白神仙人の山の徒然

山登りは自分との戦いと思って妻を無理やり山女に教育していたが
最近は妻のほうが山登りが早くなった。

シイタケ菌植え込み

2017-03-19 09:00:06 | Weblog

 例年とおりにこの季節になるとシイタケ原木にコマを植えこむ作業が始まる。

雪は沢山あるが、太陽の日差しが日増しに強まってきたので春は近いね。

 今年はシイタケとナメコを合わせて1500コマほど植えこむ。一人での作業

なので無理をすることなく2日間かけて行う予定。

 原木は昨年の秋に伐採して小屋裏に積んであるので、雪に関係なく作業で

きるのが一番良い。

 趣味の山にはシイタケ原木が千本とナメコ原木500本・マイタケブロックは

1000個ほど置いてあるので二人の生活には有り余っている。でも作るが楽し

いので毎年春の一番最初の仙人生活の作業になっています。

今回植えこむ種コマ( ^ω^)・・・

ナメコの菌は知人から頂いた。

茸原木秋に伐採して裏の小屋に置いていました。

茸専用ドリル・・・格安で購入。

茸植えこむ作業場。仙人が効率よく作業できるように

考えるのも楽しい仙人修行です。

コマ菌の塊。

この様になっています。

ドリルで穴をあけて駒を打つ込みます。

こんな具合( ^ω^)・・・これであとは5月まで

暖かくして菌を繁殖させてから趣味の山に置く。

4月の末からはキノコの収穫が始まるので収穫の楽しみと

食べの楽しみを味わいながら山菜もこの時期になると

採れ始めるので白神は厳しい冬から一気に桃源郷にな

るよ~。

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加
広告を非表示にするには?

妻の好きなラン展

2017-03-16 13:39:42 | Weblog

 前々からランの展覧会を見たいと言っていたので午後から遅くなったが会場まで

一走りした。女性が沢山集まっていてランの管理方法の講座が無料で開かれていた

が仙人はマッタク興味がないので別の棟にある植物園を見ながら時間を過ごした。

 しばらくして展示場と販売コーナーへ行ったら買ったばかりの胡蝶蘭を袋に入れて

持つ歩いている。昨年も買ったが途中で枯れたので今はランはありませんが、今回の

ランは管理は大丈夫かな(・・?

 

こんな感じの会場

仙人はここで時間をつぶしていました。

この日は文句も言わないでお供したのが良かったのか

終日機嫌のよい妻でした。

買ったランは我が家の居間で花を咲かせて楽しませて

くれていますが、花が終わってからの管理が大変と思

うがその辺のことは余り考えていない様に思う。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

田舎へ移住希望者の里山歩き

2017-03-13 07:49:40 | Weblog

 春の気配を感じらる様になってきた白神の里ですが、里山の雪はまだまだ深く

十分に楽しめるね( ^ω^)・・・

 今日は関東から来た女性と地元人を入れて総勢5名で、誰も歩いたことのない

山を歩いて里山歩きの魅力をみんなに伝授したいとの思いを込めて嘉平岱地区か

ら釜谷までの尾根歩きを案内をした。

 天気は最高です。カモシカや色々な動物の足跡を見ながら奇怪な雑木を眺めな

がらの山歩きになったが、最後にちょっとしたトラブルがあったがそれも地元の

暖かい支えで乗り越えたので良かったね。

白神の山々はご覧の通りの雪景色・・・春遠いね

今日の里山歩きメンバー

初参加の2名は急登で少し苦戦していました。

彼女は山女なので慣れたものです。

こんな感じでスノーシューに慣れていません。

巨木のナラ木で記念写真。

中々様になっているが歩くととても不安に見えたよ~

尾根に出たら雪庇があったので移住定スタッフの

佐々木君が尾根歩きの説明をしてくれた。

仙人は案内の責任があるので目標方向を確認。

雑木林には色々なものを見られるのも楽しみの一つです。

(クンジョの実)ここいら辺ではこのように呼ぶが学名は

わかりません。

時間的制限があるので今日はこの辺で帰ることにした。

目的地まではあと30分ほどで到着できるが、帰りの時間も

十分に必要との判断でコーヒータイムを取って楽しい里山

歩きを体験できたと思う。

色々な準備走り回ったスタッフの佐々木君には

ご苦労様と言うほか感謝の述べようがありませんね

 

