ときど記

感動した出来事やふと感じたこと。
ときどきお伝えしていきたいと思います。

将棋のカンニング疑惑

2016年10月19日 | 日記
将棋棋士の三浦九段が疑われている件…
私は「観る将」で、三浦九段も、連盟の役員さん達(現役棋士)も、
「三浦さんに疑いをかけている複数棋士達」も好きなので、
あ~あ困ったことになっちゃったな…と気をもんでおります。

物証が無さそうなので、裁判になれば三浦九段は「白」でしょうか。
そうすると、将棋連盟の首脳陣の立場が悪くなりますが、
このご時世に今まで「スマホ持ち込み禁止」などの
カンニング防止策を施していなかった…だから、やむを得ないのでしょうか。

「将棋棋士はカンニングなどしないのが当然。
 万が一やった人がいたら、その人は除名」
将棋界関係者やファンたちはそういう認識だったと思います。
でもその認識は正しいのか?
カンニングが容易にできる環境※なのに?
本人たちの自覚や矜持に委ねていた将棋界、
その清廉さが私は好きですが、
もしかしたら時代遅れだったのかも…と思いました。


※12月中旬以降、スマホの持ち込みや対局中の外出が禁止となり、
違反者は重く罰せられる模様。
この規則がもっと前からあれば、今回のような騒動は起きなかったんですよね…。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 続・チケット転売問題 | トップ | 続・将棋のカンニング疑惑 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。