時の音色森の旅人~京都のオルゴール作家~

~想いをかたちにするために~
天然木を使った創作オルゴールの世界をあなたに 京都のオルゴール作家です

ありがとうございます

2017-02-13 16:21:20 | 作品集
本当は

色んな事があって

ひと月前からいっぱいいっぱいだった私は

辛うじて

自分の力をふりしぼっていました。

虚勢を張るのは得意だったんですけど

心のどこかの線が切れてるまんま

走ってました。

それでも作品にはそんなことが出ないように

幸せな思い出や楽しいことをいつもいつも思い出して

作ってました。

今日も国東で結んだご縁の東京の方が

黒崎でもそのかたにご紹介してもらった方が注文頂いたりと本当にお世話になってますが

東京から

素敵なお菓子とあたたかい心のプレゼント。

泣けてくるくらいあったかい皆さん。

先の事を色々考えると不安で押し潰されそうだった私は

やるぞやるぞと励ましながらも

まだまだ本調子ではなくて

大丈夫、大丈夫って自分に言い聞かせて

黒崎から続いてた体調不良も心から来てるなとわかってましたので

払拭したいばかり焦りはじめていました。

でも、今日も朝から作業していて

私の作品たちは私に

一緒にいるよ。って話しかけてくれた。

私の肩から手元から

クスクス笑いながら

「あのね、これから起こることを教えてあげるよ🎵」って。

え?なに?なに?

「物語をハジメヨウ」

ハジメヨウ

ハジメヨウ

光と色とりどりの帯と。

ピアノの音と。

シューマンの子供の情景から。

不思議なお話。

それに合わせてくるくる踊る子供たち。

次ぎはベートーヴェンの。

また踊ってる。(笑)

気がつくとお昼に一度帰ってたのですけれど

こたつに座ったまんま小一時間眠ってました。

夢か。

夢か。

戻ろう。

ろうそくの燭台に火をともすように

心の中の燭台に火をともします。

夢の中の長いテーブルに

金の糸と銀の糸で刺繍してある紅いべっちんのライナーを敷いて

淡い桃色のイングリッシュローズを飾ろう。

薄暗い部屋ですが

「さて、次のギャラリーのコンセプトって言われてるけど、どうするの?」

そうねえ。

しばらく逡巡して答えましょう。

あのね、

巡る物語。

「めぐる物語?」

うーん、ちょっとわかり辛い?

そうねえ。じゃあ

音色物語。

「音色物語。それはいいね。(笑)」

これ、いいね。(笑)

誰と話しているのかわからないけど(笑)

スウェーデンのお土産の燭台は

ちょっと面白い。

私の楽譜返して。

そう言うと笑った。

「一人でするのが気楽?」

一人でするよ、なんでもかんでも。(笑)

これからもきっとそうなんだ。

「人魚のお姫様の物語はまだできないの?」

できないよ。

ソルヴェーグの唄を合わせる。

まだまだできないよ。

目が完全に覚めてないのだ。(笑)

いけないいけない。

ベッドの横のクリーム色のカーテンを開ければ朝日が差し込む。

これはまだ夢だ。

ここは過去の国。(笑)

目を覚まして

また私は作業場に。(笑)

午後はチェロを聴く。(笑)

でも、夢で誰かと話して

音色物語。って決まりました。(笑)

なんばの高島屋さんの特選ギャラリーのテーマ。(笑)

特選ギャラリーは何年ぶりかなあ?

6年ぶりだ。(笑)

子供服とか色んな場所でさせてもらったけど

また戻る。(笑)

今度は私のやりたいようにさせてもらう。(笑)

あ、元気出てきたなあ。

やっぱり作るめあてがないと元気出ないなあ。(笑)

先の事は考えないで

今に集中。

なんとかなる。(笑)

誰か助けてぇ~❗とは

なかなか言えない

頑固な私だけど

ま、時々

気楽に行こう。って

そんな感じになるから

もってます。(笑)

ご縁のある色んな皆さんからの愛情に感謝❗

音色物語。

はじめよう。(笑)
ジャンル:
モブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大笑い | トップ | トンネル抜けて »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (のんちゃん)
2017-02-14 10:22:42
楽しい音色が
妖精の歌声が
みんな仲良く純ちゃんを励まして
ふわぃとって(笑)
Unknown (時の音色森の旅人)
2017-02-14 11:18:25
あのね、素敵な昔のお話を聞いたらそんな夢を見た❗(笑)

コメントを投稿

作品集」カテゴリの最新記事