本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『解釈のための 新・古典文法ノート』日栄社【参考書】

2006年11月05日 | 大学受験【国語・社会】情報・参考書


日栄ミ古典文法2.jpg


受験生諸君!国語の勉強、古文・漢文はまだまだ伸びる!今日は代々木のマドンナ(古い?)、国語の aya 先生にお願いしました。

aya 先生は、高校での受験指導の経験も豊富です。お任せしましょう。


■■■■■

みなさん、はじめまして。私は代々木教室で国語を教えております。よろしくお願いします。

本書は、受験を前にして、時間(とお金)をかけずに文法の総復習をしたい受験生にお薦めです。古典文法というと、大半の人は拒否反応を起こします。

志望校では文法問題は出題されないから、読解問題を解き、古語の意味さえ覚えればいいと思っている人もいることでしょう。問題をもう一度見直して下さい。

傍線部の現代語訳はありませんか。解釈の選択肢問題はありませんか。

一見、古語の意味を聞いているような問題ですが、実は古語と同時に助動詞や係助詞の意味も正確に答えることが要求されています。残念ながら、正解を導くためには文法の知識が必要です。

しかし、今から古典文法を復習する時間がないと嘆くかもしれません。そのような時に、お薦めの問題集です。

総ページ数が61ページと薄いですが、品詞、用言、助動詞、助詞、敬語法など古文を読むために必要な文法事項の説明がコンパクトにまとめられています。

左ページ上段に説明、下段に基本問題、右ページが演習という構成ですが、時間がない場合は、説明を読んでから基本問題を解き、問題文に現代語訳をつけるだけでも実力はつくと思います。

今からでも古典文法は間に合います。古典文法を理解して古文を得点源にして下さい。

■■■■■

この時期なら、これだ、という一冊だということですね。


http://tokkun.net/jump.htm  詰め込め、受験生!

『解釈のための 新・古典文法ノート』
日栄社編集所編:61P:357円

   1位の半分がなかなか(トホホ…)
      ↓               ↓   
人気blogランキングへ  にほんブログ村 本ブログ  

新・古典文法ノート―解釈のための

日栄社

このアイテムの詳細を見る

ジャンル:
受験
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『神さまがくれた漢字たち』... | トップ | 『物理教室』 河合塾 物理科 ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ステップアップノート (受験生)
2006-11-06 14:12:21
aya先生、初めまして。センターで古文を使う者なんですが、学校では河合塾のステップアップノートを奨められました。理系の私としてはあまり古典に時間をかけられないので、効率よく復習したいのですが、どっちがセンター対策にあっていますか?
突然の質問ですみません。よろしくお願いします。
aya先生に代わってお答えします (K)
2006-11-06 20:16:25
代々木で国語を教えていますKと申します。
ちょうどコメントを拝見しましたので、差し出がましいですがaya先生に代わってお返事差し上げたいと思います。

河合塾のステップアップノートについては、古文を初めて習う、或いは、これまで古文の文法問題にほとんど触れてないということなら、装丁も綺麗ですし、活用の練習問題などもあり、取っ掛かり安いかもしれません。ただ、センター試験とはいえ、受験の文法問題や、文章読解に対応できるような力を付けるとなるとこのテキストだけでは少し不安かと思われます。

理系の学生さんとのことですが、もしある程度古文をやってきたという方なら、aya先生も言ってらっしゃるように「古文を読むために必要な文法事項」を身に付け得る、日栄社のこちらのテキストがお薦めです。まずは書店で見てみて、自分にはまだ難しそうであれば、少し時間がかかりますが、はじめに河合のテキスト、それから日栄社のテキストをといった感じで取り組んでみたら良いのではないかと思います。
有難うございました! (受験生)
2006-11-06 22:27:55
K先生、ご丁寧に有難うございます。
古典文法は学校で一度習っているので、ご紹介の参考書を使ってみようと思います!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。