この様なスノーシューで山を歩くと色々な動物と

遭遇できるので楽しいよ。

ブナ林の芸術

順調にいった今日の山歩きも最後の最後にスタッフの

佐々木君が安堵したのか脱輪( ^ω^)・・・

これは5人の力ではどうにもなりません。

それでも走り回って何とか無事に車を道路上にあげました。

仙人の妻が作ったキノコ汁・・・当然キノコは

仙人が採ったのですよ~

昼食は少し遅くなったが、予定通りに案内ができて

良かった。

仙人は山の案内だけですが、行政やその関係者の間に

入って走り回る彼に少しでもお手伝いが出来ればと協

力しているだけなのでストレスは感じませんが、田舎

暮らしを楽しむのにはやはり自然と戯れる心が必要か

なと思う。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

我が家の観葉植物

2017-03-07 12:35:37 | Weblog

 今日の白神は朝から吹雪いていてとても寒い( ^ω^)・・・でもときおり窓

から差し込む

太陽の強さが春が近いことを匂わす今日この頃です。

 我妻は土アレルギーなのか分からないが、仙人の畑作りには全く関心を示さないが花は見るた

びに買ってくる。玄関前などに置いてあが日々の管理はマメにしていませんね。その点、観葉植

物はそれほど手入れを必要としないようなので妻の性格にあっているようです。

キッチン窓に置いてあるスクラメン

これも同じところに置いてあるキャットテール

名前はわからないがだいぶ前からあるね

20年もなる幸福の木・・・3メートル近い。

パソコンの部屋にあるクンシラン

最近買った花・・・名前はわかりません。

キャットテール・・・全館暖房なので観葉植物には

最適の環境のようで、通年咲いています。

パキラ( ^ω^)・・・100円ショップから買っ

たものですが、60センチにも成長した。

こんな感じで居間に沢山あるが管理は妻の仕事

キャットテールだけはときおり仙人が水をやります。

理由はとても好きな赤だから( ^ω^)・・・

外は吹雪いているが室内は24度で植物にはとても良い

環境のようですが、灯油代に頭が痛い( ^ω^)・・・

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

のんびり仙人小屋

2017-03-04 10:11:04 | Weblog

 このまま春の雪解けに向かっていくのかと思っていたら、朝方から降り始めた雪は水分の多い雪が

降り続いて一瞬のうちに雪が積もった。降りやむまで仙人小屋でのんびりとコーヒーを飲みながら時

を過ごし一時は仙人暮らしには大切なひとときです。

 薪ストーブからの暖かさで何とも言えない快さがやめられない。

植木に新しい雪が降り積もっている。

雪がやんだら雪捨てが待っているが、今日の雪は

重いね。

快い暖かさが体に伝わってきます。

薪ストーブで沸かしたお湯も上々。

今日は心のゆとりがあるので、時間をかけて

コーヒーを飲もうと思う。

コーヒー豆を入れます。

携帯用のミキサーで豆を挽く。

一人用なので・・・( ^ω^)・・・

何とも言えない香りがしてきました。

ただ出されたコーヒーを飲むだけではなく、お湯を沸かして

自分のペースでコーヒー豆を挽いて飲む味は格別です。

雪も止んだようなので1時間ほど雪捨てをしてお昼にをむか

えようかな。

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

樹氷の阿仁スキー№・・・2

2017-02-25 05:34:47 | Weblog

 若い二人は阿仁スキー場は初めてなので、仙人が概略を説明して、滑るのは

頂上から西側に伸びる二人乗りの斜面が良いと説明した。

 佐々木君は高校の時に競技スキーの経験があってスキーの腕前も上手いが

鈴木君はスキーは好きなようですが、腕前は素人の域でした。まあ~スキーは

楽しければよいと思うので、指導するのは控えて楽しく滑ったが、我々経験者

とレベルの違いがありすぎるので少しだけ教えた仙人です。

鈴木君と仙人です。彼はアフリカで海外協力隊を

3年間勤めて白神にきました。スキーは大好きと

言うことです。

樹氷をバックに記念写真。

腕前はご覧の通りです。

佐々木君も海外経験のある若者でスキー技術も

十分にありました。アウトドア大好き人間でよく

仙人小屋に来てくれます。

雪質が良いので気持ちよく滑れるね。

30代と言われてその気になっています。

朝出かけに、妻には注意して滑ってと言われたので

十分に抑えて滑っています。

そろそろ引退を考えているが( ^ω^)・・・

この様な光景を見るといつまでも青春の気分で

年を忘れて滑っているが、長時間は疲れるようにな

ってきた。来年も滑れるかは疑問だがとにかくスキー

は好きですね・・・北東北は5月まで滑れるのでこれ

からも気分次第でスキー場に行くと思う。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

樹氷の阿仁スキー№・・・1

2017-02-24 13:59:30 | Weblog

 久しぶりに思いっきり休みなしで4時間スキーを滑った。天気予報を眺めながら

今日は絶対晴れると確信して若い二人を誘っての阿仁スキー場は、雪質も最高に

良かった。それに樹木に張り付いた雪が芸術品の様に乱立して幻想の世界をスキーで

