この200年は革命や戦争も多く、また何といってもユダヤ人ですから、さまざまな迫害や、存亡の危機も経験します。ヒトラーにもやられました。

しかし、何とかそれを切り抜け、戦後イスラエル建国に力を尽くし、現在も世界中に影響力を保ち続けていることは本当に驚異的です。

本書にはその過程と「こんなところもロスチャイルドか」というような例がたくさん紹介されています。


ダイアモンドで有名な『デビアス』、アメリカ最大のタバコ会社『フィリップモリス』、コーヒーの『ネッスル』や、紅茶の『ブルックボンド』、新聞の『タイムズ』と『ザ・サン』、通信社の『AP』や『ロイター通信』、アメリカの三大ネットワーク!さらに数多くの銀行などなど…。ちょっと信じられないほどですね。


以前ご紹介した『 ユダヤ人とローマ帝国(大沢武男) 』も非常にわかりやすい良書でしたが、本書とあわせて読むと、中東情勢への理解がより深まると思います。

イランやイラク、パレスチナとなぜイスラエルが血みどろの戦いを続けるのか、日本人とはまったく異なる、宗教、歴史がそうさせるということが痛感されます。興味のある方にはお薦めできる一冊です。



P.S. すぐに勉強と結びつけると、生徒は引いてしまいますが(笑)、ユダヤ人迫害と中東に関して、genio先生にお願いしてまとめてもらいました。

受験生は要チェック! → 『入試に出る!時事ネタ日記_


http://tokkun.net/jump.htm
 

ロスチャイルド家―ユダヤ国際財閥の興亡

講談社

詳  細


■■ 
 
金持ちけんかせず  ■■
 

と言いますが、ロスチャイルドの歴史は、戦いに次ぐ戦い。ユダヤ人は優秀だとも言われますが、その血塗られた歴史がそうさせるのか、その闘争心と執念、信心深さは日本人とは異質ですね。イスラエルが安定するには、あと何百年かかるのでしょうか?

ランキングです。よろしければ、応援のクリックお願いします。

→   あっ、とんぼをUPしている間に抜けれてしまいました(笑)。よろしくお願いします。

できればこちらも→ にほんブログ村 本ブログ ありがとうございます。1位です。  

『本』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とんぼ | トップ | 『ダーウィンの足跡を訪ねて... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
脱帽! (お絵かきじいさん)
2006-09-30 16:48:22
いやあ、恐れ入りました。

大変な「読書力」ですね。

     ↑

 こんな言葉あったかな。

脱帽です!
どんぴしゃの本 (ysbee)
2006-09-30 20:21:49
この本、まさにちょうどここ半月ほど探し求めていた本です。

英語の本は、著者がシオニストか反シオニスト(反イスラエル主義者)かの両極端に偏っていてなかなか読みやすいものがなかったので、この本のように端的に判りやすく総論でまとめたものがあるとは、大助かりです。(日本語だし :)



今後の世界情勢は中東が台風の目で、イスラム教国とイスラエルの対立を抜きにしては考えられないでしょう。また米英両国も、経済の根底ではユダヤ人に牛耳られているのですから、イスラエルの歴史と思想を理解することが、現況の対立の原因と解決法を探る上で必須でしょう。格好の推薦書、ありがとうございました。



時に、ブッシュの家系は代々戦争関連産業に投資していて、祖父のプレスコット・ブッシュはナチス支援の戦争財閥に資本投下する責任者だった事実をご存知ですか。

英語のWikipediaで「Prescott Bush」と引くと史実が載っていますよ。私も特集しますのでアップしたらお知らせします。(現在まだ復旧工事中でアップアップです *_;)

くせものですよ、こわいですねぇ (kazu4502)
2006-09-30 22:00:43
vivaさん、毎日ご苦労様です、さすが読解力ですね、この名前を聞くとどうも胡散臭い感じがしますし、ユダヤの金儲けここにありと言うイメージがあって、なにか世界の裏社会をみる感じがします、日本では野村證券と仲がいいんですよ、ここは。

大手企業の投資銀行として主導的な地位を持ち、アメリカや中南米においても確固たる地位を築いていますね、ヨーロッパではM&Aを積極的に企業に持ちかけ、企業収益を伸ばしています、特に近年ではオラン鉄鋼の世界最大手ミタル・スチール(オランダ)と同2位のアルセロール(ルクセンブルク)の合併など大規模な再編を手がけました。この合併でインドのタタ製鉄にも絡んでいます、絶対日本では尊敬されない金融投資会社ですね。

ロスチャイルドは、トムソンファイナンシャルの集計によると、公表案件における取引金額ベースで欧州のM&Aアドバイザリーランキングで1位となっているそうですよ。

後はくわしくありませんのでsybeeさんにお任せです。

今後ともよろしくお願いいたします。

がんばってください。
お絵かきじいさん (VIVA)
2006-10-01 01:49:53
あっ、やっとお越しいただけましたね(笑)。これからはお時間のある時に、コメント下さいね。ありがとうございました。
ysbeeさん (VIVA)
2006-10-01 01:57:02
はい、私もそう思います。特に中東は、長い宗教歴史抜きでは、まったく理解できそうにありません。日本がロシアや中国、韓国と争っている、領土の問題とは本質的に違う気がします。



本書は実に分かりやすい一冊で、もう一冊も同様ですが、基本的な知識を整理するには最適かと思います。



それにしてもブッシュのおじいちゃんまで、出てくるんですね。本当にいつも貴重な情報ありがとうございます。
kazuさん (VIVA)
2006-10-01 02:01:22
kazuさん、いつもありがとうございます。



それにしても、アメリカというか、ユダヤ資本か知りませんが、金融と情報を握られてしまったら、もう普通の企業はもちろん、国家ですら手を出せなくなってしまいます。



そういうのを駆使して、中東に平和をもたらそうという発想にはならないのが、残念です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
今までの投稿記事 (プラウドシティ梅島 自治会)
『半年経過』 早いもので、当ブログを開始し半年が経過しました。 そこでこれまでの歩みを振り返ってみたいと思います。 1.ブログ開始 3月末の自治会発足時に広報担当を拝命し、何か新しいマンションに相応しい広報媒体が欲しくなり、まずはホームページ作 ...