ときわの広場

ときわ動物病院のコミュニティ。診療のお話やしつけ教室の様子など、ざっくばらんに綴っています。

ウサギ専門診療科76 高齢ウサギさん

2017-06-24 15:41:33 | ウサギ専門診療科
今日は「スーパーおばあちゃん」と呼ばれている
11才9ヶ月のウサギさんのお話です

ナナちゃんはお口にできものができて、
自分で食べるのが難しくなってしまいました

それでも食欲がしっかりあるので、シリンジで流動食を
お口に入れてあげると喜んで食べてくれます

その姿がなんともかわいいんです

まるで哺乳瓶を持つように、
お手てでシリンジを持ってモグモグします





(動画をご覧になりたい方は、当院のFacebookページをご覧ください。)


飼主様はナナちゃんに毎日こうして食餌のサポートをしてあげています
ナナちゃんもごはんの時間が待ち遠しいようです

たくさんの愛情の込もった看護をしてもらって
ナナちゃんはとっても幸せそうです

飼主様とナナちゃんが過ごしてきた11年9ヶ月
という長い月日が、お二人の間に温かい絆を
作っているのが伝わってきます

そんな微笑ましい様子に、こちらも幸せな気持ちになります


ウサギさんも高齢になれば、人と同じように看護や介護が
必要になることもあります

個々の状況によってしてあげるべきことが変わりますが
愛情のこもったお世話は、ウサギさんにもきちんと伝わります。

ナナちゃんの飼主様のように、ウサギさんの病気を受け入れて
必要なサポートを献身的にされる姿は本当に素晴らしいと思います

これからも一緒に居られる時間を大切に大切に過ごしながら
更なるご長寿さん…ウルトラおばあちゃんを目指して欲しいですね




ときわ動物病院
ウサギ専門診療科
〒596-0823
大阪府岸和田市下松町3-4-1
072-493-6710

獣医師 樋口


過去のウサギBlogはこちらから

この記事をはてなブックマークに追加

今週のパピークラス

2017-06-20 16:47:43 | トレーニング
昨日は、パピークラスが元気の行われました。


早いもので5月から始まったこはくちゃんとルッカちゃんが晴れて卒業となりました

3回目の武ちゃんもだんだんと本領発揮してきたようで、
ルッカちゃんやこはくちゃんと楽しそうに追いかけっこをしていました。






ルッカちゃんの『プレイバウ』の姿勢かわいいです
この写真は前の週の写真なので、武ちゃんがちょっと引いていますが、
今週はルッカちゃんが押されていました

こんな風に子犬ちゃん同士で遊びながら、犬同士の色んなことが学べたらいいですね



体を触る練習や、
はみがきの練習、


変なものの上に座ったり、


(これはリハビリやエクササイズで使うバランスディスクです!)


おすわりや伏せなどの基本的なトレーニング



などを行いました。


みなさんとても一生懸命にお勉強してくれ、とても楽しい時間を過ごすことができました。


こはくちゃんの飼い主さまに、帰り際、
「楽しかったです!ありがとうございました。」と言われ、とても嬉しかったです。

動物病院で働いていて良かったと思える時間のひとつです


来週、武ちゃんと、もう少しやりたいとルッカちゃんが来てくれるのでまだまだ楽しい時間は続きそうです





パピークラスやしつけ教室にご興味ある方は、お気軽にご連絡ください。





ときわ動物病院
大阪府岸和田市下松町3-4-1
072-493-6710
(電話のかけ間違いにご注意ください)

動物看護師:たづみ


この記事をはてなブックマークに追加

今週のパピークラス

2017-06-06 15:50:09 | トレーニング
昨日、元気にパピークラスがありました。

今週は、新しいわんこさんが参加してくれましたよー
とってもかわいい柴犬の武(タケル)くん。

ポメ先輩s は、もう早いもので4回目になりました。



犬の種類は、生存目的や形態・用途によってグループ分けされているんですが、

なんとなんと、柴犬とポメラニアンは同じグループなんですよ

びっくりじゃないですか?


彼らは第5グループで「スピッツ・プリミティブ・タイプ」に属します。

スピッツ系に柴犬もポメラニアンも入るようで、
立ち耳で背中の上で尾が巻いている犬種です。

大きさやイメージがだいぶ違うように思うのですが、
そう言われると、確かに共通点がありますね



今回もごあいさつから始まり、いろんなことをしましたよ

ちょっと体を動かした後は、リラックスの練習

仰向けでのだっこ




体のどこを触ってもへちゃらな子になるように練習したり、



ブラッシング、ドライヤーもへっちゃらな子になるように練習したり、


トンネルをくぐったり、




おすわりや、伏せ、ゴロンの練習もしました。

ポメ先輩sは、後輩の前でがんばってくれましたし、
柴後輩も1回目とは思えないくらいしっかりとお勉強してくれました

本人たちは楽しく遊んでいたり、飼い主さんとゲームをしたりしている感覚なんでしょうけどね


そんなわけで、今回も内容の濃い時間を楽しく過ごせました。


ではまた次回〜〜





パピークラスやしつけ教室にご興味ある方は、お気軽にご連絡ください。

ときわ動物病院
大阪府岸和田市下松町3-4-1
072-493-6710
(電話のかけ間違いにご注意ください)

