Tokkocyannの気まま日記

感じたままに~ 心のままに~ 好き放題書いてます

感謝 感謝

2016年06月29日 16時30分55秒 | 日記
 神戸1号 と名の付いた紫陽花

骨折から一年余が過ぎて、今日で正式に手が切れました
整形外科も神経の再建手術をしてくれた先生も、その傷跡を診て下さっていた形成外科の先生も~~

 全員から 「変った事、気になる変化が有ったら電話して予約をして下さい」
そう言われて、 次回の予約券 を渡されること無く病院を後にしました
長い間、本当にお世話になりました

 沢山の方にお世話になった一年でした
此処まで回復できたこと、信じられないくらいです

 去年の今頃、(*゚o゚*)~゚ ボーっとソファーに座っていました
先の見通しも立たず、痛みと不自由さに呆然としてました
ドンドン動かなくなる指
何時になるかも解らない再手術

 自分の指に頭で指示しても、全く動かない時の気持ちは忘れません
指が曲がり、物を掴み右にも左にも動く
それを極当たり前だと思っていました

動かない指を毎日、自分で折り曲げて動かしていました
関節が固まるのを防ぐためでした
このまま動かないかもしれないと
手を見る度に思いました

 神経は再建しても、一日に一ミリしか伸びないのだそうです
一か月で3センチ。。。。。。。。
指まで届くのに4か月掛かりました
ほんの少し少し動いた時は、本当に嬉しかった
神経を集中しないと、そのほんの少しが動かない時も有った

 病院から帰宅して、あれこれと思いだしちょっと涙ぐんでしまいました


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

だらけた生活が一変

2016年06月27日 00時29分27秒 | 日記
 持ち帰った書類を一杯書いて、主人に保証人の欄を埋めて貰い
制服のズボンの裾を直し、アイロン掛けをしたらこの時間です

 ダラダラするのが嫌で思いきって再就職したのですが、やはり想像以上に厳しいです
生活が一変しそうです
もう既に後悔してます。。。。。。。
家でダラダラしてたら良かった~
退屈でも家に居たら良かった~
暫くはこんな後悔に苛まれそうです

 本当に人間って、勝手なものです
止める主人にも偉そうに言ったのに、もう弱音
明日が怖い私です
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

骨は語る

2016年06月25日 19時52分52秒 | 日記
 図書館で借りて来ました、なかなか面白い
同時に 「後妻業」 も借りて来た
大竹しのぶさんで映画化されるもの
次々と、一人暮らしの年配の男性と結婚して殺し
保険金や財産を手に入れた女性のお話
こちらは面白ければ音訳しようかな~と思っている

 江戸時代の日本人の顔は、お世辞にも イケテル とは言えなかったみたいだ
その大多数の顔を Ⅰ型 とすると、 Ⅱ型 と分類される顔が少数出て来る
それが浮世絵に代表される、面長で鼻筋の通った顔の人達
その Ⅱ型 の人達が段々と多くなったのが現代なんだね

 其処に Ⅲ型 に分類される人達がいる
所謂、将軍や内裏の 貴族顔 
硬いものを噛んだことが無いような食生活で顔の形が違う
かと言って 小顔 では無く、背も低く6頭身のような体格
自分では、何一つ動かす事も無く歩く事も殆ど無い

 歯は出っ歯か受け口
つまり噛み合わせが酷く悪い
60歳で亡くなっても、歯に擦り減った形跡が全く無かったそうだ

 ただ一人だけ、酷く歯がすり減っていたのが、
9代将軍 家重
歯軋りをする癖が有って、しかも言語が不明瞭で言葉を聴きとることが困難だったと
彼こそが、映画でも実は女性だったのではないか?という仮説の有る人
人前に出ることが極端に少なく、御用取次の重臣に全てを任せ
「良きに計らえ」としか言わなかったとか。。。。。。
まさかまさかの吉宗さんの長男
ただ外見は、イケメンだった

 話は変るが、明日からいよいよ出勤
少し緊張ぎみ、パソコンを開ける時間も極限られてくる
早く慣れるように頑張らないとね
友人達からも、絶対に無理は禁物
あんまり頑張らないで!とメールが入って来る

 明日だけは 10~17時までの長丁場
早めにシッカリと眠らないとね
昨夜は、夜中の大雨の音に目が覚めて怖くて眠れなかった
凄い雨音
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

たかり精神

2016年06月22日 09時50分34秒 | 日記
 どうもいけませんね。。。。。。政治家の皆さん
政治家に限らず先生と呼ばれる人種は、他人のお金や税金で楽しむ事に精神が麻痺してませんか?
一番驚いたのが、私の所属する音訳グループに居た人

 女性でしたが、元学校の先生
丁度音訳もテープ+カセットデッキの時代から
パソコン+録音ソフトへの過渡期
録音ソフト関係の機材もなかなか高値でした

 或る開発業者さんは、機材を売り込むために希望するグループの所に
取り扱いを教えに廻っていました
私達のグループにも来られたのですが
何とその元教師の方が、業者さん達と食べたランチ代を
ボランティア助成金から支出したのです

