白神仙人の山の徒然

山登りは自分との戦いと思って妻を無理やり山女に教育していたが
最近は妻のほうが山登りが早くなった。

山の日はキャンプ・・・・№2

2016-08-13 18:34:42 | Weblog

 持ってきた携帯テレビが電波を受信できないので前日は午後7時ころに睡眠に入った関係上

午前1時ころには目が覚めました。そのあとなかなか眠ることができなかったがそれでも4時

半までは何とかテントの中で我慢をしていたら外の明るさが分かる様になったので外へ出る。

妻は何時ものペースで6時過ぎまで寝ていたので10時間以上は寝たことになりますね・・・

湖畔に出て湖をみたら朝もやに浮かんだ湖水の絶景に感激しながら数枚写真を撮りました。近く

に車中泊していた人に挨拶をしたら今日で家を出てから180日一人旅を続けているとのことだった。

人それぞれ旅のスタイルは違うが一人で日本一周をするのは仙人は理解できない。

テントから5分ほど歩いたらこの絶景をみた

日本一周を車中泊しながら一人旅の人と出会った。

趣味は多彩でドロンも持つ歩いていたので拝見。

散歩から帰ってきて妻を起こし

朝の食事も仙人の担当・・・朝食はパンと昨夜の

残りものを食べた

帰る準備をしたいが妻はまだ食事中だ

樹海ラインへを走っていたら展望台の標識があったので

登った見たらまた違った視界を眺望した。

列車ホテルにを見学

明治100年通りを散策

中々素敵な通りだ

康楽館・・・中央から定期的に有名な歌舞伎役者が

訪れて演じている。

明治時代の建物です

鉱山事務所を今は観光的模様替えして解放している。

館内にもは入ることができ、それに食事もできるので

人気のスポット・・・明日からはお盆に入るので静か

な我が家も孫の訪れで久しぶりににぎやかになります。

それにしても妻の頭の中は買い物構想が駆け巡り、久

しぶりに大舘に来たのだからイオンへ寄っての願い事

この店舗はとても広いので入ると妻を探しのが大変な

ので何度も時間を指定して厳命を言うが全く効果がな

いない女です。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

山の日はキャンプ・・・・№1

2016-08-12 12:49:56 | Weblog

 東北も連日猛暑続きの夏ですが、2日前から夜はとても涼しくなってきた。8/11には新しく設けられた山の休日と言うことなので

自然と対話しないと申し訳ないと妻に方便を言って十和田湖へキャンプに誘いました。

 我が家からゆっくりドライブをして3時間もあれば楽々到着できると思い、ナビまかせで走ったら当初考えていた道と違う道を走る

ことになった。そのために途中での食材調達もダメになって現地調達に走り回ったが観光地にはそのような店が全くない・・・残念な

がら仙人の料理腕を振るえないと思っていたら次々とアイデアが浮かんできたので十分に夜の食事は満足しました。

おぅ~久しぶりに見る十和田湖は絶景だ

十和田湖はこの様な地形になっています。太古の

火山爆発でできた二重カルデラ湖のようですが詳し

いことは現地で確認してね

子供に人気のあるボート・・・でも高いね・・・(・・?

キャンプ場近くの洒落た軽食屋食事にした。

妻はリンゴカレー・仙人はビーフカ

レーを食べたが

味は60点かな・・・(・・?

当初の宇樽部キャンプ場から生出キャンプ場に

場所を変えました。此方は環境庁の施設なので

完璧ですね。

 

