ときわの広場

ときわ動物病院のコミュニティ。診療のお話やしつけ教室の様子など、ざっくばらんに綴っています。

エキゾチック診療科7 カメの異物食

2013-10-07 11:28:14 | 院長のつぶやき
こんにちは、岡村です。



カメなどの爬虫類や、両生類にも、わんちゃんや猫ちゃんフェレットさんと同じ様に異物食があります
下に石を敷くにせよ、飲み込めない大きさのものを選ぶことは大切なことです。
これらがたまってくると、元気消失、食欲不振などの症状をみせ、
弱って、肺炎などの内臓疾患を併発することもあります
Photo



エックス線でうつっている白い像が消化管に貯まった石です。
見るだけで苦しそうな写真です
点滴などの薬も大切ですが、
やはり環境整備もとても大切です
特に弱っている時は、水槽内の配置、水温、外気温、甲羅干しなどにも気を使い、
水生カメならばこういうふうな環境で快適に過ごすであろうという環境に整備することです


Photo_2


石は便と一緒にでてきて、徐々にカメさんを楽にしてくれています。
まだまだ治療継続中ですが、少しずつ回復の兆しがみられています。
Photo_3


教訓じみているお話でしたが、
ペットショップで普通に売られている石で、こうなっちゃうこともあります
そのサイズが動物にとって飲み込めるサイズであるならば、より大きなものへ変更することがよいでしょう。
カメさん両生類の飼い主さんは季節の変わり目で今の時期は特に注意してみてあげてくださいね

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 整形外科5 犬の前肢骨折 | トップ | 消化器科2 猫の異物食による... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL