降って来るもの

写真と散文とぽえむ

イノチの時計

2017-07-14 05:12:04 | 

        イノチの時計

 

朝毎のように、僕に

キッカケを促すゼンマイがある

その塊の一個分がほぐれる度に

僕の機能の彼方此方から、静かに

鬨の声が挙がるのだ

 

長い長いTOKIを濾過して、僕は

そういう仕組みを手に入れた

 幸いなる杖のように

もしかしたら、僕の錫杖のように

それは

黄昏に一人立つ僕の風景を

空ごと支えてくれるかも知れぬ

 

その音は

僕のイノチと連動し、想いに共鳴し

TOKI の色を変え、深浅や長短を操り

やがて

無の中の有を紡ぎ始める

平凡の中の非凡を

 拾い続けてくれるに違いない

それが

何時しか、僕に寄り添う

発条仕掛けのイノチの時計なのだ

*07/14 05:12:05

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前触れ? | トップ | 膿を »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