白神仙人の山の徒然

山登りは自分との戦いと思って妻を無理やり山女に教育していたが
最近は妻のほうが山登りが早くなった。

春の恵み

2017-04-20 09:15:55 | Weblog

 桜の便りも聞こえてきた白神ですが、咲くのは連休のあたりと思う。でも我が家の

梅の花が咲きそうです。3日も降り続いた雨が太陽の日差しでつぼみが膨らんできた様だ。

 急いで趣味の山へ行ってみるとシイタケが水分を吸って沢山出ている。今日一日で

は採れないので天候を見ながら採ることにして大きいシイタケをカコベいっぱいに取った。

 周囲の山を歩いてみたらコシアブラ・タラの芽・シドケなどがもう少しで収穫できそう

です。これからは色々な秘密の山を歩いて他の人よりも多く山の恵みを採りたいと思う。

庭の木々も雪から解放されてだいぶ元気になってきた。

今が水仙の最盛期。

庭の梅の花が開花寸前。

シュンランもあと少しで花が咲きそうです。

趣味の山へ行ってみる。植物の開花が収穫の

目印になりますので梅や水仙の花で判断する。

今日のシイタケは雨で重い。

タラの芽・コシアブラ・シドケはあと一週間で収穫

できそうです。

水分があるので天日で乾燥させてから知人などへの

贈り物です。

玄関の前に植えてる花。名前はわからないが毎年咲いてくれるので嬉しいね

これからの季節は花と山の幸を十分に楽しめるので毎日が山歩きになる。当然

体もそれに伴って山歩きに慣れてくれるので山菜取りは仙人修行には貴重な趣

味と実益を兼ねた行動です。

夜にはシイタケを塩焼きにしてビールを飲みたい。

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

長芋の植え付け

2017-04-14 08:48:01 | Weblog

 2日ばかり大荒れ天気も今日からは春らしい天気になるとの予報なので

長芋を植え付けることにした。

 昨年は大収穫で100本ほど収穫したが、今年は昨年以上の収穫を狙って

植える。種イモは昨年まで買っていたが今年は自家用種イモを植え付けた

はたして出来具合は少し心配もあるが自分で1から作物を作ることは喜び

があります。

自家採りした種イモ

肥料は稲作用の残りを播く

こんな具合に種イモを置いてあとは鍬で土を被せるだけです。

これが種イモです。

後は数本の支柱を立てから柴間に沢山立てて長芋のつるを

からめる。10月になったらつるの葉っぱが枯れてきたら

芋が始まります。最近は芋掘りが大変な作業なので老いた

人達は栽培しなくなったが仙人は秋の収穫が楽しいのです。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

一雨ごとに春を感じる

2017-04-12 09:51:36 | Weblog

 昨日の夕方から降り続いて雨も朝方には止んだ。庭木の芽も十分に水分を吸ったのか
ナナカマドの芽もだいぶ緑が膨らんできたので近いうちに葉が出ると思う。
 日記を見ると昨年の4/12日にシイタケを収穫しているのでチョット趣味の山へ散歩を
かねて覗いてみたらシイタケの芽が沢山出ていたので4日ばかり待ちと収穫できると思っ
て帰ってきた。
 今日は風も寒くて畑仕事もできないので旅の計画を考えてみることにします。