夕方までノンビリと考えていたが何かしないダメな

妻は何か買い物をしたいと言い出したので休屋まで

車で行って売店巡りを始めた。

リンゴソフト食べる

乙女の像まで散策

仙人の青春時代は最高のデイトコースであったが

今は通過観光的な場所になって居る様だ。

ホテルもだいぶ荒廃して閉鎖されていた。

旅での食事は仙人の担当・・・支払いは妻の担当に

わかれているので登山・車中泊・キャンプの道具の

準備は仙人が準備をします。

優雅に過ごしている奥様・・・・

チーズを入れるのがポイント

 ベーコンとジャガイモのアイショはバッグン・・・

テレビで見たレシピを思い出しながら初めて作りました。

モロヘイヤとトマト混ぜた料理

キュウリ・ミョウガ・南蛮の漬物

ナス・モヤシの料理

ベーコンも入れました。

最後は妻の手直しが入ったが十分に満足のおける

夕食になった。自然は100%まんぞくできるキャンプ

場なのでぜひ勧めたい。

夜は何もすることが無いので、このために携帯

テレビを持参したが電波が受信できないところなので

残念ながら小さい我が家に入って19時に二人で横に

なっていたらそのままに寝たようです。

次に来る時には夜のイベントを考えないととても長い

夜になるのでなんとか工夫が必要と思いながら涼しい

朝を迎えた。

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

北陸と白川郷の旅・・・№3

2016-08-02 09:08:27 | Weblog

兼六公園もやはり暑かった。だいぶ前に訪れたことがあったのでゆっくりと

まわってみたいと思ったが、あらためて見て見るとそれほど感激もしないと

思いながらも案内ガイドの指示に従って御池を一周した。

迎えのバスが来るまでには少し時間があったので、日陰になる松の下にある

ベンチに座って白川郷へバスを待ち。

久しぶりに訪れた兼六公園

この石灯籠由来の説明があったが忘れました

13代のお殿さまが植えた松・・・

恐怖のホワイトロードをこえてようやく白川郷へ

着ました

白川郷へは今回で4度目です

26年前に訪れた時と比べるとだいぶ様子が変わっている

写真を撮った時間帯は5時ですがまだ暑い・・・

2時間ほどの滞在時間であったが多くの観光客と

変な言葉を発する人が多くいました。向こうも変な

言葉を発する日本人がいると思っていたかも知りませんね。

途中のレストランで仙人の注文

支払いは妻の担当なので仙人の食べ物よりも豪華だ。

もう~白川郷へは来ません。仙人の求める白川郷の

雰囲気からだいぶ離れた観光地にかわっているから

これからは自然散策を求めて旅をしたいですね・・・

でも船の旅は魅力です。来年あたりは秋田港から

敦賀まで乗って若狭・永平寺を巡りたいと思っている。

 

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

北陸と白川郷の旅・・・№2

2016-08-02 04:11:32 | Weblog

 

