時の行者の株式&経済   実戦学習塾

時の行者のキラ☆キラ株式経済情報
&競馬予想分析情報&旅情報

(少しでもお役に立てる、講義!)  

菊花賞!

2016-10-21 12:42:39 | 世界で1番簡単な株式DVD
16日山形県営球場 高校野球東北大会 仙台育英-八戸光星学院戦


10月21日 菊花賞 枠順決定


穴として


本命 1番 カフジプリンス

対抗 3,4,5,6,7,8,10,11,15、17(関東馬は薄く)


本命なら


本命 3番 サトノダイヤモンド

対抗 人気馬消しで、、1、4,5,10,11,15、17(関東馬は薄く)


超大穴逃げ逃げ

1,5,15の組合わせと3連複


3連複

1番ー3番から4,5,6,7,8,10,11,12,15


2,3点勝負なら


1番ー3番、、3-10、、3-11


個人的最終決断


1、関東馬は3着まで今年も継続として。

2、450キロ以下の馬は過去1頭だけ、、それも450キロで1000万勝ち、神戸新聞杯3着の上がり馬だけ
  (11番不合格)

3、デープ産駒は2着まで

4、及び間隔は9月17日以後1度はレース使う。
  (17番不合格)

5、オープン特別又は1000万は勝利して菊花賞
  (15番不合格)



1,2,3、4,5考慮して。


本命 馬連

1番カフジプリンス、、


対抗


3番サトノダイヤモンド

4番シュベールミエール  好枠前走阪神2400勝利

7番レッドエルデイスト、

8番ミツキーロケット

6番デイマジョステイ  (関東馬ですが今年は例外として)

神戸新聞杯1-4着とセントライト記念1着馬。


3連複

1番カフジ  4番 ステイゴールド産駒、、7戦3勝2着1回、3着3回と複勝率100%、超人気薄

3,6,7,8




10月20日 菊花賞


展開考えると、サトノダイヤモンド、、デイマジェステイ、ミーキーロケット共に
3強として牽制し合うでしょう。ましてサトノ陣営は距離心配していますので、余計
早め抜け出しはしずらいはず。誠実な騎手ルメールは3着以内には入れる騎乗をするはず。

勝つか7,8着のような冒険はしない性格。

やはり7,8着でも構わないと考える一か八かのレース出きる馬。3-4コーナで
早めに抜け出し狙う、岩田騎手のカフジプリンス。

昔安藤克巳のザツッザプレンテイ、ミナガワマンナ、ホリスキーのようにイン強襲。京都3-4コーナ
は本来加速してしまい4コーナで大外に振られてしまうものですが、、、イン突きの
岩田騎手が今年の桜花賞の早め抜け出しの逃げと似たような作戦取るはず。

ましてカフジは個人馬主であり、、仮に大きく負けても責められない。クラブ所有の馬ですと、
次のクラブ馬の騎乗依頼減るリスクありますが、、この馬主おそらく初めてのG1挑戦
ですので、一か八かも騎乗望むはずです。今後G1出走の馬と巡り合うかは未知数。

出来ることなら内枠なら良し。後は運。


カフジから人気7番人気までかな、、。大番狂わせあるかもしれず。
(過去10年7番人気以内が1,2着どちらかしています)

カフジは推定7-11番人気くらいでしょうか、、、。過去人気薄で連対は1番、2番、3番枠。インコース
のんびり走り、、4コーナーで前が空いて差し足届く場合。



最終データから


1,関東馬は10年連対無し

2、デープ産駒は2着まで

3、460キロ以下は無用

4,1600重賞勝ち馬、2着馬除外

本命  カフジプリンス、、ジュンバルカン、ミツキーロケット、レッドエルデイスト


2着候補 上記馬とサトノダイヤモンド

データ信じれば上記5点の組み合わせ。







10月18日 菊花賞


デープ産駒が不調の菊花賞と天皇賞。及びここ10年関東馬が連対0。16日の秋華賞も
そうでしたが関東馬は連対0。


やはり輸送やら環境の違いで睡眠不足にでもなるのでしょうか、、。

個人的にニューヨークですと13時間、、アブダビも12時間、意外と眠れます。
ところがハワイの場合6時間30分。飛行機で電気暗くなる時間は2時間程度ですので
まず翌日睡眠不足で身体が動きません。

まして夜8時頃の便ですと現地到着朝7時30分頃ですので、全然寝てい無い状態で朝を迎えます
ので最悪です。

ニューヨ―ク過去2度、、日本夕方4時頃発、、到着も現地夕方4時頃ですので別に時差ボケならず。

アブダビの場合、日本夜9時40分発、、現地朝5時頃到着ですが、、機内で眠れますのでさほど
疲れず。

馬も、、茨城から京都、、、眠る間に到着してしまうから睡眠不足になるのでしょうか、、。


ということで関東馬は基本印小さくしたいです。


本命  カフジプリンス  前走神戸新聞杯は脚を余して4着。その前1番人気の丹頂特別オープン2600
             は逃げ先行5頭が1-5着独占。若い騎手菱田騎手は、、最後から3,4番手
             走り、先頭と20馬身近く離され、、、最後辛うじて6着。ペース配分
             読み間違えた騎乗ミス。

             その前の阿寒湖特別2600は折り合い完璧、、4馬身差圧勝。

             距離、折り合い、、スタミナすべて大丈夫。前走の神戸新聞杯の上がりから
             追い比べも大丈夫。

             出来ることなら内枠欲しいところです。



10月16日

昨日の秋華賞、、、しかし過去10年中9回が1,2番人気が連絡み、、ところが来れず。

1番人気のビッシュは10着と敗れるとは、、、せいぜい2,3着はありそうでしたが、全然
伸びず。やはりG1の戸崎騎手、、4番人気以内では4着以下の確率90%あるのでは、、。
昨年春はほとんど全滅でした、、秋は外人騎手に乗り替わられ。今年も同じような、、、。

当分秋のG1は戸崎消しでいきたいです。


今週は秋華賞


人気はすべてデープインパクト産駒です。ところがこのデープ産駒、京都は良いのですが、
3000メートル以上はすこぶる成績悪いのです。

2013年から2015年菊花賞に延べ14頭が出走、、2着が1度だけです。

天皇賞春3200も連対0。


現在想定1番人気  サトノダイヤモンド、神戸新聞杯1着

    2番人気  デイマジェステイ、、セントライト記念1着

    その他人気になりさうな、、プロデイガルサン、、セントライト3着
                 
                 マウントロブソン、ウムブルク

    上記すべてデイープ産駒



そこで本命はカフジプリンス、、、初めての芝が2300メートル、その後2200,2200,2300,2600、
                2600、前走神戸新聞杯4着2400と、すべて長距離。

                神戸1、2着馬の上がりが34,2、、、34,0、、カフジは45,6と4位。

                距離伸びてこその馬ですので、、穴ならこの馬。父ハーツクライと
                成長力1番。母の父がシンボリクリエンスと長距離向きです。

                問題は瞬発力勝負の時、、、騎手岩田ですので、早めに動いて
                4コーナー先頭のようなレースをするのでは、、、、。

                追い込んで来るのがサトノダイヤモンドとデイマジェステイと
                ミツキーロケット


                血統からでは1着ミツキ―、、2着カフジ、3,4着サトノ、、デイマジェス



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 17000円回復! | トップ | 天皇賞秋! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。