時の音色森の旅人~京都のオルゴール作家~

~想いをかたちにするために~
天然木を使った創作オルゴールの世界をあなたに 京都のオルゴール作家です

合間の練習は続く

2017-05-20 16:13:51 | 作品集

今日は

絵はがきや写真の額の練習。

契入れるの前よりできるようになりました。(笑)

今回はウォールナッツ使いました。

ただ、

45°のカットが気に入らなくて。

スライドソーでカットしたけど

これは当てを作りましたけど

馬力が強いので

手で押さえましたがどうしても微妙に動いたのか

ぴったりスッキリになりません!

この前の立体額は手で持たないでとめたので大丈夫でしたが

これは薄くて小さいので、手で押さえたのです。

手で押さえるのは力を入れても

特に私の左手は握力弱く

スプリングの押さえは小さいと届きません。σ( ̄∇ ̄;)

小さな額は早くできるのに

それなのに微妙に逃げる。

さて、下手くそな私はどのような対策をしようかなあ。(笑)

何でも練習して自分でしなきゃわかんない。(笑)

仙人に大きな額作ってもらってるなら

これくらいはちゃんとしなきゃ。( ;∀;)

頑張ろう。
ジャンル:
モブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 考え方 | トップ | あしたのこと »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みそらママ)
2017-05-20 20:51:24
素敵な額ですね(⌒‐⌒)
さくさく 頑張ってぇ~
みそらママへ (時の音色森の旅人)
2017-05-20 21:29:10
ありがとう❤サクサクできたらいいなあ。(笑)
Unknown (野山のおるごーる仙人)
2017-05-20 22:25:30
実は小さい物の方が場合によってはより精度が必要になるんですが一辺の寸法が短い分だけ基準面の面積が小さくなるので切削する角度誤差が大きくなるし、押さえる力も余分に要るんです。
丸鋸の力というのは強烈なもので私のようなバカ力の持ち主でさえ押さえきれるものではありません。
手の力で押さえられるのはワークの基準面が完全な平面で、フェンスの面も当然ながらきれいでフェンスとワークがピッタリくっ付いて刃物がよく切れる事が条件です。例のギロチンで切る時も同じです。
仙人へ (時の音色森の旅人)
2017-05-20 22:37:47
それで今回苦戦したんですね~。見たところ簡単な気がしたんです。短いものもしっかりと固定する冶具作らなかったらだめですね。(笑)写真の額って本当に大変なんだなあって、今回よくわかりました。
何でも自分でしないとわからないものですね。
Unknown (のんちゃん)
2017-05-21 11:11:31
素敵じゃないですかぁ
小さな額 いいなぁ 
とーちゃんの写真入れたいなぁ
のんちゃんへ (時の音色森の旅人)
2017-05-21 16:40:30
上手くできるようになったら差し上げまーす❗

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む