 激論になりました
勿論、業者さんに出させるのも可笑しいですが
業者さん+ボランティアのランチ代を、助成金から出すなんて言語道断
私を含めた数人はどうしても納得できませんでした
しかし、何と言おうと頑として受け付けません
自分の食べた物を自分で払う、そんな簡単な事が出来ないし
注意されても悪い事とは思わないんです
つまり、教師時代に培われた たかり精神 で麻痺している
しかも最後にこう言いました
「これから代表を務める人の為に、私が道を付けて上げた!」

 しかし、彼女以降誰一人として同じ事をした代表はいません
私もその後、2度ほど代表も勤めましたが遣った事は有りません
彼女は、代表を降りて間もなく癌で亡くなってしまいました
しかしその時に彼女が契約した高価な機材は、誰も使いこなせず(彼女自身も)
その内に安くて取り扱いの簡単な機材が出ました
今も、役にも立たない機材は手分けして保存していますが
これもボランティアに贈られた貴重な 浄財 の無駄遣い
苦い経験でした

 この話は、小さないちボランティアグループの事です
でもこれは縮図だと思います

 先生と呼ばれる人達が、公金からわたくしの飲食代まで支出し無駄な物を購入する
自腹なら絶対に行かない大名旅行
一時期オリンピックも、選手より随行役員の数の方が多いと批判されました

 あれ程舛添知事を批判した都議会が、一億も使ってリオに行こうとしてたなんて・・・・
ばれなかったら行ってたんですよね?
ほんとセコイです
自腹!と言ったら何人が手を挙げますか?
税金だから行くんですよね?
このたかり精神
何時に成ったら是正されますか?



 

 

コメント (21)
この記事をはてなブックマークに追加

デジブック 『紫陽花の詩』

2016年06月21日 14時31分12秒 | 日記
 ハート型に咲く紫陽花を見つけると、幸せが来るそうです 

 来週からは仕事も始まるので、一眼レフの仲間が集まる 神戸森林植物園に行って来ました
先日の、高山植物園 とは又違う趣です
同じ六甲山に、大きな植物園が二つも有ります
森林植物園は、メタセコイヤの並木が有る事でも有名です

 昨日の目的は 紫陽花祭り でした
私の入っているクラブは、アッサリとしてます
入り口で落ち合って、顔を見たら自由行動です
再集の時間を告げられ、解散~~~

 思い思いに撮影したら、再集して懇談タイム
同じ送迎バスに乗って帰る
でも撮影した写真は、ユーチューブやデジブックに仕立ててアップするのが
暗黙のお約束
お互いにその写真を見せて貰う事で、良い刺激を貰っています

 自分とは違う視点や切り口で、各々が纏め上げるので参考になります  


デジブック 『紫陽花の詩』
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

お気に入りのコラム

2016年06月19日 13時35分06秒 | 日記
 ある男性のコラムをよく読んでいます
カテゴリーが有るのですが、その中の 歴史コラム を読んでいます
少し短めなので、残念な所も有るのですが(もう少し詳しいとね~)
多分、私が興味を持つ分野にドンピシャなんですね

 前から、徳川家の代々の将軍の位牌が生前の身長に等しいとは知っていました
多少前後しますが、殆どは後の将軍になるほど背が低くなります
江戸時代そのものが、前期より後期の方が平均身長が低くなります

 類人猿から進化して、縄文時代・弥生時代と日本人の身長は大きくなります
江戸時代も、家康や秀忠辺りまでは160cm前後
それが何故か江戸時代には、一旦身長の伸びは停滞し徐々に下降して行きます
これは将軍家だけの話では無く、日本人全体が一旦小さくなるんです
戦も無く平和だと、身長まで小さくなるんでしょうか?

 そんなこんな面白い話を読み、終に予約してしまいました

骨は語る徳川将軍・大名家の人びと///鈴木尚著

 買うと5000円以上もする高価な本です

増上寺 徳川将軍墓とその遺品・遺体

も面白そうだったのですが、こちらは3万円を超えます
いったいどんな本なのか、想像もできず予約は見送りました
だって受け取りに行って、重くて持てない様な本だったら困るな~と思いました

 まずは

骨は語る徳川将軍・大名家の人びと

から読んでみようと思います



 


コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

柿渋石鹸の効用

2016年06月18日 12時54分56秒 | 日記
 まりなが床で ゴロン と寝ています
そんな季節になったんですね
家中の窓や扉を開けて、澱んだ空気を入れ替えています
下駄箱の扉や押し入れの襖、トイレの窓までも全開にしました

 こんなメリハリのある梅雨のままなら有り難いなぁ~~
ダラダラ降られるのが一番厄介だ

 主人のベッドの物も全て剥いで、洗濯と日なた干しにした
その時にも再確認したが、 臭いが減った のだ
主人のベッドが有る部屋に入ると、 加齢臭 を感じるのは否めなかった