  ホテルはベットであった。仙人は純粋な日本人あるから畳以外は寝たことがありませんが

今日のベットは堅そうなので快眠できると思ったが無理であった。

 ベットとエアコンに囲まれて今までに寝たことが無いのです。脇では快眠している妻は

妻はどんな状況にも対応できるように改良型の女性のようです。

 そんなわけで北陸の朝も4時には起きて富山市朝を散歩したがとても蒸す暑くて29度の

散歩は辛いので30分ほど歩いてホテルへ帰った。

ホテルの風呂は6時に入ることができると聞いていたが、仙人の長い経験で5時半でも大丈夫と

思い行ってみたところ入ることができたので旅の風呂も一番風呂で最高に気分が良い。

一番風呂に入った

朝食は6時半から、今日はゆっくりと時間をかけて

食べると妻に宣言して食べ始めたが何時もの様に

少し食べるとお腹がいっぱいになった

金沢の最初の観光地は金箔店を見学

白神に帰ったら我が家も金箔を貼ろうと思って

記念写真・・・想像にはお金がかからないから

自由ですね・・・・アハハハハ・・・・

金箔のお茶も飲んだ・・・味わ変わりませんね

金箔加工

金箔

仙人も妻もここで金商品を買いました

金沢のお茶屋街いを散策・・・とても暑くて日陰を歩いたが

暑くてたまらなくてお茶に飛び込んでお汁粉と餡かけ氷を

注文

仙人の注文

妻の注文したほうが美味しそうだ・・・一口だけ

試食した

昔はこのような女性に囲まれて遊んだらしい

こんな職業もいました

こなん街を散策するのは仙人の趣味にあっているが

炎天下のなかでもとても無理です。ほんとうに仙人

住んでいるところに比べるとアフリカにいる様だ

いまだに海外に一歩も踏み出したことが無い仙人

ですが多分そうだと思う・・・涼しい自然とが良いね

と思い乍らも兼六園に向かう。

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

北陸と白川郷の旅・・・№1

2016-07-31 08:08:02 | Weblog

 今回の旅は秋田港からフェリーに乗り新潟まで行き、そこからバスで富山・金沢を経由して

白川ホワイトロードから白川郷へ入る旅でした。

 船はゆっくり楽しめたが、夜の富山市はとても暑かった。ショッピングを楽しみたいと言う

妻の話にはとてもついていけません。暑いのでホテルへ帰ると言ったら妻も諦めたようです。

 白エビが名産の様なので妻は白エビの天ぷらを食べました。仙人は天丼を食べたが、ご飯は

秋田のほうが美味しいと思った。

 とにかく暑い旅だったのでバテバテ気味で大変・・・ホワイトロードは狭隘の道でバスから

見ているだけで怖いところですね・・・白川郷も非常に暑かった。今回の旅の印象は暑いの一言です。

長さは180メートルもある船です

ホール・自由に楽しむことができる

船上コンサート・・・無料

船内

ラウンジからの眺めは良いね・・・妻だけがコーヒー

妻のお昼

仙人のお昼・・・スメサバは480円・このカレーは

とても美味しかった。

カキ氷・・・味は普通

富山はサバが有名なのでサバ寿司を買った

白エビの天ぷら・・・1350円・・・採点は65点

仙人の夕食・・・天ぷらは美味しが、ご飯は・・(・・?

夜の富山市・・・路面電車・・・仙人は珍しいので

写真に撮った。富山はとにかく暑い。

宿泊したアパホテル・・・豪華よりも清潔感が強い

朝は6時からの入浴できるようでしたが、仙人は

5時半に入って一番風呂。

とにかく秋田より暑いので朝風呂に入ってスッキリと

して朝食に6時半に行った。

今日は時間をかけてゆっくりと食べると妻に宣言して

食べ始めたが、歳を取ると多くを食べることはできま

せん。

無理をして食べると体調を壊しので豪農らしくしてい

ました。

着るものにうるさい妻の勧めで衣服を取り換える

・・・・面倒なことをすると思いながらも朝の散歩

で汗をかいたので妻の指示に従った。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

八幡平ハイキング

2016-07-25 03:43:38 | Weblog

 天気も良いので八幡平の沼周辺を歩いてきました。出発は遅く午前9時半ころになったが、お昼頃に到着して

久しぶりに見る仙人の別荘に再開した。せっかく自分の世界に入っていたのに、妻は「どこの別荘・・・(・・?」

仙人の夢を壊す。

 八幡沼に建てっている環境庁の避難小屋はとても素敵な山小屋で、誰でも自由に利用できるので今日も沢山の

ハイカーが利用していた。それに高山植物も沢山咲いていて観察しながらの山歩きは久しぶりに満足。

大沼・・・・天気が良い

ミヤマキンポウゲ

八幡沼

八幡沼・・・天気が良いので最高のロケーション

良い日に訪れることができた

ハクサンチドリが沢山咲いていた

ニッコウキスゲ

稜雲荘が見えてきた

仙人の別荘だ・・・(・・?

別荘内はこんなにも綺麗です

なかなかこのような天気はない

ワタスゲ

ニッコウキスゲは満開だ

八幡沼

八幡平頂上からの展望

帰りに寄った

仙人はソフトクリーム・妻はざるそば

近くを散策するとこのような看板があった

後生掛温泉の散策路

今日のハイキングは花が沢山咲いていて山歩きには

最高の天気でしたね・・・いつもだったら梅雨時なので

雨具を着ての散策だったが今日の様な山歩きであれば

また近いうちに訪れたいと思う。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

夏野菜最盛期

2016-07-22 07:46:56 | Weblog

 梅雨はあけていないが、夏野菜は最盛期に入って来た。

 朝の散歩から帰ると畑を見回って雑草と収穫適期を観察するが妻はこの時間には

夢の中です。

 朝の涼しいうちに畑の野菜にふれあっていると自分も新鮮な気持ちになる。今日の朝は

モロヘイヤ・ピーマン・子株・エンゲン・南蛮などを収穫して、採りたて野菜で朝食を摂った。

トマトを収穫して居間で太陽にあてて熟成している

今年のジャガイモは大きいね

庭のアケビもだいぶ大きくなってきた

南蛮・・・一日一食肉に絡めて南蛮を食べている

何とも言えない辛さがたまらないね

エンゲンも今日の朝から収穫が始まった

トウモロコシの収穫はあと少しだ

里いもの生育も順調だ

ピーマン

オクラの花

モロヘイヤは毎朝収穫して食卓にのっている。

これだけ自分で作っている野菜を食べていると

妻には感謝されても良いと思うが、一日数回は

文句を言われている仙人です。こんなにできた男を

ダマして豪勢な生活をさせているのにと言うと数倍も

帰ってくるので後は黙って朝食を食べるだけです。

でも、妻には感謝している仙人です。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

奥の細道探訪・・・№2

2016-07-18 17:31:52 | Weblog

薄暗い午前4時に起床。妻はまだ寝ているが仙人は何時もの起きる時間なので起きて周辺を軽く散歩して妻の起きるのを待ち。

関東・関西方面から旅をして一月ほど旅をしている人と話をした。東北が好きで色々な所の写真を撮っているという・・・人生

色々な楽しみ方があるものだ。

妻が起き出したのでパンとお茶と卵スープを食べて午前6時に月山道路を走る。高地にあるので霧におおわれて怖いぐらいの下り坂や長いトンネルを通って午前8時過ぎに雨の羽黒山山門に到着。

