降って来るもの

写真と散文とぽえむ

求想者には

2017-04-18 06:55:07 | 

       求想者には         

 

想いを発信することで

休まずそれを続けることで

僕のウシロに道ができる

何時でも後戻りできる僕の道が

膨大な過去という無の中に続いていて

僕は

振り返る幸せを掌中にしているのだ

 

やっぱり

求めなければならぬ

希求しなければ

未来もただの暗闇でしかない

けれど

難儀なことにそれは

求め続ける者にしか理解できぬ心情なのだ

 

求道者にはなれないけれど

求想者には誰でもなれる

その発想の絡繰りに気付きさえすれば・・

 

求めよ!さらば与えられん。

何処かで誰かが発信したが

それはそれは遠い昔に受信したが

膨大な年月を費やして

今、恐らく初めて

咀嚼できる

        忘れぬ!!

 

一度縁を結んだ人を

僕は決して忘れない

それが濃くても薄くても

深くても浅くても

長くても短くても

刹那的でも継続的でも流動的でも

それが僕の天性のように

 忘れることはないのだ

 

僕が描く僕の曼陀羅に

数奇な結ぼれのどの一本が欠けても

それは未完成になる

故に

僕は天与の性のように

一本の糸の事を

忘れたりはしないのだ

 

胸を揺するドキドキも

彼方からきて脳裏をかすめる切なさも

現在進行形のワクワクも

過去から時折

泡(あぶく)のように浮上してくる哀楽も

全ては情感を育み

僕の心情の音叉に共鳴する

 

想念は一篇の抒情詩を生み

発想は一曲のシンフォニーとなって

僕の舞台を包む

そうして

僕が奏でる種々の発露は

多彩な色相の糸に成って

僕の曼陀羅に収斂するのだ

 

生きて有ること

生きて在ったことの

壮大な物語の後ろ盾の・・

2017 04/17 06:55:06 万甫

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ふるさと行 | トップ | 祈願を »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。