むら里徘徊 むら里の神「わらにもすがる神頼み・雨乞い」

▼某月某日・山里徘徊「わらにもすがる神頼み・雨乞い」

 


稲作に欠かせないのは何といいっても水です。いざ干ばつにでもな
れば、水争いも起こりかねません。


そこで最後は雨乞いの「神だのみ」となります。この雨乞いにも、
いろいろな方法があるのだそうです。


まず、神社の前にお籠もりし、夜も眠らずに鐘をならしたりして、
立ちっぱなしで祈願する型。


また、池や水源地から水をもらってきて、田畑や村の神社や池にま
く型。


唄や踊りをする型。その他、水神や雷神をわざと怒らせて雨を降ら
せようとする型。山の上でまきやわらを積んで火をたく型などがあ
ります。


神奈川県丹沢の大山は、雨降山ともいい、昔は雨乞いの山。山頂の
阿夫利神社は、大雷神、水を司る高龗(雨冠に口を3つ横に並べそ
の下に龍・たかおかみ)神をまつります。


また、中央アルプス長野県の木曽駒ヶ岳(2956m)の北東の濃ヶ池
も雨乞いの池。


江戸時代、ひでりに苦しんだ伊那市の農民が登山し、雨乞いをした
記録が2回もあります。

 

▼↓【画像】と説明【本文】をどうぞ
http://toki.moo.jp/merumaga/nonokami/nokami01.html

 


…………………………………
▼ヤマケイ新書『日本百霊(れい)山』(山と渓谷社)税込950円
・書店にないときはご注文を。アマゾンなら確実に入手できます。


…………………………………
▼【仕事部屋】へもどうぞ: http://toki.moo.jp/tacoroom/

 


▼終わり
………………………………………………………………………………

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ▼むら里徘徊 ... むら里徘徊 ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。