愛知県から一月ほど写真を撮り続けながら

車中泊一人旅を続けていると言う。

小雨降る羽黒山山門で撮る

朝が早いのでとても風情がある石段

この道を若き頃に歩いた道です

熊の古道よりも風情がある

突然朝早くから石段を下ってくる修験者と会う

五重塔は見ごたえがある・・・

この日一番の感激した風景だ

旅の人が来たので二人の写真を撮って頂いた

象潟で間食してしまった

仙人は食には全く弱いので絶食修行は無理ですね

 蚶満(かんまん)寺はヒカクテキ昔の状態で保存され

ていると思うが入館料は徴収していた。

今回の旅は600キロほど一人で運転して芭蕉の歩

いた道を探訪してみたがなかなか仙人はまねのできない

紀行の旅と思う。

仙人は仙人流に妻を伴って人生の修行をマイペースで

続けたいと思う。

来週からはフェリーに乗って金沢・白川郷を旅をしてきます。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

奥の細道探訪・・・№1

2016-07-18 16:39:38 | Weblog

 松尾芭蕉が曾良と歩いた奥の細道を梅雨の中を歩いて来ました。自宅を6時に出発したが、梅雨の影響で小雨降りしきる中を秋田の最北から内陸道を4時間近くかけてようやく山形へ入った。

 旅の計画通りに尾花市近くの蕎麦屋店に入って昼食を取る。今回の旅の費用は妻の負担になっているので妻の勧めものを食べたが、仙人はあったかい天ぷらそばが好きなのです。でも、今回は冷たい蕎麦を食べました。

 松尾芭蕉が読んだ「閑さや岩にしみ入蝉の声」山寺・立石寺の石段を歩いて梅雨の慰めにしたいと思って40数年前の思い出の旅に出たが、当時とはだいぶ違っていた。観光客が沢山いてとても「閑さや岩にしみ入蝉の声」風情を偲ぶことはできなかったが眺望は素晴らしかった。

蕎麦屋さん入り口

こんな感じの蕎麦屋さんです。

古い民家の蕎麦屋さん

冷たい蕎麦でした・・仙人が採点は70かな・(・・?

若き頃に来たときにはこの様なものはなかった。

曾良と芭蕉の銅像・・・これもなかった。

だいぶ観光化している。

立石寺本堂

今は入山料が取られる

修験道の山だけあって険しい山並みが続く

雨上がりで汗が吹き出し

この石段が1000段あまりも続く

奥の院で撮る

ケッコウ高いので覗き見る

雨上がりでとても苦しい登りだ

岩山に建ちお堂からの眺めは最高ですね・・・

これで山寺の山の「閑さや岩にしみ入蝉の声」は

十分に感じ取った・・・(・・?とにかく下山して

早く風呂に入りたいのが本音です。

これから寒河江市の道の駅にしかわの温泉に入って

そのまま車中泊しました。旅の車は30台ほどいたね

・・・明日は羽黒山と奥の細道最終地点蚶満(かんまん)寺

を探訪予定。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨の散歩

2016-07-13 06:17:56 | Weblog

 

 梅雨の晴れ間の朝はとても気持ちよく散歩ができる。午前4時に起床する仙人は

朝の散歩がとても大切ですが、最近この散歩道に子連れの熊が徘徊している様だ。

 それても朝食まではたっぷり時間があるので散歩から帰ると畑の見回り・・・今

年初めて植えたスイカの成長が楽しみです。

散歩途中にアジサイ観賞

5分ほど歩くとこのような風景を眺望できる。

この道に熊が出没する様だ。

5月に2本植えたスイカに2個のスイカがついているので

毎朝観賞・・・・食べるよりも作るのが好きな仙人です。

食べるが好きなのは妻なので喜んでくれると思うが、まだ

スイカがついているのを教えていません。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加