 主人も解っていて、様々なグッズを使っている
アロマディフューザーまで使っている
それでも匂いを匂いで消すのは難しく、所詮は隠せないものだった

 だが2~3ヶ月前から 柿渋石鹸の ボディシャンプー を使い始めた
前々から友人に勧められていたが、値段の高さも相まって踏み切れなかった
しかし或る時に自分自身からも加齢臭がしている気がしてハッとした

 其処で思い切って購入を決めた
その効果が表れ始めて来たようだ
今日のように、ベッドの物を全て剥いで洗濯し日に干し
マットも消臭剤で除菌したら、一層効果が有るのか無いのかがハッキリするだろう

 確認できたら、息子にも買ってやろうかと思っている
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人生の扉

2016年06月17日 13時21分49秒 | 日記
 音訳の或る先輩からこんなメールが届いた
「これから両親の法事で岡山に行きます。」
お父様が亡くなって既に50回忌だそうだ
「早くに亡くなったんですね」と打ち返すと
「弟は高校生でした。父にそっくりになりました」と~
そして
「私の好きな歌は 竹内まりやさんの 人生の扉 です」

 早速検索して聴いてみた
20代から90代までの人生を英語の歌詞で例えている

I say fun to be 20
You say it's great to be 30
And they say it's lovely to be 40
Bue feel it's nice to be 50


私は言うの、「二十歳になるのはたのしいこと」
あなたは言うの、「三十歳になるのはすばらしいこと」
そして、みんなは言うわ、「四十歳になるのは素敵なこと」
でも、五十歳になるのもいいなって感じるわ


I say it's fine to be 60
You say it's alright to be 70
And they say still good to be 80
But I'll maybe live over 90

私は言うの、「六十歳になるのもいいんじゃない」
あなたは言うの、「七十歳になるのも悪くはないわ」
そしてみんなは言うわ、「80歳だってまだまだ大丈夫よ」
でも、私は90歳過ぎまで生きると思うわ

I say it's sad to get weak
You say it's hard to get older
And they say that life has no meaning
But I still believe it's worth living
But I still believe it's worth living

私は言うの、「弱るのは(老いるのは)悲しいこと」
あなたは言うの、「老いていくってつらいこと」
そしてみんなは言うの、「人生に意味はない」って
でも、私は信じてる、生きるってすばらしいこと(価値があること)
でも、私は信じてる、生きるってすばらしいこと

 なかなか素敵な歌詞!
きっとみんな、自分の年齢の所を読みましたよね~?
o(*^▽^*)oあはっ♪
当て嵌まりましたか?

 先輩は、私の昨日のブログが
「気持ちの扉」だなんて何も知らないのに、偶然でした
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

気持ちの扉

2016年06月16日 18時01分41秒 | 日記
 2年ぶりに逢った友人
正直、もう逢う事も無いかなぁ~?と思っていた
2年間殆ど連絡も無かったし、すっかり疎遠になっていた
彼女が何を思って2年間殆ど連絡しなかったのかは、私には良く解らなかった
他にも、父の事や自分の怪我で友人に逢う機会が無いまま疎遠になった人も居る
彼女もその内の一人だと捉えていた

 私の悪い所の一つが、自分からは余り相手に働きかけようとしない事
相手が離れれば、離れるに任せて敢えて追おおとしない
離れた相手の悪口を言わない為にも、自分も気持ちのシャッターを下ろす

 今回彼女は、私の心のシャッターが自分に向って既に閉じていると感じたそうだ
彼女は、「時期を見ていた」 と言った
でも、時期を見ている間に私がシャッターを下ろしたのではないかと強く感じたそうだ

 確かに2年間も殆ど連絡が無かったのだから
正直に言えば、シャッターは閉まりかけていた
それでも彼女は私のドアを叩いて来た
「逢える?」ではなく
「何月何日何時に、〇〇で待っているから来て~」と

 行ってみると、既に彼女が来て待っていた
そして正直に
「私に向ってシャッターが下りている様に感じた」と言った
「そんな事無いよ」 と言う私に
「時期を見て、一緒に出掛けたい所があって声を掛けようと思っていた」
矢先だったと
行く場所も決めていると

 私と彼女の立場が逆なら、私はシャッターの閉じかけた友人のドアを叩いただろうか?
恐らくは、叩かなかったと思う
叩かなければ、ドアが再び開くことは無い
叩いてくれたから、ドアは開いた

 大切な友を一人、失わずに済んだようだ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

さぁ、頑張ろう

2016年06月15日 21時02分11秒 | 日記
 仕事復帰が決まって、一区切り
家で呑気なのも幸せだったが、まぁ~もう少し頑張ろう
来年、友人と約束している オーロラツアー の資金の為にもね

 今日は講習会に行った
ランチ付きなので、お腹が一杯になった
4人一組なんだけど、今日は私以外は お友達 と言う方々
しかもキャピキャピのアラサー3人組



 クリームチーズやブルーベリータップリのパン
ご馳走様でした
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加