 庭木も元気が出てきた様だ。

飛び石も昨夜の雨で綺麗になった。

庭に植えている一輪車草

サツキの芽もだいぶ膨らんできました。

名前はわからないが毎年咲いてくれる。

庭石の苔も昨夜の雨で綺麗な色になった。

水仙も咲いてきました。これからは山野草とシイタケや

山菜採りで春の訪れを十分に楽しみます。毎日書き込ん

でいる日記を読み返して、収獲時期を確認しながら自分

の秘密の山へ行くのも仙人の楽しみです。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

待ちに待っていた野菜作り

2017-04-09 07:22:37 | Weblog

 気温も10度を超えてきたので少し早いが色々な種を播いて趣味の野菜作りを

楽しんでいる。

 ホウレンソウ・人参・エンドウマメ・ササギなどなどを播いた。野菜によって

は連作できないものがあるので近くのおばさんから教わりながらの野菜づく、午前

2時間午後からも2時間の作業なのでマッタク苦にならない。雑草も目に付くので自発

的に除草する。作業の合間には戸部新十郎作の服部半蔵を読みながら夕方5時には

缶ピールを飲んで明日の作業を自分なりに考えています。

野菜専用ハウス仙人が一人で作っています。

今は小さいキュウリの苗が2本植えているだけで

暖かくなるとトマト・ナスも植えます。

これはエンドウマメ、昨年の11月に自家採取した

種を植えたので早い。わらに絡まってのびるように

仙人が考えた。

まだ寒いので当分このようにして成長を助けてやります。

ホウレンソウとネギを播いた。ネギは一年間食べるだけの

量を収穫するのでたくさんの苗を育ている。

これからは山菜とシイタケの収穫も始まるのでとても楽しく

忙しくなるがこれも仙人修行と思い春を楽しんでいるところ

です。妻は相変わらずに旅に行きたいとごねるだけ( ^ω^)・・・

妻のご機嫌をとるために阿賀野川や大内宿をドライブする

計画も立てているがすべて仙人のすることになるのでときおり

頭に来るが、イマサラ妻に逃げられてもどうすることもできな

いので最終的には妻の意向仙人です。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

舞茸栽培

2017-04-03 06:59:16 | Weblog

 春の訪れとともに趣味の山へ舞茸ブロックを伏せ込んだ。キノコ栽培をしている

知人が廃棄するものを無料で頂いて仙人が栽培しているのです。

 でも、運搬車などを買っているので実際にはかなりの投資してるが、趣味のキノコ

作りを楽しんでいるので収支は関係ありませんね( ^ω^)・・・作る楽しみと食

べる楽しみをえるだけで仙人生活には大切な作業です。

真冬に趣味の山の入り口に置いてあったものを

午前中に運搬車で仙人が山上に運んだ舞茸ブロック。

今日の作業道具。

伏せ込む畝づくり、落ち葉などを取り除いて

深さ20センチの溝を三本掘ります。

こんな状態に伏せ込む。

舞茸ブロックに土を被せるだけ・・・

後は9月末まで置くだけ。

最後は遮光シートをかけて光と風を防ぐだけ

ブロック個数は800個ほど伏せたのでとても食べ切れない。

趣味の域を超えて商売に出来るが、仙人はあいにく生活に

疲れていないので趣味のキノコ作りを楽しんでいます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

春の訪れ

2017-03-30 05:12:43 | Weblog

 3月末になってきたら春の訪れが見えてきた。

 散歩途中に道端に見える福寿草やフキノトウそれに田んぼにはたくさんの

白鳥が飛来して旅の一休みの姿が見られるのも散歩の楽しみですね。

 これからは畑や山菜のも始まるので毎日が桃源郷の様に楽しい忙しい日々が

続くので今まで耐えてきた冬眠生活も忘れてしまいます。

10日前に山から取ったタラの芽を室内で促成していたら

食べられるようになってきたので明日の夕食に天ぷらで

食べます。

フキノトウは道端にたくさん見えるが仙人は食べないので

見るだけ。

北へ帰る白鳥は毎年今の季節になると白神の里で

一休みして帰る。

水仙の芽も出てきました。

我が家の庭に咲いた福寿草

最近の過疎を助けようと町興し協力隊の若い人たちが

今月から出前コーヒー店をだして地域を活性化したい

と頑張っているがはたして効果が出るかは疑問ですね。

こんな感じで春の訪れとともに陽気に誘われて色々な

動きがみらるので春は仙人にも元気を与えてくれます。

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

小さな旅

2017-03-27 07:04:19 | Weblog

 3月の小さな旅は払田の柵に関係ある柵の湯行って来ました。我が家からは3時間以上も走ることになるので

中々行くことができませんが、妻の希望で行って来ました。

 前日の大雪で大丈夫かな思っていたが、太陽の恵みのおかげで道路の雪は解けて夏タイヤでもOKであったの

で久々にドライブを楽しみながらの温泉の旅を楽しんで来た。

 道路以外はまだ雪に覆われていて今年の雪解けは全県的に遅い。それでも確実に日差しは強くなってきている

ので旅には最高の季節になって来たね。

今日の宿柵の湯

部屋は二間に玄関と洗顔室・トイレ十分に満足です。

今回の旅は1泊二日で4食付きの格安

お昼は天ぷらそばとうどんを食べました。

こんな感じの温泉でした。初日は3回、次の日は

4回も入りました。

売店に誘われる妻・・・魚だったらすぐに釣られる人です。

食堂簡素で素敵ですね。

朝食も簡素でしたが美味しかった。