動物看護師:たづみ

この記事をはてなブックマークに追加

ウサギ専門診療科75 腹壁ヘルニア

2017-05-30 15:33:40 | ウサギ専門診療科
今日は前回に引き続き、去勢手術を受けていない高齢の男の子のウサギさんがかかりやすい病気のお話です

ヘルニアとは、臓器もしくは組織が体内の裂け目を通って,本来の位置から脱出した状態をいいます
・鼠径ヘルニア
・臍ヘルニア
・椎間板ヘルニア
・横隔膜ヘルニア
・脳ヘルニア
などがあります。

高齢のウサギさんで診られる「腹壁ヘルニア」は、下腹部にポコンとした膨らみとして見つかります 下のお写真は、仰向けになっているウサギさんの下腹部です。


この膨らみは、膀胱とその周りの脂肪が、腹壁にできた裂け目を通り抜けて腹腔外に脱出することで生じます。多くの場合、この膨らみを手で押すとおしっこが勢いよく出てきますウサギさんの下腹部は毛で覆われていますし、仰向けに抱っこできない場合は、なかなか気付きにくいかもしれません

症状としては、以下が挙げられます
・あちこちで少しずつ排尿する
・後ろ足やお尻周りがおしっこで汚れやすい
・おしっこにたくさんの砂が混じる
   


7歳1ヶ月齢のすずまるくんは、まさにこの症状が出ていましたそこで、裂け目から膀胱をお腹の中に戻す手術をすることになりました シニアと言われる年齢ですが、すずまるくんは手術を無事に乗り切り、術後はトイレできちんとおしっこができるようになりましたよく頑張ったね!!

この病気も若くて健康なうちに去勢手術をして未然に防ぎたい病気のひとつです 去勢手術をお悩みの飼主様はぜひ一度ご相談くださいね





ときわ動物病院
ウサギ専門診療科
〒596-0823
大阪府岸和田市下松町3-4-1
072-493-6710

獣医師 樋口


過去のウサギBlogはこちらから

この記事をはてなブックマークに追加

猫と楽しく暮らす10〜猫らしさって?〜

2017-05-23 14:13:30 | 猫ってどんな動物?
春は動物病院にとって予防シーズンですが、子猫の誕生シーズンでもあります。
子猫はとってもかわいいですよね〜❤️

昨今、世間は空前の猫ブーム!!


猫はお散歩が要らないし、一人暮らしでも飼えるよ!

っていう話を聞きます。

う〜ん、本当にそうでしょうか?


飼うだけなら、飼えるでしょう。

でも本当にその子の幸せな環境を整えてあげられるのか、
猫を迎える前にもう一度考えてみてほしいです。



当院で大切にしていることは、『動物福祉の5つの自由』


①飢えと渇きからの自由 
 適切なフードを適切な量あたえてる?
  与えすぎて、肥満!もNGですよ〜!
 常に新鮮なお水を飲める?

②肉体的苦痛と不快からの自由
 お部屋やトイレはキレイ?
 安全?
 暑すぎない?
 寒すぎない?
 
③外傷や疾病からの自由
 痛みやケガなどはない?
 そんな様子が見られたら、動物病院へ連れて行ってあげることができる?

④恐怖や不安からの自由
 恐怖や精神的苦痛(不安)の兆候はない?
 あれば原因を特定できてる?原因がわかったら対応してあげられる?

⑤正常な行動を表現する自由
 十分なスペースが与えられる?
 猫ちゃんを猫ちゃんらしく生活させてあげられる?


私はこの⑤がネックだと思っているのです。

猫が猫らしく…すごく深いです。

飼えますよ〜〜て簡単に言える人は、猫のことをあまりわかっていない方なのかなって思ってしまいます。


猫はネズミを取るために飼われていたことは皆さんご存知ですよね。
猫のハンターなんです。
このハンター気質を満足させるためには、しっかり遊んであげなければいけません。
特に子猫の時の、やんちゃっぷり、噛み癖はなかなかのもの

(子犬のしつけの仕方は色んなところで教えてくれても、
 子猫のしつけ方はまだまだ知られていないのが現状・・・。;△;)

高いところも登りたいので、高さの工夫も必要
ハンターにとって大切な爪の手入れ…爪とぎも必要です


と、そんなわけで

私個人的には、”一人暮らしの癒し”のためだけに猫を飼うのであれば、おすすめはしません。


でも猫と暮らすことは、ハッピーもいっぱいです
本当にかわいいです。

猫が猫らしく生活できる環境を20年間整えられるなら、
ぜひ家族として迎えてあげてください。


新しい家族を待っている猫ちゃんはたくさんいます。





ときわ動物病院
大阪府岸和田市下松町3-4-1
072-493-6710
(電話のかけ間違いにご注意ください)

動物看護師:田積(タヅミ)
過去のねこちゃんブログはこちらから





当院では、ねこちゃんの動物福祉を考慮し、
できるだけストレスの少ない診療を心がけています。
他の動物さんのいない時間のご予約も承っていますので、お気軽にご相談ください。


動物福祉の詳しいお話は、こちらのブログをご参照ください。
http://blog.goo.ne.jp/tokiwaah/e/3978b622e31fff18a04c09742fb56210

この記事をはてなブックマークに追加