降って来るもの

写真と散文とぽえむ

獣のように

2017-06-18 05:05:38 | 

      獣のように

 

睡眠や思索や文筆に渇したまま

何時でも

最後の狼のように

イノチの森林で咆哮せよ

 

哀楽や夢想や想像に飢えたまま

何時でも

一匹の獣のように

イノチの暗渠を徘徊せよ

 

生きるための獲物に窮したまま

何時でも

野生の本能のように

イノチの雄叫びを挙げ続けよ

 

めくるめく混迷の中にこそ

雷鳴も光臨も現出すると

特別な戦にこそ

際立つイノチが有ると宣言せよ

 

最初で最後の生き物のように

屹立して凛と

己が荒野を亘ると

孤高の旗印を掲げよ

06/18 05:05 万甫

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 特別な日へ | トップ | 草刈りと誕生日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。