滑っているようでなかなかこのような日はないと思いながら滑りました。

この様な世界を快く滑った。

ゴンドラで3キロほど一気に頂上へ登る。

終日気温が低くてブナに張り付いた雪の風景は

変わらなかった。

遠くから仙人の滑りを撮る。

近くで見るとこのような滑りです。

すっかりと外スキーに乗ってフォームも良いね。

年をとっても青春をスキーにかけた遺産が残って

いる滑りです。

少しか霞んでいるがこのような

天気であれば良い方です。

いっしょに滑った若者…名古屋出身・・・こんなものかな

今年の樹氷は少し小さい。

上から下界を望む。

ここから1時間ほど歩くと頂上です。

芸術品です。

はるか遠くから滑ってきました。

ゴンドラリフト

連れて来た若者たちは感激してくれて連れてきたか

いがあった。でも久しぶりに4時間連続で滑ったら

仙人も年を感じました。若い時は全然疲れを感じな

かったが・・・( ^ω^)・・・そろそろ引退時かな。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

里山歩き

2017-02-21 19:08:52 | Weblog

 2日間降り続いた雪も今日は止み、ときおり太陽がのぞかせてくれるので仙人小屋で読書をしながらシチューを煮込む間、2時間ほど里山歩きをしたくなったので、急きょ道具をリュックに押し込んで出発した。
 今日のフイルドは、釜谷林道まで道なき道を尾根を目指して最短ルートで登ってみたいと思って、かねてから散歩しながらルートを探していたので登ってみることにした。
 雪は1メートルほどあるのでどこのルートを歩いても問題ない。痩せ尾根にでると一段と眺望が良いが、久しぶりの雪山歩きなので息が上がるね・・・( ^ω^)・・・今日は無理をしないで下山します。
 シチューが焦げるといけないから。

ビーフーシチューを作るために食材を仙人小屋で

2時間ほど煮ることにした。

待っている間は何時もの通りに薪ストーブ脇で

小説を読んでいたが、天気が良くて太陽が差し込ん

で来たのを見たら山へ行きたくなった。

急きょ里山山を歩くことにしました。

第一歩を踏み出して山の静けさを求めて歩きました。

ストックも必要な装備品。

誰も歩いていない雪面に仙人だけの足跡は爽快です。

雑木林は芸術品です。

痩せ尾根は危険だが歩くのは面白い。それに何時もの

子の尾根にカモシカがいるのですが、今日は見ること

ができなかった。

ここからの眺めは素晴らしい。

3月も近いのでそろそろ川の水も暖かくなると魚が

見えるのですが・・・( ^ω^)・・・

そろそろストーブのシチューも煮上がるころなので

途中から帰ることにしました。

次回にはブナ林まで足を延ばして里山歩きを楽しみたい。

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

仙人夫婦四国一周旅・・・№6 完結

2017-02-17 09:03:21 | Weblog

 旅の最後の朝は何時もの様に5時に起床して朝風呂一番に飛び込む。初めは露天風呂に入ってから、9階にある

展望の風呂に入った。たった一人で入る風呂は豪農気分そのものですねアハハハ・・・( ^ω^)・・・

妻はまだベットに入ったままです。

これが展望風呂・・・鳴門の海を見ながらの

入浴は良いね・・・( ^ω^)・・・

今回の旅で一番のホテルでした。

ホテルから眺望できる鳴門大橋

通路から見える鳴門の海

鳴門海峡を散策できる通路です。

鳴門海峡の散策路で記念写真。

この橋を造った人たちにご苦労様と言いたいね

凄い技術力とおもう。

淡路島の売店で・・・淡路島は暖かい。

花も沢山咲いていて春を感じました。

淡路島から眺めた鳴門大橋

 無事に飛行機を乗り継いで大館能代北空港へ

到着。迎えてくれたのは雪の雪像でした。

 これから30分ほど走ると我が家ですが、雪の状態が

気にかかる。それに暖房を止めてきたので、全館暖

まるのには2日ほどかかるので今夜は寒い我が家で

す。

 帰ってすぐにボイラーを点け・エアコンのスイッチ

を入れてから灯油ストーブと電気ストーブを点けて家

を温めたがヤッパリ次の日までは暖まらなかった。

 3月はの計画は未定ですが、やはり寒い時には温泉

でしょうか。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

仙人夫婦四国一周旅・・・№5

2017-02-17 08:51:27 | Weblog

 楽しみの夕食です。

その前に露天風呂に入ったがとても寒い( ^ω^)・・・

生ビールを飲む予定でいるので少し長く風呂に入って

汗をかきました。

残念ながら生ビールを置いていないとのことなので

赤ワインを一杯だけ飲んだ。

余興に阿波踊りを見た・・・感激しました。

全国に知れ渡っているだけあって素晴らしい

踊りだ( ^ω^)・・・

観客を踊りに引き込む魅力と司会者の巧みな話術に

観客を引き込んで、全に阿波踊りの輪に引き込む素

晴らしい演出に会場も盛り上がった。

寝る前にもう一度展望風呂に入ろうと思って、ベットで

一休みをしていたらそのまま就寝してしまったので、次

の朝はまとめて3回も風呂に入って昨夜の遅れを取り戻

した仙人です。

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加