時の音色森の旅人~京都のオルゴール作家~

~想いをかたちにするために~
天然木を使った創作オルゴールの世界をあなたに 京都のオルゴール作家です

想い

2017-04-21 22:47:44 | 作品集
創作への恋情は

私に苦しみを与えるが

それは喜びのエネルギーにもなる。

時にさいなまれ

時に恋い焦がれ

創作へのエネルギーは本当に厄介なものではあるけれど

それでもそれなしでは

私は生きる甲斐がないのかもしれない。

音色を聴き

音色を生かしたいと想いながら

優しく

時に畏れながら

時おり不安になり

不安定になったり

安心したり

折に触れ

その作品の姿を思い浮かべ。

厄介な病ではあります。

それでも

その心の声に呼応してくれる作品との相聞の詩は

命を燃やすエネルギーになるものです。

夢に出るほどに。

それでも

何でもない顔をしながら。

オルゴールと言うものは

私にとって

そのようなものです。

Ombra mai fù di vegetabile, cara ed amabile, soave più

心の平安を求めながら。(笑)

愚かしげでも

弱いものです。
ジャンル:
モブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福の神 | トップ | 子供か?(笑) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (のんちゃん)
2017-04-22 10:22:31
心にたぎる想いを
形にできる喜びを
たのしんでくださ~い
Unknown (時の音色森の旅人)
2017-04-22 21:36:59
はーい。オルゴールに恋する乙女🎵(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む