降って来るもの

写真と散文とぽえむ

僕の闇は

2017-03-06 22:40:58 | 

 

        僕の闇は

 

消耗し疲弊して堆積する

使い古しの時間を

静かに穏やかに覆い隠してゆく

 慈悲のような

闇の帳よ

 

生きていた昼の

時間の遣り繰りさえ

思い出す気力も萎えた

 夜の僕を

労わるように

深まってゆく闇よ

 

神様は

誰にも同じように昼と夜を創造し

その昼夜の間で

 僕等は

哀楽の起伏を生きる

 

僕の闇は

創造と癒しの二面観音のように

 存在する

03/06 22:40:40

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅五輪 | トップ | もし模詩 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。