近くにあった古民家を見学。

帰りは妻の好きなランの展示会を見学してご機嫌も

良い様なのでこれから1時間ほど運転を変わった。

今回の旅は妻の意向に沿っての温泉旅行だったので

内容も満足してくれたと思う。それにしてもお土産を

買わなかったのは今までなかった。

なにか異変がありそうに思うがそれには触れないで

4月の旅は何処に行こうかとの話題を話しながら無事に

帰宅できました。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

シイタケ菌植え込み

2017-03-19 09:00:06 | Weblog

 例年とおりにこの季節になるとシイタケ原木にコマを植えこむ作業が始まる。

雪は沢山あるが、太陽の日差しが日増しに強まってきたので春は近いね。

 今年はシイタケとナメコを合わせて1500コマほど植えこむ。一人での作業

なので無理をすることなく2日間かけて行う予定。

 原木は昨年の秋に伐採して小屋裏に積んであるので、雪に関係なく作業で

きるのが一番良い。

 趣味の山にはシイタケ原木が千本とナメコ原木500本・マイタケブロックは

1000個ほど置いてあるので二人の生活には有り余っている。でも作るが楽し

いので毎年春の一番最初の仙人生活の作業になっています。

今回植えこむ種コマ( ^ω^)・・・

ナメコの菌は知人から頂いた。

茸原木秋に伐採して裏の小屋に置いていました。

茸専用ドリル・・・格安で購入。

茸植えこむ作業場。仙人が効率よく作業できるように

考えるのも楽しい仙人修行です。

コマ菌の塊。

この様になっています。

ドリルで穴をあけて駒を打つ込みます。

こんな具合( ^ω^)・・・これであとは5月まで

暖かくして菌を繁殖させてから趣味の山に置く。

4月の末からはキノコの収穫が始まるので収穫の楽しみと

食べの楽しみを味わいながら山菜もこの時期になると

採れ始めるので白神は厳しい冬から一気に桃源郷にな

るよ~。

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

妻の好きなラン展

2017-03-16 13:39:42 | Weblog

 前々からランの展覧会を見たいと言っていたので午後から遅くなったが会場まで

一走りした。女性が沢山集まっていてランの管理方法の講座が無料で開かれていた

が仙人はマッタク興味がないので別の棟にある植物園を見ながら時間を過ごした。

 しばらくして展示場と販売コーナーへ行ったら買ったばかりの胡蝶蘭を袋に入れて

持つ歩いている。昨年も買ったが途中で枯れたので今はランはありませんが、今回の

ランは管理は大丈夫かな(・・?

 

こんな感じの会場

仙人はここで時間をつぶしていました。

この日は文句も言わないでお供したのが良かったのか

終日機嫌のよい妻でした。

買ったランは我が家の居間で花を咲かせて楽しませて

くれていますが、花が終わってからの管理が大変と思

うがその辺のことは余り考えていない様に思う。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

田舎へ移住希望者の里山歩き

2017-03-13 07:49:40 | Weblog

 春の気配を感じらる様になってきた白神の里ですが、里山の雪はまだまだ深く

十分に楽しめるね( ^ω^)・・・

 今日は関東から来た女性と地元人を入れて総勢5名で、誰も歩いたことのない

山を歩いて里山歩きの魅力をみんなに伝授したいとの思いを込めて嘉平岱地区か

ら釜谷までの尾根歩きを案内をした。

 天気は最高です。カモシカや色々な動物の足跡を見ながら奇怪な雑木を眺めな

がらの山歩きになったが、最後にちょっとしたトラブルがあったがそれも地元の

暖かい支えで乗り越えたので良かったね。

白神の山々はご覧の通りの雪景色・・・春遠いね

今日の里山歩きメンバー

初参加の2名は急登で少し苦戦していました。

彼女は山女なので慣れたものです。

こんな感じでスノーシューに慣れていません。

巨木のナラ木で記念写真。

中々様になっているが歩くととても不安に見えたよ~

尾根に出たら雪庇があったので移住定スタッフの

佐々木君が尾根歩きの説明をしてくれた。

仙人は案内の責任があるので目標方向を確認。

雑木林には色々なものを見られるのも楽しみの一つです。

(クンジョの実)ここいら辺ではこのように呼ぶが学名は

わかりません。

時間的制限があるので今日はこの辺で帰ることにした。

目的地まではあと30分ほどで到着できるが、帰りの時間も

十分に必要との判断でコーヒータイムを取って楽しい里山

歩きを体験できたと思う。

色々な準備走り回ったスタッフの佐々木君には

ご苦労様と言うほか感謝の述べようがありませんね

 

この様なスノーシューで山を歩くと色々な動物と

遭遇できるので楽しいよ。

ブナ林の芸術

順調にいった今日の山歩きも最後の最後にスタッフの

佐々木君が安堵したのか脱輪( ^ω^)・・・

これは5人の力ではどうにもなりません。

それでも走り回って何とか無事に車を道路上にあげました。

仙人の妻が作ったキノコ汁・・・当然キノコは

仙人が採ったのですよ~

昼食は少し遅くなったが、予定通りに案内ができて

良かった。

仙人は山の案内だけですが、行政やその関係者の間に

入って走り回る彼に少しでもお手伝いが出来ればと協

力しているだけなのでストレスは感じませんが、田舎

暮らしを楽しむのにはやはり自然と戯れる心が必要か

なと思う。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加