ときど記

感動した出来事やふと感じたこと。
ときどきお伝えしていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

将棋のカンニング疑惑、終局

2016年12月28日 | 日記
第三者委員会の
「三浦九段の不正は無かった」「連盟が行った、三浦九段への処分はやむを得なかった」
という報告を受け、谷川会長が会見
今回のことで「三浦九段順位戦で降格」となったら、
「結局無実だったのに…気の毒すぎる」と思っておりましたが、
谷川さんの発言によれば、それは避けられるとのこと。安心しました。

谷川さん会見文の中の、三浦さんや他の棋士へのことばなどを読んで、
やはり谷川さんは優しい方だし、
棋士仲間を常に信じている方なのだろうと改めて思いました。
ただ、カンニングを容易にできるツールがある今日、
コトが起きるまでスマホ持ち込み禁止などのルールを用いなかった、
谷川さんたちの優しさや善意が裏目に出てしまったのかと感じます。

現在はスマホ持ち込み禁止や外出禁止のルールもできたし、
同じようなことはもう起きないだろう…と思います。
これからも将棋界ウォッチングを楽しめそうだな♪
と年内に思うことができて、よかったです。


「奴は一億%黒」発言で物議をかもした橋本八段。
でも、ハッシーが糾弾したのは「奴」で、
「三浦さん」とは書いてなかった。
なのにそれを読んだ人たちが勝手に?解釈して怒ったりしていた…
三浦さんにヘンなレッテルを貼ってしまったのは、
ハッシーたちではなく、私を含めたファンかもね、と思います。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ひとりカラオケをやってみた | トップ | 将棋のカンニング疑惑、今度... »
最近の画像もっと見る