ときわの広場

ときわ動物病院のコミュニティ。診療のお話やしつけ教室の様子など、ざっくばらんに綴っています。

ねこちゃんと楽しく暮らす1 ~ねこちゃんの習性~

2015-07-16 19:37:53 | 猫ってどんな動物?
こんにちは、たづみです。

わんちゃんのセミナーはたくさんあれど、ねこちゃんのセミナーってあんまりありませんでした。
しかし、近頃は少しずつねこちゃんのセミナーも増えてきています!

愛猫家の私も嬉しい限りです



私のブログで、ねこちゃんについて得た情報をたくさんの方々に知ってもらえたらと思います。
そして飼い主さんもねこちゃんも、生活がよりHAPPYになればと思います

病気などの堅苦しいことは獣医さんに任せて(笑)、
(書きたくなったら書いちゃうかもしれませんw)
日常のケアやねこちゃんの性質や豆知識なんかをゆる~く書いていけたらと思っております。


記念すべき、第1回目は『ねこちゃんの習性』について。


ねこちゃんって『孤独が好き』と言われていますが、そんなことはありません。
もちろん一人でのんびりしたい時もありますが、誰かと一緒にいたい時もあります。

ねこちゃんも人や犬と同じで社会性があり
他のねこや他の動物とコミュニケーションを取ることはできます


しかし、犬ほど人に依存するわけではありません。
単独でも暮らせるし、他の動物とも暮らせます。(十分な資源と環境があれば)
そしてみんながフラットな関係でボスやリーダーと言われる者はいません。
犬のように主従関係がないってことですね~


(ねこの多頭飼育については、またそのうち詳しく書くつもりですw)


このねこちゃん(にこたん)は、うさぎちゃん(りゅうくん)とだってこんなに仲良くできます。



にこたんはりゅうくんの毛をグルーミングしてあげることもしばしば。
される方もまんざらではない様子ですw


※どんな猫でもウサギと仲良しになれるわけではありませんよw
双方がストレスを感じていないことを確認しながら会わせています。
うさぎオーナーさん、ご安心してくださいね。





また、このねこちゃん(たれ蔵 うちの子ですw)は、友人のわんこさん(小太郎くん)と一緒に「マット」のトレーニング中です。



ねこちゃんにトレーニングが必要かと問われると、正直わかりませんが、
体を触られることだったり、クレートトレーニングは絶対に必要だと思います。

大好きな飼い主(私のことですw)の指示を受け、小太郎くんと一緒にマットをし、
ご褒美をもらう時間はたれ蔵にとってとても楽しいひと時なんです。

トレーニングについてはまた機会があれば。。。

この写真を見てもやはりねこちゃんが『孤独が好き』とは思えませんね。



そしてねこちゃんに言われていた「夜行性」も違うそう。。。

・昼行性
・夜行性

そもそも日本語にはこの2つしか括りがないのかもしれませんが、
ねこちゃんは「薄明薄暮性」

朝方や夕方に活発に活動する性質。


ねこ以外にも、イヌ、レッサーパンダ、ウサギ、シカ、モルモット、ネズミなども薄明薄暮性だそうですよ。
(Wikipedia参照)
ねこちゃんは、早朝に活動を始め夕方に巣に戻る小鳥や、薄明薄暮性のネズミを捕まえる動物なので、
そういった時間に活動することを選んだとすれば、しっくりときますね!!


日がな一日、ウツラウツラしているねこちゃんですが、
レム睡眠とノンレム睡眠をしてしっかりと眠るのは、夜間だけなんですって。
夜にしっかりと眠るのは人と同じですね!!


『ねこってこんな動物!!』って当然のように思われていたことが、
近年調べられ、ゴロ~~ン!!!と覆されてきています。

とっても興味深く、おもしろいです


と、こんなところで記念すべき1回目の『ねこちゃんと楽しく暮らす』はおしまいに。
ではまた次回。。。

台風が来ているようです!!
大事には至りませんように☆




ときわ動物病院
大阪府岸和田市下松町3-4-1
072-493-6710
(電話のかけ間違いにご注意ください)

動物看護師:田積(タヅミ)


当院では、ねこちゃんの動物福祉を考慮し、
できるだけストレスの少ない診療を心がけています。
他の動物さんのいない時間のご予約も承っていますので、お気軽にご相談ください。


動物福祉の詳しいお話は、こちらのブログをご参照ください。
http://blog.goo.ne.jp/tokiwaah/e/3978b622e31fff18a04c09742fb56210
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウサギ専門診療科41 当院一... | トップ | 今週のしつけ教室 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL