山のはがき絵「北アルプス・遠見尾根と風切地蔵」


北アルプス・遠見尾根と風切地蔵



五龍岳には遠見尾根から登ります。遠見とはタワミ(タルミ)のこ
とだそうです。


また五竜から八峰にかけての眺めがよいので小展望台の意味の「遠
見」を当てたという。


そして大きいタワミを大遠見、小さいタワミを小遠見にしたのだそ
うです。


小遠見山から地蔵ノ頭に着くと大きなケルンがあり、その中の地蔵
さんは風切地蔵とか風除け地蔵というそうです。


そのほか小遠見山から南東に下る尾根・天狗尾根にも風切地蔵があ
り、これらの地蔵は山麓を風害から守っているという。
・長野県大町市と白馬村との境



▼「イラスト」と説明文をどうぞ↓
http://toki.moo.jp/merumaga/uusangac/uusangac06.html








★おわり
………………………………………………………………………………
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 山の伝承・民... 野の本・山の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。