降って来るもの

写真と散文とぽえむ

生滅の明暗

2017-06-22 16:00:08 | 

        生滅の明暗

 

胸のリトマスに何も滲んでこないトキは

何時までも空が割れない日には

誰も微動だにしない一日は

歯車が狂ったように軋むトキは

風景が色を喪う日には

あらゆる種子が地中で腐るトキは

海馬に亡羊が拡がってゆく日は

動かねばならぬ!と拡声器が連呼するトキは

 

繋ぎ合わせる日時の結び目が解けない日は

烏が埋め尽くす陰惨な朝には

願いが沈黙に引き千切られる夕べは

荒野で墓標が朽ち倒れるトキは

一花も許さない悪意の季節には

 

つまりは

生滅の間の明暗は

この小動物のか弱さに何の箍を填める?

 

盲目の虫が突出する日は

西から日光が上がり滞る月光が嘲笑う一日は

想いの糸が縺れて一塊の屑になるトキは

腑に落ちぬ滴が天空を彷徨う昼間は

 

つまりは

人間である間に

為すべくは何ぞや?と匕首を!!

2017 06/22 16:00:00

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 転生 | トップ | 「あと書き」を »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