降って来るもの

写真と散文とぽえむ

百の夢など

2017-04-21 06:32:05 | 随想

               百の夢など

 

 健全な精神を宿し続ける為の、ある種必要不可欠な要素になりつつあると思われる”ネット”に覆われつつある現代社会。否応なく参加を強要される部分も少なからず存在しているのも間違いのない所で、戦後直ぐ生まれの、いわゆる団塊の世代の僕にとっては、何とも息苦しくて彼方此方から軋み音が聞えたりもするのだが、それは又、”魔法の道具”であるというのも疑いを差し挟めない事実で、その複雑怪奇の中を泳ぐには感情や感覚を常に磨いておかなければ・・と、改めて思う。

 ネットの便利さや、出合いや、手軽さは確かに人類に福を齎しているのかも知れないが、使い方を誤らなければ、そんな風に福音になる要素は多く含まれていようが、けれどそれは、「何処でもドア」のように必ずしも百%の幸運へと導いてくれる代物ではない。用法や容量を誤れば何時どき不運が降りかかってくるかも知れぬ。

 きっとそれは、運不運、幸不幸の両刃の剣に違いない!と僕にはわかる。一つ一つ事例は挙げないけれど、良し悪しの判断はある程度以上の熟成期間を持たなければ、その正しい使い方など獲得できない種類のものかも知れない。

 期間の長短は、使う人間の質にも意図にも、その意志によっても変容するに違いないのだが、そこに必然的に生じるであろう緩みや侮りや安易さが落とし穴になる。蟻地獄になるかも知れないし、或いは命懸けの事態に遭遇する場合も存在するかもしれぬ。そのことで人生が破損したり狂ったりもきっと無きにしも非ずだろう。

 要するに自分の容量を越えないことだ。操作する手順を決して逸脱しないことだ。能力を過信したりネットが万能の神だなどと勘違いしないことだ。望みが百%の確率で叶えられることなど断じて起こり得ないのだから。もしも不遜にもそういう想いに陥ったときは必ず振り向いて自己の姿を確認する。歪んではいないか?影が薄まっていないか?現実を正しく亘っているか?と。

 百の夢など実現できないものだとの認識に至れば、種々の悪夢は噓の如くに霧散するだろう。

04/21 06:32:06 まんぼ

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二兎を | トップ | 分母に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。